スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


考える読書のススメ【書評】読書について


01 28, 2009 | Tag,読書術,読書論

読書について 他二篇 (岩波文庫)読書について 他二篇 (岩波文庫)
(1983/01)
ショウペンハウエル

商品詳細を見る


とても逆説的な名著です。

まずはコチラをどうぞ。

「もともとただ自分のいだく基本的思想にのみ心理と生命が宿る。我々が真の意味で十分に理解するのも自分の思想だけだからである。書物から読みとった他人の思想は、他人の食べ残し、他人の脱ぎ捨てた古着にすぎない。」

「読書は言ってみれば自分の頭ではなく、他人の頭で考えることである。」

「ほとんどまる一日を多読に費やす勤勉な人間は、しだいに自分でものを考える力を失っていく。」

「多読すればするほど、読まれたものは精神の中に、真の跡をとどめないのである。」



「自ら思索するものは自説をまず立て、後に初めてそれを保証する他人の権威ある説を学び、自説の強化に役立てるに過ぎない。」

「熟慮を重ねることによって、読まれたものは真に読者のものとなる。」



なかなか痛烈に多読を批判しているので、冷汗をかいてしまいますが、この主張はなるほど一理あるな、というものです。

ショウペンハウエルが多読をやめておいて方がいいと主張するのは、「自分の頭で考えなくなるから」です。たしかに、読んだ本を自分の頭で考えもせずただ鵜呑みにするようでは、それこそ他人の脱ぎ捨てた古着を着ているようなものでしょう。教科書のような知識収集型の読書ならこれでもいいかもしれません。

最近私も思うのですが、読書のおもしろいところは書物と自分の頭が反応し、自分の頭の中が少しずつ違う考え方に変わっていく、そして違う自分に変化していくという点だと思います。

もちろん、そんなにすぐには変われないですし、実感もないと思いますが、確実に変化は訪れていると思います。


しかし、変化するためには本を読みながら、もしくは読み終えた後に自分の頭で考えていなければなりません。そうしないと知識収集型の読書になり、そうやって得た知識はやがては忘れ、忘れた後に呆然とすることになります。

実は「考える読書」の方が結果的には記憶に残りますし、後になってからでも幅広く応用可能な読書法だと思います。自分の頭の中で加工しなかった知識はすぐに忘れていきます。自分の中で十分に消化しきれた知識は、異なった場面に出くわしても自然と体が反応して適切に対応できたりします。


「考える読書」実践していきたいと思います。


参考記事:
読まずに語る!?【本】「読んでいない本について堂々と語る方法」

スポンサーサイト


読まずに語る!?【本】「読んでいない本について堂々と語る方法」


01 01, 2009 | Tag,読書論,読書術,良書

年始にふさわしい一冊を紹介します。
かなり衝撃的なタイトルだと感じた本書ですが、読んで納得の一冊です。

読んでいない本について堂々と語る方法読んでいない本について堂々と語る方法
(2008/11/27)
ピエール・バイヤール

商品詳細を見る


本書は「本を読む」ことの意味そのものに対して、私たちの常識を覆すような気付きを与えてくれます。本書の著者ピエール・バイヤールさんは、フランスの大学で文学の教鞭をとっている教授です。
その著者が自分は本をちゃんと読んでいないことを告白し、その上で「本を読む」ことに関する新しいパラダイムを提供してくれます。


目次が内容を想像するのに役立つと思いますので、掲載しておきます。
I.未読の諸段階(「読んでいない」にも色々あって……)
1.ぜんぜん読んだことのない本
2.ざっと読んだ(流し読みをした)ことがある本
3.人から聞いたことがある本
4.読んだことはあるが忘れてしまった本

II.どんな状況でコメントするのか
1.大勢の人の前で
2.教師の面前で
3.作家を前にして
4.愛する人の前で

III.心がまえ
1.気後れしない
2.自分の考えを押しつける
3.本をでっち上げる
4.自分自身について語る


私たちは読書をする時には、
  1. 一字一句文字を追うようにして、意味をつかんでいかなければいけない
  2. 本は最初から最後まで全部読まなければいけない
  3. 全部読まなかった本についてはコメントしてはいけない

というような誰が決めたわけでもないのですが、暗黙のルールのようなものに縛られてきたと思います。

本書を読むことでこういった呪縛から解放されるので、自分の読書法について悩んでいる人や、仕事が忙しすぎて本をあまり読めない人などは一度読んでみると良いと思います。


そもそも、「本を読んだ」というのはどういうレベルのことでしょうか?本を完全に読んで完全に理解することなど可能なのでしょうか?


