スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよなら腰痛 自分でできる腰痛予防


06 30, 2011 | Tag,腰痛

腰痛を自覚して外来に来る患者さんは多いです。

腰痛の治療には薬を使ったり手術をしたりといった治療もあるのですが、普段から患者さん自身でできることが大事だったりします。

腰痛を起こさないためのちょっとした注意や、普段からの筋力訓練がそれです。

これは日本整形外科学会の会報に載っていたもの。参考になれば。

腰磨き10か条_convert_20110629175722_convert_20110629235849
字が小さくてごめんなさい。


体重が重い人はダイエットも効果的です。はい。

肥満と腰痛_convert_20110629175944


スポンサーサイト


0 CommentsPosted in

腰痛をめぐる常識のウソ


06 20, 2011 | Tag,腰痛

腰痛をめぐる常識の嘘
なかなか興味深い本を見つけました。ちょっと発刊は古いのですが。

日常的に腰痛の診療をしている僕にとっても意外(?)な事実が書いてありました。

教科書に書いてあることだけが正しいとは限らないんです。経験的に当たり前のように考えていたことが実は違っていたりします。

そういう事に気づかせてくれる本です。

例えば、

腰痛、坐骨神経痛はいったん発生したら治らない?

という問いに対して、腰痛、坐骨神経痛の90%は3ヶ月以内に軽快する、本当に問題になる腰痛・坐骨神経痛は全体の1割と考えてよい、と書かれています。これは臨床をやっていて実感できる数字です。患者さんがこれを知っていれば、腰痛で悲壮な気分になる必要はないと気付くでしょう。


腰部コルセットの長期装着が筋肉を低下させるという証拠は十分ではない。

コルセットを着けていたら腰を守るための筋力は当然低下するだろうと思っていましたよ(汗)。


骨盤牽引が腰痛の患者さんに治療効果があるという証拠はない。

これは納得。骨盤牽引は開業医なんかでやられている治療ですね。中規模以上の病院で腰の牽引治療をやっている病院はないと思います。


本書は一般向けに書かれた本です。古い本ですが、なるほど、へー、と思わず言いたくなるようなことが書いてあります。

腰痛に興味がある人は一度目を通してみてはいかがでしょうか。

腰痛をめぐる常識の嘘腰痛をめぐる常識の嘘
(1994/09)
菊地 臣一

商品詳細を見る


腰痛をめぐる常識のウソ (続)腰痛をめぐる常識のウソ (続)
(1998/10)
菊地 臣一

商品詳細を見る


1 CommentsPosted in

自分で治せる!腰痛改善マニュアル


09 21, 2010 | Tag,腰痛,整形外科,マッケンジー法

自分で治せる! 腰痛改善マニュアル
腰痛は8割の人が一生涯のうちに経験することがあるものです。また、腰痛の8割がはっきりとした原因がわかりません。

私が実際に臨床をやっていてもこれらの数字は妥当かなと感じます。

腰椎すべり症とか、椎間板ヘルニアとか、腫瘍性病変とか明らかな異常があれば別ですが、異常が指摘できないことの方が多いのです。

腰痛で病院を受診したことがある人はわかるかもしれませんが、病院を受診しても「骨の変形があるから」とか、「レントゲンでは明らかな異常がないので筋肉や筋膜の炎症でしょうね」と言われて消炎鎮痛薬を処方されることが多いと思います。

原因がはっきりしない腰痛が多いわけですから、その症状に合わせた治療をするしかありません。

人間の体はよくできているもので、痛みの治療をしていると、原因を治療したわけではないのに病状がよくなるということがよくあります。

原因がわからないことが多い、腰痛ですが、原因の一つに姿勢の異常が大きく関わっているという説があります。

22534-4126663c769264e2.png

この図に示されるとおり、脊椎にはカーブがついています。ちょうど腰椎のあたりでは前弯といって、お腹の方に向かってカーブが形成されています。

「原因のわからない腰痛」の原因はこの脊椎の形が崩れようとしていることにあるのではないかというのです。腰椎のお腹の方に向かうカーブが大事、ということです。

そういう観点から、姿勢をよくする、脊椎をいい形にするというところに腰痛治療の鍵がありそうです。

実際にロビン・マッケンジー(The McKenzie Institute - Welcome to the McKenzie Institute International)という人物は腰痛に対して独自のエクササイズを用い、たくさんの患者を治療してきたそうです。

独自のエクササイズといっても、そう難しいことではありません。マッケンジー法のコンセプトが”腰痛は自分で治す”というものですから、自宅でも十分できそうなものになっています。

22534-4126663c7711d33f.png


腰痛の急性期は安静にする、というのが常識でしたが、このように背屈することで急性期から腰痛が改善することがあるそうです。
22534-4126663c77042bfe.png

