スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【書評】理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性


04 01, 2009 | Tag,選択,科学,知識

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)
(2008/06/17)
高橋 昌一郎

商品詳細を見る


知らない世界がココにありました。

本書は選択、科学、知識の限界について過去の偉人の言葉を引用してなるべく簡単に説明しようとする本です。内容自体は正直難しいのですが、数理経済学者や哲学史家、生理学者、論理実証主義者、実験物理学者などの専門家と運動選手や会社員、大学生などの素人が議論や雑談を交わすように進行することで、論じているテーマが分かりやすく説明できるように工夫されています。


選択の限界、科学の限界、知識の限界がテーマです。

続きを読む »

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。