私たちは読書をするとき、たいてい「読んでいる」と「読んでいない」の中間領域にいます。これがどちら側に偏っても良い読書はできません。あまりに本に埋没すると、細部のみに目がいき、他の本や自分とのかかわりの中で、その本がどういう位置づけになるか、どのような意味を持つかが分からなくなってしまいます。森の中で迷子になるようなものです。また、ショウペンハウエルが言うように、本を読みすぎて、自分で考えることをやめてしまうのも危険です。

大切なことはその本の中に書いてあったことがどのような内容であったか詳細な要約ができることではないのです。その本と他の本のつながりや、その本の内容を自分なりに消化したあとの、自分と同化した部分を考え、知ることなのです。


読んでいない本と言っても、色々なレベルがありますが、ちょっと見かけた本やぱらぱらめくっただけの本、流し読みした本、どのレベルの本でも「読んだ」と言うことは可能です。内容を知るのに、細部まで読む必要はないのです。全体としてどういうことが言いたいのか分かれば十分です。目次だけで十分な時もあります。

しかし、より実践的に考えるなら、本によってその読み方は変える必要はあるでしょう。

世の中にある本はとても一生のうちに読みきれるような量ではありません。一字一句読むような読書法ではきっと情報過多の海で溺れてしまいます。



本書を読んで、私が今年1年実践していきたいと思った
読書に関する5つの注意点です。

 1.本の全てを読もうとしない
 2.一歩引いた視点から本を読んでみる
 3.本を読んだ後は、自分を読む
 4.とにかくコメントしてみる
 5.忘れることを前提にしてメモは残しておく


今年はもっと気軽に読書をし、本を読んだら読んだことに満足せず、自分なりの考えを作っていきたいと思います。

参考記事:404 Blog Not Found:読書論の極北 - 書評 - 読んでいない本について堂々と語る方法



読書進化論


10 01, 2008 | Tag,読書論

読書進化論を早速読んでみました。

内容は本を”読む”、”書く”、”売る”と大きく分けて3つの構成から成っています。

本を売る、という視点は今まで読んだ本の中にはなかったので新鮮でした。

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書 1)
(2008/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


インターネットと本の関係

インターネットと比較した読書の有利な点は、読書の場合、内容が多くの人の目に触れ、読者の元に届く頃にはかなり磨かれていることです。それに対してインターネットの世界では情報量は圧倒的ですが、その情報が本当なのか嘘なのか、ある程度自分で判断しなくてはいけないということがあります。用途によって使い分かられると思うので、まだまだ本というメディアが淘汰されることはないでしょう。




”読む”



読書の最大の効能

本を読むことで著者の体験を読書が疑似体験できるということ。
実際には体験したことがないことで、イメージトレーニングができるのです。
もちろん、読んだからといって成功できるわけではありません。
本を読むことでゴールの設定がしやすくなったり、そこまでたどり着くヒントが得やすくなるのです。
だから、多くの成功者は本をたくさん読んでいるのです。


本を読むときのコツ

テーマを持って読む。目的を持って読むということ。
そして、読書で得た経験はなるべく自分の体験と照らし合わせ、自分の頭で組み立てる。
そうしないと、身につきにくいのです。
組み立てた内容は”フレームワーク”として再現性のあるものにしておく。
フレームワークというのは思考の枠組みのことです。

例えば「ブルー・オーシャン戦略」という本では「戦略キャンパス」というフレームワークが成り立ちます。さらにそれに、「新製品や既存サービスのポジションを見直す」というラベルを貼り付けておくのです。

そうすると、本で得た知識が再現性高く呼び出せるようになります。
とにかく、読んだ本は読んで終わりにするのではなく、何か一つでもキー・アイディアを身につけるようにします。


テクニックの部分ですが、勝間さんも勧める”フォトリーディング”というものがあります。
フォトリーディングは素晴らしい技術です。
私もこの講座を受講しました。
しかし、残念ながらこれは魔法の杖では在りません。
フォトリーディングの効果が最大限発揮できるのは、小さいときからとにかく本は読んできた、読書に慣れ親しんできた人たちです。
下地みたいなものができている人と、そうでない人では効果がまるで違うと思います。
ただ、そういう読書に親しんでこなかった人も、悲観する必要はありません。これから読書の経験を積めばいいのです。



