スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マネジメントの欠陥がもたらす時間の浪費 (病院の場合)


05 08, 2010 | Tag,医療,電子化,電子カルテ,マネジメント

ドラッカーのマネジメントを読んでいると、これって病院の中でも言えることだよな、と思う部分がある。

時間の浪費を抑えることは医師不足対策にも有効なのではないだろうか。


以下はドラッカーの言葉
マネジメントの欠陥がもたらす時間の浪費

1. システムの欠陥や先見性の欠如からくる時間の浪費
2. 人員過剰からくる時間の浪費
3. 組織構造の欠陥からくる時間の浪費
4. 情報に関わる機能障害からくる時間の浪費

特に病院にもあてはまると感じたのは1番目と4番目。


まずは1番目のシステムの欠陥。

外来診療は町の開業医にまかせればいいのに、すべてを大病院が抱え込んでいることがその一つ。

病診連携とかいって、紹介状をのやりとりで開業医と大きな病院が連携することが推奨されているんだけど、実際にはそれほど効果が出てるとは思えない。

外科系の話だけど、基本的に大きな病院でしか手術はできない。だからこそ、近隣の開業医に任せられる外来診療はそちらにまわし、大きな病院は手術に専念した方がいい。その方が医師という医療資源を有効に使えるし、それぞれの病院で働く医師の、時間の浪費を減らせる。

さらに、ずさんな夜間勤務体制と主治医制度もシステムの欠陥だろう。

夜中寝られない当直をやって、次の日に外来診療や手術をするのは生産性の低下以外の何ものでもない。この生産性の低下は時間の浪費を生んでいるのではないだろうか。

主治医制度をやめて、看護師のように2交代とか3交代でまわせるようになれば、当直の次の日は休み、とかそういった勤務体制が作りやすい。

実際にはシフトを組むにあたって医師の数が足りないという厳しい現実もあると思うが。



そして、4番目の情報に関わる機能障害は医療情報の電子化につながる問題。

今でこそ電子カルテが普及してきているが、いまだ電子カルテが導入されていない病院も存在する。

紙カルテはよくない。

 ・読めないカルテを解読する。
 ・見つからないカルテを探す。
 ・テンプレートを使えば一瞬で仕上がるはずの書類(診断書とか)を何度も同じように手書きする。(診断書のことでいえば、保険会社それぞれで書式が違うのも時間の浪費を助長している。書式は統一すればいい。

などなどよくないことが盛りだくさん。

電子化されれば、カルテが読めないこともなくなるし、見つからないこともなくなる。自分のIDでログインすれば、どこの端末からもカルテ記載ができるため、時間の節約になる。

また、書類とかカルテの内容でも、決まりきったことを書く場合など、テンプレートがあれば一瞬で仕上がったりする。

僕は将来的には病院内だけでなく、病院間でも患者情報が共有されるようになるんじゃないか、というかそうすべきだ、と思っている。

同じ患者に対して別の病院が同じ検査をすることは無駄以外のなにものでもないからだ。病歴の聴取もそうだ。病院間で情報が共有されていれば同じことを聞く手間が省ける。手間が省けるということは、それに関わる医療従事者の人的コストが減るということ。

公的な医療保険が使われていて、そこには多額の税金が使われているわけだから、無駄は極力省く必要がある。それには医療情報の電子化が必須だ。この流れは変えられないと思う。

レセプトのオンライン化もそう。電子化の流れに迎合するのではなく、導入コストが、とか言わず、電子化の流れに対応していくことを考えた方が賢明ではないだろうか。

病院間での医療情報が共有されるためにはどの病院でも共通の電子カルテを持っているといいのだろうが、なぜだかこれが各病院ごとに様々である。そのうち淘汰されて一つの電子カルテだけ生き残ることになるといいと思う。



ドラッカーのマネジメントはいろいろな気づきをもたらしてくれます。

医療をとりまくシステムは、まだまだ改善の余地がある未熟な分野です。マネジメントが必要だと思います。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
(2000/07)
P・F. ドラッカーPeter F. Drucker

商品詳細を見る



【関連記事】

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。