これらは本書に掲載されているエクササイズの例です。

私は腰痛治療にあたる者として、もどかしい場面もよく経験するので、このエクササイズは取り入れてもいいなと感じました。

上の写真はエクササイズの一部で全てを掲載することはできませんが、腰痛で苦しんでいる方、試しに本書を参考にエクササイズしてみてはいかがでしょうか。


自分で治せる! 腰痛改善マニュアル自分で治せる! 腰痛改善マニュアル
(2009/08/28)
ロビン・マッケンジー

商品詳細を見る




Vertebroplasyは効果がない!?腰痛治療にがっかりな結果。


08 11, 2009 | Tag,腰痛,整形外科,臨床医学

若田光一さんが宇宙から帰ってきて間もないですが、帰国後、骨粗鬆症を心配するニュースがありました。

宇宙は無重力空間ですから、地球上で意識せずにかかっているはずの重力が身体にかかりません。

人間の骨は破壊と生成を絶えず繰り返していますが、無重力空間だとこのサイクル遅くなります。そうすると、骨密度が低くなり、骨粗鬆症となります。

この病態は通常高齢者に多くみられるものです。骨粗鬆症がひどいと、脊椎が圧迫骨折を起こします。高齢者の背中が丸くなっているのは症状の有無にかかわらず圧迫骨折を起こしているからです。

脊椎の中でも腰椎や胸椎の下の方でよくこの圧迫骨折が起きます。

圧迫骨折の治療は通常、痛み止めを使いながらつぶれた骨が固まってしまうのを待ちます。痛みはかなりひどいことが多いので、体幹コルセットやカルシトニン類似の注射などを使うこともあります。
他にはVertebroplastyという1990年代から注目されてきた治療法があります。

日本ではどこの病院でもやっている治療法ではありません。どんな方法かと言うと、
The treatment, vertebroplasty, injects an acrylic cement into bones in the spinal column to ease the pain from cracks caused by osteoporosis, the bone-thinning disorder common in older people.

5612-4126637689baf98d_convert_20090810214526.png

と脊椎の中に医療用のセメントを注入して骨を固めてしまうという方法です。

Doctors began performing it in this country in the 1990s, patients swore by it ― some reporting immediate relief from terrible pain ― and it soon caught on, without any rigorous trials to determine whether it really worked.

これで腰痛がよくなると言われてきました。日本だとあまり一般の整形外科ではやっていませんが、ペインクリニックなんかでは行っているようです。


今回のこのニュースはこの治療法を否定する内容になっています。
The studies of vertebroplasty, being published Thursday in The New England Journal of Medicine, found it no better than a placebo.

このネタの出所は「The New England Journal of Medicine」という権威ある医学雑誌です。
The researchers prepared cement even during the sham procedure, so patients would smell it and imagine they were receiving it. The Americans assessed the patients one month later, and the Australians at one week and at one, three and six months.

対照群ではセメント注入と同じ手技でセメントの香りまで演出して患者に体験させています。
Vertebroplasty failed the test in both studies. The treated patients and the control group each had pain relief, but there was no difference between them.

結果、対照群でも痛みがとれたと。プラセボ効果ですね。セメントを注入してもプラセボでもどちらも同じくらい痛みがとれるのではセメントを注入した方がいいということにはならないですね。

これは衝撃的な結果でした。痛みに対する治療というのは本当に難しいものだと思います。


>> Studies Question Using Cement for Spine Injuries - NYTimes.com

>> NEJM -- A Randomized Trial of Vertebroplasty for Osteoporotic Spinal Fractures



ファッションと腰痛


08 07, 2009 | Tag,腰痛

腰痛予防に役立つ記事があったのでご紹介。

靴について
  • ハイヒールはやめて履き心地のいい靴を
  • せめて通勤時は履き心地のいい靴を。そしてオフィスに着いたらスタイリッシュな靴に履き替えて。
  • できれば支持性のある靴がいい。クッションの入った。その方がいい姿勢を保つのにいいから。土踏まずのあるきちんとした靴、でなければ中敷きを利用するとよいということだろう。
衣服について
  • 服も快適なものを。窮屈な服はいい姿勢をとるのに不適。

カバンについて
  • ハンドバッグの中身をできるだけ取り出してなるべく軽くすること。
  • バッグは長くて幅広のストラップがついたショルダーバッグにし、これを身体を横切らせるようにしてかける(メッセンジャースタイル。)
  • メッセンジャースタイルができないなら、時々右、左、とバッグをかける肩を入れかえること。
  • 荷物が重くても、姿勢はまっすぐ。猫背にならないようにすること。


Fashion and Back Pain
Your Huge Handbag May be Stylish, But is It Worth the Pain?
Kelly Rehan Medical Writer SpineUniverse Wheaton, IL
 




最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。