スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんなに優秀な集団でも、その能力は上と下に散らばっていく


07 10, 2009 | Tag,コラム,学歴,才能,能力

どんなに成績優秀な集団でも何年かすると、その成績はばらけてきて、劣等生が生まれます。これは自分が今まで見てきたコミュニティを振り返って感じたことです。

以前に記事にしたこの本にも書いてありました。

「個人の能力は個人の才能だけでなく、周辺の環境による」

この考え方からすると、子供の才能を引き出したかったらやはりより良い教育環境におくべきということは明白です。ここで言う、より良い教育環境というのは簡単に言うと、世間で認められている平均偏差値の高い一流校です。一流校に行くと上昇志向の強い良いライバルに巡り合える確率が高まります。また、勉強の面では代々培われた勉強する雰囲気のようなものがありますので、勉強することが自然なことだったりします。これこそ環境の強みだと思います。環境が能力を引き出してくれます。

ところが、よかれと思い名門一流校に子供を進学させたと思ったら、3年後には劣等生になっていて大学進学に相当苦労した、ということが実際には起こります。

これは高学歴集団であるはずの医学部でも言えることです。入学した当初はみんな優秀な成績だったはずなのに、6年間のうちにいつの間にか成績は上下に分かれていくのです。

だから、例えば大学進学に関しては名門一流校で落ちこぼれるより、二流校でトップを行く方がよかったりします。

しかし、どの集団においても能力が上下に分かれていくのなら、平均のレベルが高い方に子供を進学させる方が無難と言えます。その集団において子供が上にのぼるのか、下に落ちるのかは予想がつきません。

一流校を目指すべきかどうかの答えは「目指すべき」です。

しかし、一流校を目指したけど合格できなかった場合でも悲観することはありません。二流高でも上位の成績を目指せばそこに逆転のチャンスは十分存在します。かく言う私も一流校出身ではありません。

Inspired by
天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る


【関連記事】
「能力=才能×環境」だと思う。【書評】天才!成功する人々の法則

スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 日記
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。