スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Vertebroplasyは効果がない!?腰痛治療にがっかりな結果。


08 11, 2009 | Tag,腰痛,整形外科,臨床医学

若田光一さんが宇宙から帰ってきて間もないですが、帰国後、骨粗鬆症を心配するニュースがありました。

宇宙は無重力空間ですから、地球上で意識せずにかかっているはずの重力が身体にかかりません。

人間の骨は破壊と生成を絶えず繰り返していますが、無重力空間だとこのサイクル遅くなります。そうすると、骨密度が低くなり、骨粗鬆症となります。

この病態は通常高齢者に多くみられるものです。骨粗鬆症がひどいと、脊椎が圧迫骨折を起こします。高齢者の背中が丸くなっているのは症状の有無にかかわらず圧迫骨折を起こしているからです。

脊椎の中でも腰椎や胸椎の下の方でよくこの圧迫骨折が起きます。

圧迫骨折の治療は通常、痛み止めを使いながらつぶれた骨が固まってしまうのを待ちます。痛みはかなりひどいことが多いので、体幹コルセットやカルシトニン類似の注射などを使うこともあります。
他にはVertebroplastyという1990年代から注目されてきた治療法があります。

日本ではどこの病院でもやっている治療法ではありません。どんな方法かと言うと、
The treatment, vertebroplasty, injects an acrylic cement into bones in the spinal column to ease the pain from cracks caused by osteoporosis, the bone-thinning disorder common in older people.

5612-4126637689baf98d_convert_20090810214526.png

と脊椎の中に医療用のセメントを注入して骨を固めてしまうという方法です。

Doctors began performing it in this country in the 1990s, patients swore by it ― some reporting immediate relief from terrible pain ― and it soon caught on, without any rigorous trials to determine whether it really worked.

これで腰痛がよくなると言われてきました。日本だとあまり一般の整形外科ではやっていませんが、ペインクリニックなんかでは行っているようです。


今回のこのニュースはこの治療法を否定する内容になっています。
The studies of vertebroplasty, being published Thursday in The New England Journal of Medicine, found it no better than a placebo.

このネタの出所は「The New England Journal of Medicine」という権威ある医学雑誌です。
The researchers prepared cement even during the sham procedure, so patients would smell it and imagine they were receiving it. The Americans assessed the patients one month later, and the Australians at one week and at one, three and six months.

対照群ではセメント注入と同じ手技でセメントの香りまで演出して患者に体験させています。
Vertebroplasty failed the test in both studies. The treated patients and the control group each had pain relief, but there was no difference between them.

結果、対照群でも痛みがとれたと。プラセボ効果ですね。セメントを注入してもプラセボでもどちらも同じくらい痛みがとれるのではセメントを注入した方がいいということにはならないですね。

これは衝撃的な結果でした。痛みに対する治療というのは本当に難しいものだと思います。


>> Studies Question Using Cement for Spine Injuries - NYTimes.com

>> NEJM -- A Randomized Trial of Vertebroplasty for Osteoporotic Spinal Fractures

スポンサーサイト


学会発表と論文作成


06 19, 2008 | Tag,臨床医学,学会,論文

日進月歩の医学の世界を支えているのが、地道な学会発表や論文といった学術的な活動です。

専門医をとるのにもこれらの経験は必要で、資格をとるための規定の中に含まれています。

以前に読んだ統計の本も論文作成の役に立つかなと思い読みました。

より実践的な本が今日読んだこちらの本です。

流れがわかる学会発表・論文作成How To―症例報告、何をどうやって準備する?流れがわかる学会発表・論文作成How To―症例報告、何をどうやって準備する?
(2004/01)
佐藤 雅昭和田 洋巳

商品詳細を見る


学会発表、論文作成のおおまかな流れをつかむのに最適です。
実際にはこれを読んだらすぐに学会発表が出来て、論文が作成できるようになるわではないと思います。アウトプットする練習が必要でしょうから。

ひとつ困ったことにこの本の内容がかなり古い事があります。
☆☆☆☆と評価させてもらったのは、内容が少し古いからです。
スライドをフィルムに焼き付けることは今どきないでしょう。プロジェクターがあるので。
また、今どきデータは全てUSBフラッシュメモリーを利用しています。

いずれにしろ、役に立つ内容も多いので、読む価値はあります。
特に学生、研修医、少し出遅れた研修医以上の医師が読むといいんじゃないでしょうか?

個人的に役に立った内容は
1.PubMedでClip board, Historyを使ってみる
2.EndNoteで文献リストを作る
3.論文の核は考察で、abstractとintroductionはそれを小さくしたもの
4.英語を勉強するモチベーションが上がったこと
などです。

この本の著者は非の打ち所のない経歴を持っています。
しかも、呼吸器外科という過酷な科で働いています。
ものすごく忙しいはずなのに学会発表や論文作成をこなし、留学もしています。

本の最後に著者が残したメッセージ
これはビジネスマンにも使える原則だと思います
?ながら族のススメ(一つの作業に固執しない)
?全体の把握(律速段階になりそうな仕事を先に片付ける)
?こま切れ時間の活用
?まとまった時間でまとまった作業を


臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)


06 14, 2008 | Tag,統計,臨床医学

英語の論文を読んでいると、必ず統計の話が出てきます。

内容を理解するのに支障はありませんが、いざ自分が論文を書こうと思うと統計の知識が必要になると思い読んでみた本がこちら

臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)
(2005/04)
野村 英樹松倉 知晴

商品詳細を見る


読みやすそうだったので買って読んでみました。
しかし、、、内容は結構難解でした。
現在利用する価値のある論文がどういう統計学的手法をとっているのかが解説されています。
ちゃんと理解できれば自分にとって必要な論文に出会った時に、それが本当に読む価値があるのか、データとして信頼できるかが判断できるのだと思います。
全く統計に馴染みのない人がこれをいきなり読んでも、完全には理解できないのではないかというのが感想でした。

アマゾンの書評では5つ星の嵐だったので、そう思ってるのは自分だけかもしれません。

私はさらに他の本も読んでみようと思っています。

最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。