スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Evernoteプレミアム会員の支払いを月単位(5ドル/月)から年単位(45ドル/年)に変更する方法


05 01, 2010 | Tag,EVERNOTE

Evernoteのプレミアム会員になって約1年ですが、今まで月々5ドルずつ漫然と払い続けていました。

いつ無料会員に戻るか分からないくらいの使用頻度だったらそれでもよかったんですが、この1年を振り返るとどうやらずっとEvernoteを使っていきそうなことに気づきました。

だとしたら月5ドル×12ヶ月で年間60ドル払うよりも、まとめて年間45ドル払った方がお得です。

というわけで、今回Evernoteのプレミアム会員の支払いを月単位から年単位に変更しました。

その手続きが少し分かりづらかったのでまとめておきます。


まずはEvernoteのwebページに行きます。
17573-4126658a970eca86.png



サインインしたら、右上にある設定ボタンをクリックして、設定画面に行きます。
4508-4126658705006117.png



設定画面の中には下のような明細サマリーと書いてあるところがあるので、そこで購読のキャンセルとクリック。
4508-4126658704ae7592.png


この手続はいったんプレミアム会員をやめて無料会員にもどるということです。

アカウントはそのまま残りますし、evernote上の情報もそのまま残りますので心配はいりません。

今まで月単位で支払っていた場合、解約時点でまだその月のうち、プレミアム会員として使用できる日数が残っている可能性があります。その場合もご心配なく。残りの日数もまだプレミアム会員としてEvernoteを使えます。

残日数を消化しきるまで気長に待ちましょう。




いよいよ残日数も使い切ったら、またEvernoteのwebページに行き、今度はアップグレードボタンをクリックします。
4c19807fc022cab0e263411614976b90.png


すると、プレミアムプランのどちらか好きな方を選べるようになっているので、年45ドルの方にチェックします。
c5699db5cc29a7681d18c325d36f6473.png


入力し終わったらまたプレミアム会員に戻れます。今度は年間45ドルの年間契約です。
4508-41266587038cb487.png



ずっとEvernoteを使い続けるだろうな、という人はお得なので年契約に変更してみてはいかがでしょうか。

まだ使い続けるか分からない人はまずは無料で使ってみるといいと思います。たまに使う程度で、写真をじゃんじゃん取り込んだりしなければ無料の範囲でも十分利用できると思いますよ。

スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 日記

Evernoteは試験対策に微力!? 


02 22, 2010 | Tag,記憶,勉強法,EVERNOTE

徹底的に暗記したいならキーボードから離れた方がいいですよ。

私はEvernoteユーザーです。愛用してます。Evernoteは外部脳として働いてくれる優秀なやつです。このエントリーはEvernoteを否定するものではありません。

タイトルに書いた試験対策というのは主に直前の勉強を指しています。試験中は何も参照することができませんので、ひたすら自分の脳内に記憶を蓄積させておく必要があります。年をとってくるとだんだん記憶力は衰えてくるもの。私もその例外でなく、記憶力減退を実感するときがあります。昔は試験勉強する時、パソコンなんか使うことありませんでしたから、覚えたいものは手でひたすら書きながら暗記していました。


普段私はEvernoteというソフトを使って、メモも含めてなんでもそれに記憶させるようにしてます。自分の頭の中以外にもうひとつ脳を持つ感じです。目にしたものすべてを覚えることは困難ですし、そもそもその必要はありません。大事なことは知りたい情報に素早くアクセス出来ることだと思います。その点Evernoteは優秀なのです。文字入力はもちろん、ネット上で気になった記事や画像を簡単にクリップできます。iphoneとの互換性がいいのも重宝している理由です。


しかし、ここで気を付けておきたいのは外部脳はあくまで外部脳であるということです。状況によっては外部脳にアクセス出来ない場合があるため、自分の脳の中に記憶させておかないといけないのです。例えば資格試験のとき。勉強したことをまとめてEvernote上に記録しておいたとしても、それは自分の記憶になっているとは限りません。キーボードに入力する作業と自分の手を動かして紙に各作業は根本的に違うと思います。試験で好成績を残すためには、Evernote上の記録を自分の脳に移し替える作業が必要になるということです。使い方の問題です。普段勉強したことをEvernoteにまとめて、それをプリントアウトして直前の勉強に使う、こういう使い方ならいいんだと思います。