”書く”

本は読んだ後に”書く”ことで知識が整理されます。
”書く”ことはブログで行うのがいい。(というわけで、私もこのブログを作っています)

文章を書く上でのコツ
①自分の事例をを利用して親しみを持たせる
②読み手にとって心に響くフレーズを最低1つでも書く
③読者に分かりやすいように比喩を使う。
つまり、著者の体験を読者に再体験させるために、共通体験として感じさせるようにする。
④コンテンツ力
内容が伴っていないと、いくら美文でもダメ。
このコンテンツ力は書けば書くほど鍛えられる。

この力は一朝一夕に身につくものでは在りません。それこそ読書の積み重ねが必要です。



”売る”

まだまだ出版業は売る仕組みを進化させる余地がある。
フレームワーク4Pで言うところのPlaceとPromotionが弱いのでここを強化すればもっと売れるだろう。
そのために、著者ブランド、メディアの積極的な利用、ウェブでのブログや書評の利用などを考慮すると良い。



思えば、読書を始めたのもブログを始めたのも勝間さんの本を読み始めてからです。
読書の技術、ブログの文章力、少しは上達したかな(!?)


ところで、この本も新書ですが、新書っていいですね。
最近立て続けに親書の本を読みました。
安価で質の高い文章が読めます。






本調子


07 09, 2008 | Tag,読書論

今日はショックなことがありました。

最近、本をまとめ買いすることが多いので、先日もアマゾンでまとめ買いしたんですね。

そしたら、届いたものを開けてみると2種類も重複して届いているのです。
同じ商品を2回もクリックした記憶は全くありません。一体どうなってるんでしょうか?
でも、注文内容のメールを見たら注文数が2って書いてあるんです(涙)。
確認しないのがいけないんだ、って意見もあるでしょうが、そこまで警戒していませんでした。


同じ本を2冊持っていてもしょうがないですよね?よっぽど中身がよければ人にあげればいいんでしょうけど。

なので、返品しました。
宅急便の代金が850円くらいかかりました。
本2冊で3000円くらいでしょ?
全然取り返せてない・・・


さあ、気を取り直して本日フォトリーディングした本

本調子 強運の持ち主になる読書道本調子 強運の持ち主になる読書道
(2003/12/20)
清水 克衛本田 健

商品詳細を見る


この手の本は読書好きに勇気を与えてくれますね。

6人の本好きの有名人が熱く本について語っています。

1.清水克衛さん
この本の仕掛け人で、「読書のすすめ」という本屋さんをやっておられます。著作もあります。

心に残った一言
というのは「きるため  恵」だそうです。

2.本田健さん
ユダヤ人大富豪の教えユダヤ人大富豪の教え
(2003/06/19)
本田 健

商品詳細を見る
の著者です。これ、気になってたんで今度買って読みます。

本田さんはフォトリーダーみたいです。

心に残った一言
・読書は安い自己投資
・メンターになる本に出会う
・本選びは直感
・多いときで50冊の本を読む

3.七田眞さん

心に残った一言
・読書は幅広い分野を
・読書メモのすすめ
・成功者に共通するのは①プラス思考であること、②読書家である こと

4.望月俊孝さん

フォトリーダーです。今もフォトリーディングの講師をされているみたいですよ↑。

読書の原則について書かれています。内容はフォトリーディングのフォトフォーカス抜き、ですね。
・目的を持って読む
・アウトプットすることを念頭において読む
・80対20の法則
・積極的に著者と対話しながら読む
・大事だと思った本、心に残った本は繰り返し読む

最後に、一番気に入った内容がコレ↓
例えば伝記などの本を読むときは主役になりきる、読書することでイメージを明確にして、そのイメージを自分に内在化させる。それが成功の秘訣。


5.斉藤一人さん

多読することによって、アイデア・直感が生まれる

潜在意識の中でつながっていき、それがある時セレンディビティとして現れるということだと思います。


6.ハイブロー武蔵さん

おもしろい名前の人だなと少し怪しんでいたら、そんな人ではないようでした。

心に残った一言
読書で情報、知恵、言葉を自分に抽入し、セルフイメージを高める。そして、なりたい自分になる
・気に入った言葉は書き写しとく
・座右の書を見つける


それぞれ6人とも主張していることがかぶっている部分がありますが、これはそれだけ大事なこと、共通の認識、ということだと思います。

とても元気をもらえる一冊でした。

人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログへ

最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。