スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マリス博士の奇想天外な人生 


05 30, 2011 | Tag,科学,ノーベル賞

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)
犯罪者特定のために使われるDNA鑑定。これはPCR法を用いています。PCR法(ポリメラーゼ連鎖反応)はDNAを増幅させるための手法です。この技術は医療はもちろん考古学など様々な分野で役立っています。

これを発明したのが本書の著者キャリー・マリス博士(キャリー・マリス)です。彼はこの発明によりノーベル化学賞を受賞しました。それくらい世界に与えた影響が大きい発明です。

興味深いのは彼がいわゆる生真面目な科学者ではないことです。キャリー博士は4度の結婚経験や、LSD(LSD (薬物))使用歴を持ち、そしてサーファーでもあるというおよそ一般的な科学者のイメージとはかけ離れています。いわゆる不良のイメージと言えるかもしれません。

しかしながら、キャリー博士が残した業績を考えると、個人の趣味や趣向がなんであれ卓越した発明を生み出すことは可能なんだと教えてくれます。要するに結果を残せばいいのだと。

とは言っても遊んでばかりいるわけではありません。彼は純粋に科学が好きなのです。子供の頃から洗濯機を分解してみたり、こっそり爆発実験をしていたというエピソードもあります。好奇心に従って何かを追求する姿勢は大人になっても変わっていません。

キャリー博士はPCR法のアイデアをデート中の車の中で思いついたそうです。これは彼に訪れたセレンディピティなのだと思います。

彼の嗜好を肯定するわけではないですが、真面目ばかりでなく遊び心を持っていたほうが柔軟な発想ができていいアイデアが生まれやすいのかもしれませんね。

本書はタイトルの通り、マリス博士の奇想天外な人生が描かれた一冊です。ちょっと変わったノーベル賞受賞者の半生。科学に興味がある人はもちろん、型にとらわれない人生に憧れる人にはうってつけの一冊です。訳者が福岡伸一さんなのも良かったのかも。


【関連記事】
大人げない大人になれ! | メタノート

女は男より優れている!?【書評】できそこないの男たち | メタノート

生命の本質とは 【書評】生物と無生物のあいだ | メタノート


ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
(2000/01/14)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)
(2000/01/14)
リチャード P. ファインマン

商品詳細を見る

スポンサーサイト


0 CommentsPosted in

【書評】理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性


04 01, 2009 | Tag,選択,科学,知識

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)
(2008/06/17)
高橋 昌一郎

商品詳細を見る


知らない世界がココにありました。

本書は選択、科学、知識の限界について過去の偉人の言葉を引用してなるべく簡単に説明しようとする本です。内容自体は正直難しいのですが、数理経済学者や哲学史家、生理学者、論理実証主義者、実験物理学者などの専門家と運動選手や会社員、大学生などの素人が議論や雑談を交わすように進行することで、論じているテーマが分かりやすく説明できるように工夫されています。


選択の限界、科学の限界、知識の限界がテーマです。

続きを読む »



最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。