記憶を強化するためには、「繰り返す」ことです。教科書などに何度も目を通せば記憶は強化されます。紙に書いて覚える作業もあなどれません。記憶は五感をフルに使った方が強化されるのです。特に自分の手を動かして何度も紙に書きなぐったり、声に出して読んでみたりなどの作業はデジタル時代においても強力な学習効果アップをもたらすと思います。

「紙に書くなんてしなくても簡単に覚えられます」という人もいるでしょう。そういう人は置いといて、暗記したいことがあったらキーボードを離れて紙に書く、という作業を私はおすすめします。




0 CommentsPosted in

Google日本語入力に救われた件


01 03, 2010 | Tag,Google,日本語入力,医学用語,EVERNOTE,オンラインストレージ

去年は自宅用のパソコンを新調しました。
Dellのノートパソコン studio XPS で、OSは windows7 64bit です。

パソコンの立ち上がりもVistaに比べてはやくなったし、
操作性も文句なかったのですが、ひとつだけ問題が。

日本語入力です。特に医学用語の入力です。
デフォルトで設定されているMS-IMEでは医学用語がうまく変換されません。
そんな専門用語を使う人は少ないからでしょうが。
とても使えたもんじゃありません。

僕は病院のパソコンと自宅のパソコンはオンラインストレージを介してデータを共有させています。家で仕事をする時もあるので、自宅のパソコンで文字がうまく変換されないと困るな頭を抱えていました。

そこで仕事用の windows Vista の時にそうしたように、
インターネットにフリーの医学辞書ソフトを探しにいきました。

はじめにヒットしたのが一万語医学辞書 MS-IME用です。これは医学用語をきちんと変換してくれるので、Vistaのパソコンではずいぶんお世話になりました。

このフリーソフト、windows7 にも対応と書いてあるのですが、どうしても僕のパソコンではうまくインストールされませんでした。


そこで見つけたのが、Google日本語入力

3140-4126649b6615ff3e.png


この日本語入力はすごいです。

例えば、整形外科では表皮をホッチキスみたいな器械で縫うことがあります。これを抜糸することを抜鈎(ばっこう)と言うんですけど、MS-IMEの変換では到底でてこない単語です。

複雑な医学用語も意図どおりに変換してくれるのでとても助かります。

Googleが提供するサービスは本当に便利なものが多いと実感しました。

オンラインストレージはEVERNOTEがおすすめです。

 >>EVERNOTE関連の記事




0 CommentsPosted in 日記

EVERNOTEならブログ記事もスマートに管理できる


11 28, 2009 | Tag,EVERNOTE,FC2,,ブログ,ツール,lifehacks

6690e9881e8ba58dd83f8b731a43b569.png


このブログはFC2ブログを利用させてもらっています。

記事を書くだけならFC2のページ(私の場合)でつらつら記事を書いていけば、自動バックアップしてくれるし、下書もしてくれるので便利といえば便利です。

ところが、オフラインで記事を書きたいとき、こういうウェブベースのサービスでは対応できない時があります。そんな時にオフラインでも使えるEVERNOTEが役立ちます。

EVERNOTEではオフラインで記事を書いておいて、オンラインになった時にウェブと同期させることが可能です。

難点は文字入力がMicrosoft Wordほど快適ではないことでしょうか。変換がいまいちだったり、時々エンターを押さないと入力が止まってしまう時があります。まあ、大きな問題ではないですが。


管理のポイントはNotebooksとTagsの使い分けでしょうかね。

10659-41266442cb425ed1.png10659-41266442d60857fd.png
   
私の場合、Notebooksの「later」にブログの原稿を書きためます。そして、記事の内容によってTagsをつけていきます。

10659-41266442d88e99fb.png

Evenoteのタグが優れている点は、階層分けができることですね。上の写真では「2blogブログ」タグの中に「book本」や「columnコラム」などのタグを作れます。これがなかなか検索する時に便利です。ここではあえて公開しませんが、1Orthopaedicsにもたくさん階層分けされたタグが入っています。

