スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


椎間板ヘルニアについての質問とその回答


03 09, 2011 | Tag,整形外科,腰椎椎間板ヘルニア,椎間板ヘルニア

以前に椎間板ヘルニアについての記事を書きました(腰椎椎間板ヘルニアのウソホント | メタノート)が、それについてコメント欄で質問をいただきました。以下、引用です。

都内の整骨院に勤務している柔道整復師です。
椎間板ヘルニアについてご意見を聞かせて頂きたいです。

疑問なのは、以下についてです。
・下肢痛や痺れ、腰痛などの経験がない健常者にも、画像診断上では椎間板ヘルニアは見られることがある。
・椎間板ヘルニアの保存療法にて(または無処置にて)、ヘルニア自体は消失していないのにも関わらず、時間の経過で症状が改善することも多い。
・手術でヘルニアを取り除いたにも関わらず、症状が改善しないことがある。

これらの事実から、そもそも"椎間板ヘルニア"を下肢痛や痺れの原因だとするのには、科学的根拠が薄いように思えてなりません。

僕の見た患者にも、「医者に手術をしないと治らないと言われたが、手術は嫌だから」と来院され、1ヶ月程でよくなり、ゴルフに復帰できた方がいます。
尚、その患者さんは、「自分の状態が気になるから」と、症状改善後に、他の病院のMRI検査を受け「椎間板ヘルニア」と診断されていました。

最後の実例は、一件のみの症例なので、なんとも言えないとは思いますが、
上記のようなことについて、どのようにお考えでしょうか?


まず、典型的な椎間板ヘルニアは
Axial view of herniated lumbar disc.
のように、出っ張った椎間板が神経を押します。押された神経が下肢にくる痛みやしびれを起こすと考えられています。

神経根ブロックといって、ヘルニアに押されてダメージを受けているであろう神経に注射をすると、下肢痛やしびれの症状が良くなることが多いです。これは、原因になっている神経に直接麻酔薬を効かせているためです。

ヘルニアの出っ張りが小さければ、神経にはあたりません。ですから画像上ヘルニアがあったとしても神経に対する症状を起こすとは限らないのです。


また、椎間板ヘルニアが無処置(疼痛に対する治療のみ)でも軽快するのはよくあることです。しばらくするとすっかりヘルニアが消えている症例もあるし、まだ存在しているのに症状が消えていることもあります。

後者はおそらくですが、多少なりともヘルニアが小さくなって、もしくは位置がずれたりして神経への圧迫が解除されたのではないかと考えます。


手術を行っても症状がよくならない症例というのもたしかに存在します。手術を行って改善しやすいのは下肢の激しい痛みや筋力低下です。それも発症早期にやった方が効果的です。時間が経てば経つほど、神経の症状は回復しにくくなります。

神経は弱い組織です。元に戻れないくらいまでダメージを受けてしまうと、手術をして原因を取り除いても回復しづらいのです。そのため手術を行っても症状が良くならないという症例が出てきてしまいます。


椎間板ヘルニアの全てが臨床症状を引き起こすわけではありませんが、下肢痛やしびれを引き起こす代表的な疾患であることは確かです。


どうでしょう。回答になっていればいいのですが。

スポンサーサイト


痛みに効くリリカ


12 31, 2010 | Tag,整形外科,腰椎椎間板ヘルニア,

2010年も終わりですね。みなさんはどんな年だったでしょうか?

最近の僕は本を読む量が劇的に減っています(汗)。怠けているわけではなく、試験勉強にかかりっきりで本を読む余裕がない、というのが正直なところです。暗記に苦労しております。

ブログにも書きたいことがいくつかあるのですが、あまりたくさんのことを同時進行でできない性格なのです。。

試験が終わったらゆっくり好きな本を読んだり、ブログ更新も復活していきたいと思います。



今日は先日効果を実感したある薬についての話題です。


腰椎椎間板ヘルニアでは足の痛みはかなりつらいです。足が痛すぎてまったく動けなくなってしまうほど。

整形外科で外来をやっていると、軽症から重症まで、いろいろな椎間板ヘルニアの患者さんがやってきます。

診察して、レントゲンを撮って、やっぱりヘルニアっぽいって思ったらMRIを撮る。これで普通はだいたい診断できます。

治療はまずロキソニンやボルタレンなどのNSAIDsという鎮痛薬を使います。

これではまったく効かない患者さんも中にはいます。そういう患者さんには、神経根ブロックを行います。これはレントゲン透視装置を使いながら、うつぶせになった患者さんの背中から注射を行う、というものです。注射の時はかなり痛いのですが、薬が入ると楽になることが多いです。

それでもダメなら手術となります。

以上が標準的な整形外科における腰椎椎間板ヘルニアの検査、診断、治療です。


しかしながら他の疾患を持っているため、神経根ブロックがどうしてもできない患者さんもいます。

先日の外来ではそんな患者さんが来ました。

NSAIDsは効かないというし、別疾患のせいで注射も手術もできないし、すごく困っていました。


そんな時、最近院内で採用になったある薬に出会いました。

ファイザーから発売されたリリカ(プレガバリン)という薬がそれです。この薬は日本では今年から使えるようになりました(海外では2004年から)。

作用機序は”中枢神経系においてカルシウム流入を抑制し、グルタミン酸などの興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより、過剰に興奮した神経を鎮め、痛みを和らげる。”というものです。

これまでの鎮痛薬とは作用機序が違います。痛みを起こしている場所に直接効く、というより、痛みを感じさせてる脳に近い部分に効く、といったイメージでしょうか。



先日の外来で、これを処方した患者さんはすごく効いて、内服した次の日からそれまでの痛みが嘘のように歩けるようになったと満足していました。

どんな薬もそうですけど、人によって合う合わないというのがあります。よく効く人そうでない人、また、副作用が出やすい人そうでない人と分かれます。

このリリカも眠気やめまいといった副作用があります。内服しようと思っている人は気をつけてください。


誰にとっても万能な薬というものは存在しませんが、リリカはいい薬だと感じました。また外来で痛みに苦しんでいる患者さんに使ってみようと思います。




最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。