スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自己破産から5年で10億稼いだ男の話


11 22, 2008 | Tag,自己破産,ビジネス,起業,投資,不動産

本書の特徴は、成功の前に誰もが陥りがちな多くの失敗談が掲載されている点です。

失敗からは多くのことを学ぶことができますが、できれば失敗は未然に防ぎたいものです。もちろん、体感するのとしないのとでは身に付き方も違うと思いますが、失敗する理由を知っているか知らないかだけでも大きな違いになると思います。

成功するためにはリスクがつきもので、ここでも「ノー・フリーランチ」と言えるのだと思います。しかし、そのリスクをゼロにするのが難しくても減らすことは可能だ思います。

そういう意味で本書は価値ある一冊かもしれません。

自己破産から5年で10億稼いだ男の話自己破産から5年で10億稼いだ男の話
(2008/09/25)
チャーリー タカ

商品詳細を見る


著者は多くの失敗を経験されていますが、そこから何かしら次につながる学びを得ているところが、失敗を失敗で終わらせないていない一つの理由なのだと思います。失敗してもそれまでに得た経験を元に、再度事業を起こせるような知識やノウハウを習得しているところが成功の秘訣でしょう。

また、著者の学歴は中卒ですが、ビジネスに必要なものは決して偏差値ではないことが分かります。ただ、これは勉強しなくていいということではなく、ビジネスに必要な知識を学ぶことは大切で、著者自身もそれを学ぶのには長けているようですし、学ぶ必要があることだと主張されています。



著者が資産を築いた方法にはネットオークションやポリフェノールを利用した化粧品、時計の転売などのスモールビジネスもありますが、それに加えて不動産投資やFX、株式投資なども行っていることが興味深く感じました。

不労所得をいかにして得るかが、お金の心配をせずに暮らす一つのポイントだと思いますが、それにはビジネスの才能以外にも、ビジネスで得た資産を上手く運用させていく知識が必要になります。

著者が5年という歳月で10億という大きな財産を築けた理由はここにあります。ビジネスで得たキャッシュフローを、例えば不動産に投資することでレバレッジを効かせて資産を膨らませていくわけです。

その不動産投資ですが、不動産投資と言っても、日本の不動産ではありません。外国の不動産です。日本の不動産には既に旨みがないそうです。新興国のような、不動産の価値がこれから上がることでキャピタルゲインが稼げるような物件を探すことと、税制の面で優遇されるという点をポイントにしています。そして、著者は投資対象の国としてマカオを選んでいます。

マカオの物件というと、遠く離れた国のことなので、買いつけるかどうか不安に感じることと思いますが、この点も著者はぬかりなく、信頼のおける不動産エージンエトを雇うこともそうですが、実際にその場所に住んでみるそうです。

そして、サブプライムローンで不動産が値下がりしつつある時に著者は素早く見切りをつけて、持っている不動産を売っているのですが、著者はこの行動を直観的に行ったと言っています。

しかし、この直観はこれまでに経験したことや、観察してきたことで総合的な判断に基づくものではないかと分析しています。


著者がどういう点に注目しているかというと、

   1.在庫日数
   2.金融機関の姿勢
   3.金利動向
   4.成約件数

などだそうです。



著者が人生を振り返ると、家庭の中で既に3、4歳頃からお金を稼ぐ方法に親しんでいたそうで、まるで ”金持ち父さん” に出てくる主人公のようです。

たしかに、著者のように数々の儲けのネタ、仕組みづくりを思いつくためには常日頃から利益モデルについて思いを巡らせていないといけないのでしょう。



手当たりしだいに様々な利益モデルに手を出しているように見える著者ですが、20年後、30年後の目標を定め、その目標を達成するためにはどうすればいいのか10年、5年、3年と計画を現実に即した形に落とし込んでいる点も他の成功者と共通する点だと感じました。



先日、外貨・FX投資について勉強しましたが、円高の今こそFXを始めるチャンス!?かもしれません。いい機会なので資産形成の一つの手段として、行動に移せるようもう少し考えてみたいと思います。

不動産投資についても興味を持っているのですが、なかなか行動に移せていません。現在の市況では行動に移すことが難しいと感じています。本書で紹介されていたように海外の、地価が上がりそうな場所での不動産投資にも魅力があると思いますが、実際にその場所に住んでみるというのは誰にでもできることではありませんね。海外不動産に関してはもうしばらく様子を見ます。


リスクのことばかり考えていてなかなか行動に移せないのも否めないのですが、まずは受け入れ可能な失敗は許容して、そろそろ行動を起こしてみたいと思います。

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。