検索といえば、探したい文書のキーワードが分かれば、EVERNOTEの検索窓を使ってもすぐにほしいノートに行きつくことができますよ。これはパワフルです。

10659-41266456bdeb851f.png

しかし、まだ検索機能が日本語に十分対応しきれていないのが残念なところではあります。

NotebooksやTagsのリストもアルファベット、数字で順番づけされています。だから私のリストも英語交じりの上の写真みたいにしてあるんです。今後、EVERNOTEが完全に日本語対応になれば、もっと検索やリストの作りが簡単便利になるかもしれません。


で、文章を書き終わってブログに投稿がすんだ記事は投稿した時点でNotebooksの「later」から「Main」に移しかえます。そうすることで、Notebooks「later」の中には常に未投稿、下書き状態のブログ記事がストックされた状態になっています。そしてこれが記事のバックアップになります。


他、ブログを書くときにEVERNOTEが便利な点にスクリーンショットをそのままEVERNOTE上に簡単に保存できることがあります。FireFoxに専用のアドオンがあるので、ウェブ上のページなんかも一発クリックでキャプチャできてしまいます。

10659-41266456bea00c23.png


最終的にブログに投稿する時はその画像を使っているコンピュータに保存して、FC2にアップロードしなければいけませんが、そう手間でもありません。

今では仕事のノートもすっかりEVERNOTEのお世話になっています。

EVERNOTE、もはや手放せません。

 >>EVERNOTE



2 CommentsPosted in 日記

EVERNOTE × ScanSnap はかなりおすすめ


11 15, 2009 | Tag,EVERNOTE,ScanSnap,iphone,情報整理術

6690e9881e8ba58dd83f8b731a43b569.png

scansnap.png

最近アマゾンでScanSnap S1500を購入して、この使用感が思いのほかよかったのでご紹介。

ScanSnapというのはスキャナーです。

仕事柄、いろいろな文献を読んだりすることが多いのですが、これを紙媒体で保存しておくのは結構大変だと感じていました。

どんどんファイルの量は増えていって場所をとるし、どこに保管していたかわからなくなってきて必要な時に必要な資料を探すのに苦労していました。

このブログはEVERNOTEで原稿を書くのですが、最近は他にも日常の気づきや勉強したこと、それに付随した写真なんかもなんでもEVERNOTEに取り込んでいます。ブログの原稿以外は仕事関係の資料を取り込むことが多いですね。

使いこんでくると、無料で利用できる容量はあっという間に超えてしまうので、有料サービスを利用しています。無料で利用できる容量は40MB/月で、有料だと500MB/月です。有料でも月に5ドルですからコストに見合ったサービスだと思って利用しています。

そのEVERNOTEですが、ScanSnapとの組み合わせがすごくいいです。

参考にしたのはこの記事です。


ScanSnapはもともとスキャンしたデータをPDFデータとして付属のクライアントを利用して保存しておく仕組みになっています。自分のパソコンにフォルダを作って、保存できます。これだけでも便利なのですが、取り込んだデータをEVERNOTEに直接取り込めたらもっと便利です。

今回、ScanSnapを購入し、上の記事を参考にスキャンした内容をEVERNOTEに直接取り込めるようにしました。記事に書いてある通り本当に簡単に設定できましたよ。

今回買ったScanSnap S1500はこんな感じです。

思ったよりも小さかった↓
snapshot1258017582950755.jpg


パカッと開いたらこんな感じ↓
105254126643cdfd70a3d.png

反射していて見にくいですが、スキャンする時は本体右側にある青いボタンを一発ぽちっと押すだけ。すると、セットしておいたプリントが高速でスキャンされていきます。スキャンされるのを待つ時間というちょっとしたストレスがほとんどありません。

難点は教科書などの本形式になっているものをスキャンできないことくらいでしょうか。

EVERNOTEはiphoneに無料のアプリがあって、これも相性が非常にいいです。EVERNOTE × ScanSnap × iphone、この組み合わせをおすすめします。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(2009/02/07)
富士通

商品詳細を見る


他、ScanSnapの取り込み先をEVERNOTEに設定するための分かりやすい解説はコチラ



2 CommentsPosted in 日記

EVERNOTEとPrimoPDFを使って自分のノートをPDF化する(完全無料)


