スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脳は後付けが好き


12 23, 2009 | Tag,脳科学,

言語野(言語の理解や発語をつかさどる脳の部位)は90%くらいの人が左脳に持っています。

doc0012.jpgこれは実際に行なわれた実験です。

事故でたまたま脳梁が切断された患者さんの右脳に「ペン」という文字を書いた紙を見せ、それを取るように言います。

右脳にモノを見せるためには左からの視野だけにすればよいので、実験風景は右のイラストのようになります。

普通は右脳に文字を見せたら、その情報は脳梁を介して左脳の言語野に到達します。

でもこの患者さんの場合、脳梁が切断されているので左脳に情報が伝わりません。

つまり、右脳に見せても「ペン」という文字を言葉として認識できないということです。


実験中、「何という文字が書いてありましたか?」と尋ねたら、この患者さんからは「わかりません」という答えが返ってたそうです。見えていてもそれがなんなのか認識できない状態なわけです。


ところが、なぜかその患者さんはペンを取るんです。どうしてペンを取ることができるのかは分かっていないんですが。ここの不思議はおいといて。

さらに不思議なのはこの後。

実験が終わった後に、ペンを持ったその患者さんは「先ほどの単語はペンでした」と言ったそうなんですね。



文字を認識できていなかったのに、です。

ペンを持った自分の姿を見て、さっき紙に書いてあったものはペンという単語だと考えたわけです。

これは脳が了解可能な世界を作り上げるために記憶を作り変えたという性質を表しています。



こういう作話傾向って私たちみんな日常生活の中で経験していることなのではないでしょうか?自分ではなかなか気づかないだけじゃないかと私は思います。

行動を起こした理由がきちんとないと、しっくりこないのが脳の性質だというのです。

行動を起こした理由なんて、いくらでも自分の都合のいいように作り上げることが可能です。時によってその理由が変わってしまう場合があるのも、脳の作話がなせる技なのでしょう。


友達に気になるあの人を好きになった理由を聞かれたとします。

その理由、後付けの作話だったりするかもです。


単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る


スポンサーサイト


「脳にいいこと」だけをやりなさい!


12 16, 2008 | Tag,自己啓発,

「脳にいいこと」だけをやりなさい!「脳にいいこと」だけをやりなさい!
(2008/11/07)
マーシー・シャイモフ

商品詳細を見る


本書は脳科学者茂木健一郎さん和訳による自己啓発本です。
「脳をいかに活性化させて、幸せになるか」という点について書かれています。中には「引き寄せの法則」などどこかで聞いたことのある内容も出てきますが、自己啓発という意味においてはどの本も幹になる部分は変わらないのでしょう。


世の中に絶対的な幸せと言うものは存在しません。幸せというものをどう捉えるか、どのようなことに幸せを感じるかはその人次第です。「自分の脳がそれをどう評価するか」次第なのです。

また、何かを手に入れたいという欲望は、それが実現しても本当の喜びをもたらしてくれないばかりか、さらに別の欲望を喚起するだけということも覚えておく必要があります。



脳にいいこと 7つのポイント

  1. ネガティブ思考の大掃除をする
  2. プラス思考で脳にポジティブな回路をつくる
  3. 何事にも愛情表現を忘れない
  4. 全身の細胞から健康になる
  5. 瞑想などで脳を「人智を超えた大いなる力につなげる」
  6. 目標を持ち、脳に眠る才能を開拓する
  7. 付き合う人を選んで、脳にいい刺激を与える

勝間和代さんの三毒にも通じるところがありますが、私たちから幸せを奪う習慣は、主に「不平を言う」、「他人のせいにする」、「自分を恥じる」です。自分を認め、押し殺してきた感情や過去の経験を受け入れるのです。そして、「解決策に目を向け」、「逆境から教訓や利点を探し」、「自分を認め」ます。

プラス思考をするために、脳をホッとさせる「4つの質問」を行いましょう。
  1. それは真実か
  2. それが真実だと言い切れるか
  3. それを信じていとき自分はどんな反応をするか
  4. それを信じなければ自分はどんな人間になれる
これは認知行動療法の手法に近いと思います。