08 17, 2009 | Tag,ライフハック,EVERNOTE,PrimoPDF,PDF

EVERNOTEは自作のノートをweb上に保管してくれるオンラインストレージですが、このノートをPDFとして保存しておく方法がうまくいったのでエントリしておきます。

EVERNOTEではexport機能がついているので、いくつかのファイル形式でエクスポート可能です。

4952-4126636ac3a06d3a.png


しかし、これらのファイル形式をそのまま使うのはちょっと難しい。なので、もっと汎用化されたファイル形式でエクスポートできないか調べてみました。

ここで紹介する方法はPrimoPDFというフリーソフトを使ってエクスポートする方法です。

まずはPrimoPDFをダウンロードします。無料です。

4952-4126636ac4d8efb1.png


その後EVERNOTE上のPDF化したいノートを選択して、Printボタンをクリックします。

4952-4126636ac1cba987.png


次に、PrimoPDFをクリックします。

4952-4126636ac2f37c05.png


これだけです。

自分で作った資料を他者にPDFとして配布したい場合に便利ですよ。




0 CommentsPosted in 日記

EVERNOTEのシンクロ機能に不具合が生じたけど解決した件


08 02, 2009 | Tag,EVERNOTE

6e41543014d8f7d49b72cdaa962ab44d.png


EVERNOTEの有料ユーザーになってからしばらく経ちますが、事件は突然起こりました。


EVERNOTEは自分のパソコン上で様々なノートを作り、出来上がったら同期(シ
ンクロナイゼーション)を行ってオンラインストレージにアップロードするものです。

画像やPDF、WordファイルからPowerpointファイルまで何でもオンライン上に保存できてしまうので重宝しています。

以前に

LiveDriveとDropboxとEVERNOTEの使い分けについて



あれだけ熱を入れて紹介したのに結局使っているフリーソフトはEVERNOTEな件


でもEVERNOTEについては紹介しました。


今回起きた事件は「EVERNOTEのシンクロがうまくいかなくなった」というものです。ある時からローカルで作ったノートがwebに同期されなくなりました。

パソコン上で作ったノートをちょくちょくweb上でも利用していたので、とても困りました。

ネットでいろいろ調べても有効な解決策は探せなかったので、思い切ってEVERNOTEのテクニカルサポートにメールをすることにしました。EVERNOTEはまだ日本語に対応していませんので、質問は英語でするしかありません。

なんとか英語で文章を作り、メールで送信。
すると、程なくして返信が返ってきました。すると、
Could you please hit the Synchronize button one more time, and then:
Go to Tools > Options
Click the button labeled "Open Log files folder"
Please reply to this email and attach the recent SyncLog files from this directory to your reply.
These files will give us detailed information about the synchronization errors.


とのこと。もう一回シンクロボタンを押しても状況は変わらないので、Toolボタンを押して、ログファイルホルダーを探してログファイルをメールに添付して返信しました。そしたら、
The log indicates that there is a problem with the note named:

「○○○○○(ログ名)」

We recommend that you copy the information out of the note, delete the note and empty the trash folder. Attempt to resync. If you have further problems please provide us another log for evaluation.


と一日後にまたメールが届きました。

ゴミ箱を空にし、そのファイルをいったん削除して同期してみると、なんとシンクロがうまくいってるじゃないですか。

どうしたものか途方に暮れていましたが、EVERNOTEのテクニカルサポートは迅速に適切な解決法を呈示してくれましたよ。よかった。




2 CommentsPosted in 日記

あれだけ熱を入れて紹介したのに結局使っているフリーソフトはEVERNOTEな件


05 30, 2009 | Tag,EVERNOTE,Dropbox,LiveDrive,LiveWriter,オンラインストレージ,フリーソフト,コンピュータ,IT

evernote3

以前の書評では大前研一さんの著書を紹介し、現代社会を生き抜くために必要な三種の神器ははIT、ファイナンス、英語だということを書きました。

この中で最もてっとりばやく向上させることができるのが「ITの力」でしょうか。「ITの力」って一体なんなのか?プログラムを書くこと?難しいコンピュータの知識を身につけること?