欲しいものや満たされないときにでも、ひたすら感謝の種を探し、どんなに小さな進歩でもそれを喜ぶこと。幸せだから感謝するのではないのです。感謝するから幸せなのです。

「付き合う人を選ぶ」と良いのはミラーニューロンで説明できます。目に映るものを真似しようとする性質です。だから、自分が目標とする人物や理想とする人物と意識して付き合うことで自分を変えることができます。

本書には、他にも「脳に良い生活習慣」や、「瞑想のススメ」についても書かれています。


起きていることはすべて正しいではないですが、今ある現実は自分が引き寄せている事実だと考え、そこからさらにどういう未来にしたいかを考えるのが大切なのだと思います。



最後に、本書に紹介してあったネガティブ思考を追い出すゲームを。

「言い訳、不平、愚痴、後悔の言葉を口にした人は罰金を支払う」
というものです。大事なことは金額ではありません。習慣づけることです。
親しい人とゲーム感覚でやってみるといいと思います。

私もさっそくやってみたいと思います。



脳と心をあやつる物質


12 03, 2008 | Tag,,,神経伝達物質,モノアミン,コーヒー

脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる (ブルーバックス)脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる (ブルーバックス)
(1999/10)
生田 哲

商品詳細を見る


本書の構成はこのようになっています。
第一章 生きている脳
1-1 脳と心のしくみ
1-2 心をつくる物質
1-3 脳と心に効く物質

第二章 脳内物質のアンバランス
2-1 神経シグナルの正体
2-2 モノアミンのはたらき
2-3 セロトニンの効果
2-4 炭酸リチウム
2-5 ベンゾジアセピン
2-6 ドーパミンとパーキンソン病
2-7 ドーパミンと精神分裂病
2-8 アセチルコリンとアルツハイマー病

第三章 心を変える身近な物質
3-1 カフェイン
3-2 プロスタグランディン
3-3 アスピリン
3-4 大衆薬に含まれる物質
3-5 メラトニン

第四章 食べ物で心が変わる
4-1 アミノ酸
4-2 糖類
4-3 ミネラルの効用
4-4 カプサイシン
4-5 薬と食べ物


本書はブルーバックスらしく、専門的な用語も詳しく解説されていて、一般読者向けに作られているので、どんな人にもお薦めできる本だと思います。

人間の心を作っているのは、脳の中で起きている物質の変化です。私たちが見て、感じていることはおそらく全て脳内の物質の変化で説明ができるのだろうと思います。

脳内の神経伝達物質が過剰になったり、不足したりすることで気分や精神の障害というものが起こります。うつ病や統合失調症(精神分裂病)などがそうです。本文中に出てくるような病気、パーキンソン病やアルツハイマー病も今以上に脳内の物質の変化で説明ができるようになるのでしょう。


本書の中からすぐに役立つ3つのヒントを紹介します。
脳をあやつる物質を、自分でコントロールするためのヒントです。

脳を活性化する
  • 濃いめのコーヒーは一日2杯まで。砂糖を入れて脳にエネルギーを補充。

カフェインには集中力を高める効果がありますが、摂取量は1日400mgまでが適量とされています。それ以上摂ると、耐性が出現して効きにくくなるし、胃を悪くするなどの副作用が出てきます。


朝食効果
  • 朝食は必ず食べること。

脳のエネルギー源であるブドウ糖を、朝に補給します。
自治医科大学の香川靖雄先生の調査では、朝食を食べたグループの方が、食べないグループよりも明らかに成績が良かったということです。


ストレスに勝つ、キレないようにするために
  • 亜鉛を摂取すること

亜鉛不足の状態では暴力的になったり、すぐにキレたりすることが報告されています。また、亜鉛は抗ストレス物質であるメタロチオネインというタンパク質の原料にもなります。このメタロチオネインが減ると、精神的な疲れが高じて”うつ状態”になったり、突発的な暴力行為に及ぶようになったりします。


参考までにカフェイン含有量の目安です。

   コーヒー(エスプレッソ)・・・200mg
   コーヒー(薄め)・・・80mg
   コーラ・・・60mg
   チョコレート(30g)・・・13mg
   紅茶・・・80mg

カフェインの摂取は睡眠の質にも影響するとか。

私自身コーヒー好きなのですが、あまり集中力アップには貢献しているという実感がわきません。一日当たりのカフェイン摂取量が多すぎて、耐性が出来ていることが問題なのかもしれません。

睡眠の質を上げるためにも夜のコーヒーを控えてみようかなと思っています。


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。