いや、そういうのはプロの人に任せておいて、個人でも身につけられるような、上手なパソコンの使い方を身につけることだと思います。

例えば、Microsoft Officeなんかを使いこなすこともそうでしょうし、Googleの検索を使いこなして知りたい情報に短時間でアクセスできるようになることもそうでしょう。


また、フリーソフトを使いこなすことも「ITの力」を向上させるポイントだと思います。

人間の記憶力には限りがあります。いつでもどこでも瞬時に蓄積した頭の中の情報にアクセスできればいいのですが、そうはいかないのが人間です。忘れることも人間の特技なのだから仕方ありません。

忘れることを前提で考えると、どこかに蓄積しておきたい知識は保存しておくことが大切でしょう。その点、パソコンはとても優秀です。パソコンの中にはたくさんの知識や情報を残しておくことができます。また、最近時々取り上げれるフリーソフトはウェブ上にどんどん情報を記憶させておくことができます。ほとんど無制限にそれが可能になっているのが最近のウェブの世界です。いわば外部脳をウェブ上に持つことができるのです。これは心強い。

ただ、問題が一つあります。パソコン上にしろ、ウェブ上にしろ、無秩序に情報を蓄積していくとせっかくの情報が無駄になってしまうからです。貯めた情報にすぐにアクセスできなければ、その情報は持ってなかったのと変わりがありません。

その点、優秀なフリーソフトがあります。「Evernote」です。

以前に紹介したこの手のツールでは他にもLiveDriveやDropbox、Windows Liveがあります。

LiveDriveはほとんど無限にファイルを保存できるオンラインストレージでした。少し使ってみましたが、無料お試し期間が終わるのと同時に使用しなくなりました。特に困っていません。

Dropbox はパソコン間でファイルを同期できるフリーソフトです。これがあると複数のパソコン間でファイルを共有できるので、ウェブ上のUSBメモリとも言える便利なソフトです。オンライン上に公開されることもありませんので、その点も安心です。複数台のパソコンを使っている人にとっては重宝するソフトでしょう。私もいまだに無料の範囲内で使っています。

Windows Liveのwriterというソフトにはローカルで書いたブログ記事を直接自分のブログにアップ出来てしまうという機能が魅力で使ってみました。ところがこのソフト、使用できるブログが限られているのです。Movable typeやWordpressなど海外のブログがほとんどで、日本のブログには対応していません。設定をいじれば使えるようになるみたい(Windows Live Writerをインストールしてみた)ですが、あまり便利ではありません。なので、今このソフトは使っていません。


結局いろいろ試して一番便利だと感じたのはEvernoteです。これは毎日のように使っています。ブログ記事を書くときにも使いますし、ちょっとしたメモを書くのにも使います。携帯メールを自分のEvernoteに飛ばすこともできます。Twitterからも飛ばせます。そして、すごく便利だと思うのが、タグによる整理ができることです。タグを使ってツリー形式にも分類できるのでタグが増えすぎてわけがわからない、という不便さも解消されています。この辺の整理術についてはこちら佐々木正吾のライフハック心理学:EVERNOTEの「NOTEBOOK」と「TAGに詳しく書いてあります。

難点は日本語のエディタとしては多少貧弱なところでしょうか。漢字に変換するとき、どこの分節で区切るかうまく表示されません。また、Evernoteには検索機能もついているのですが、せっかくの検索機能が英語にしか対応していないという残念な面もあります。

しかし、それを差し置いても便利なソフトだと思います。今はまだ無料の範囲内で使っていますが、いずれ画像をどんどん取り込むようになってきたら有料版にしてもいいかなと思っています。

みなさんもよろしければ是非。


関連書籍:
「知の衰退」からいかに脱出するか?「知の衰退」からいかに脱出するか?
(2009/01/23)
大前研一

商品詳細を見る


関連記事:
必要とされる人材になろう 【書評】「知の衰退」からいかに脱出するか?
LiveDriveとDropboxとEVERNOTEの使い分けについて




2 CommentsPosted in 日記

【お知らせ】Livedriveの無料試用が終了になります


02 21, 2009 | Tag,Livedrive,オンラインストレージ,Dropbox,EVERNOTE

話題のオンラインストレージ

21_logo.gif

はこれまで無料のβ版として運用されてきましたが、3月18日から有料版になるようです。

正規版にはStandardプランとProプランがあります。

2つのプランの違いですが、


・Standardプランは容量100GB、インストールはPC1台までで55.95$
・Proプランは容量無制限、インストールはPC10台まで可能で129.95$


私はここ2ヶ月Dropbox、EVERNOTEとLivedrive、3つのオンラインストレージを使ってみました。実際に使ってみると、ウェブ上のUSBメモリとしてDropboxがめちゃくちゃ便利ですし、EVERNOTEもウェブ上のメモやエディタとしてめちゃくちゃ便利です。実のところこの2つに比べるとLivedriveはあまり使っていませんでした。オンラインストレージに全ての個人データを保管しておくというのはまだ個人的には抵抗があるんですよね。

Proプランは容量無制限で複数台のパソコンとデータを共有できるようなので、これがあればDropboxは不要になるかもしれません。でも値段が高いし、個人の使用としてはDropboxとEVERNOTEで十分なんじゃないかというのが感想です。無料ですし。

企業で購入するのだったらいいかもしれませんね。

というわけで私はLivedrive正規版の導入は今回は見送ります。
β版を気に入って利用していた人は20%ディスカウントということなので、この機会にどうぞ。
使用中止にする方はデータの移行をお忘れなく。

参考記事:
LiveDriveとDropboxとEVERNOTEの使い分けについて




0 CommentsPosted in 日記

LiveDriveとDropboxとEVERNOTEの使い分けについて


01 21, 2009 | Tag,ライフハック,オンラインストレージ,LiveDrive,Dropbox,EVERNOTE

話題のオンラインストレージ3種の使い分けについて考えてみました。
パソコンにそれほど詳しくない、素人向けなのでその点はご了承ください。

まずは、LiveDrive

21_logo.gif

今のところベータ版ということで無料公開されています。
容量無制限なので、外付けハードディスクをウェブ上にも持つという感じでしょうか。


次にDropbox

36t_bor.jpg

今実際に使っていますが、これはとても便利です。
My Dropboxというフォルダにデータを入れておけば、別々のパソコンから同じデータを共有できます。最初の設定も簡単で、操作性も申し分ないと思います。

無料で利用できるのは2GBまでですが、有料版は50GBです。料金は月9.99ドル、年契約なら99ドルです。


そして、最近色々な場所で目にするEVERNOTEです。
読んだ本の中では、情報力情報ダイエット仕事術でも取り上げられていました。

evernote3

EVERNOTEもDropboxと同様パソコン間でのデータの共有ができるのですが、こちらはメモや画像の保存に適したソフトです。メモに関してはGoogleノートブックをさらに使いやすくしたような感じで、タグや検索が充実しているので、これならメモに埋もれてどこに何があるかわからなくなるというようなことはなさそうです。ただ、今の時点では検索は英語でしか出来ないみたいなので、ご注意を。メモの作成には日本語が使えますよ。

しかもこのソフトのすごいところは、インターネットをしていて保存しておきたいなと思ったページを丸ごとEVERNOTEに保存しておけるのです。画像を認識してくれるので、ウェブ上の画像保存にも使えます。

そして、Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロードとの相性がよく、


evernote2.png
アドオンを導入すれば、ボタン一つで気になったインターネットのページを簡単便利にEVERNOTE上に保存できます。

さらにさらに、EVERNOTEにアカウントを作ると、メールアドレスがもらえるので、外出先で気になることがあれば、携帯メールから自分のEVERNOTEあてにメールを送っておけば、せっかく思いついたアイディアを忘れてしまう心配もなくなります。

ちなみに、EVERNOTEは無料版では毎月40MBまでアップロードできますが、有料版にすると毎月500MBまでアップロードできるようになります。料金は月5ドル、年契約なら45ドルです。

とにかく便利に作られているソフトだと感じました。



まとめると、
LiveDriveは容量無制限なので、パソコンの中全てのデータのバックアップ用
Dropboxはパソコン間のデータ共有(ウェブ上のUSBメモリ)
EVERNOTEはメモやウェブクリップ用
という感じでしょうか。


今のところ、今日ご紹介した3つのソフトは全て英語なのですが、そのうち日本語版も出るのかもしれませんね。

どのソフトも無料でダウンロードできます。もし、使ってみて気に入れば、有料版にアップグレードすればいいと思います。



4 CommentsPosted in 日記
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。