スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


椎間板ヘルニアの痛みについて 神経障害性疼痛


04 05, 2011 | Tag,疼痛,椎間板ヘルニア,神経障害性疼痛

ブログのコメントに椎間板ヘルニアの痛みの機序について質問を頂いたのでお答えいたします。

頂いた質問は以下の通り

僕は、生理学的には、神経の圧迫によって生じる症状は「痛み」よりも「麻痺」だと認識しています。
「痛み」というのは自由神経終末からのインパルスによるもので、神経繊維の途中で圧迫しても「痛み」は生じないと思うのです(『臨床医のための痛みのメカニズム』より)

「バルーン実験」と呼ばれる実験では、神経根をバルーンで圧迫したがその末梢部に痛みは出現しなかったということも聞いたことがあります(すみません、誰の論文だったのかは忘れてしまいました)

僕は肩関節脱臼による腋下神経麻痺や、松葉杖による腋下神経麻痺を何例か見てきました。
また、長時間腓骨神経を圧迫されてしまい、腓骨神経麻痺になってしまった例もありまあした。
いずれも治癒まで長期を要し、神経の回復には時間がかかることも分かっています。
しかし、そういった"神経圧迫"による症状は、「痛み」ではなく「麻痺」でした。

こういったことからも、椎間板による圧迫で下肢痛が生じるというのが疑問です。
(「麻痺が起こる」というほうが納得できる感じです)

上記のような圧迫による神経損傷と、椎間板ヘルニアによる神経損傷の生理学的な違いはどういったものなのでしょうか?

骨折や捻挫などの外傷が起きると、侵害受容器を介した疼痛メカニズムが働きます。神経終末において侵害受容器が物理的、化学的な刺激を受けることで痛みを感じるということです(疼痛 - Wikipedia)。

この機序が質問者のおっしゃっている疼痛発生の機序だと思います。

ところが他にも疼痛を発生させる機序というのが存在するのです。

ファイザー社のこちらのサイトが分かりやく解説してくれています。ぜひご覧ください。

 >> 神経の痛みとは? | 疼痛.jp | ファイザー株式会社

神経障害性疼痛の発症機序には末梢神経系と中枢神経系と原因となる場所によって違いがあります。

椎間板ヘルニアの場合は、末梢神経系です。

末梢性機序:末梢神経系では、神経が傷つくと、感覚神経の傷ついた部位に発現するNa+(ナトリウムイオン) チャネルやα2アドレナリン受容体と呼ばれる痛みの刺激伝達に関わる部位が異常増殖して神経が興奮しやすくなります。これが自発痛などを発症する原因のひとつです。また、神経が傷つくと、傷ついた神経同士が接触して、神経間の情報伝達が交錯し、誤った刺激が伝わることで痛みが起こることもあり、これがアロディニアなどを発症する原因のひとつとなります。

神経が圧迫により傷つけば疼痛が生じるというわけです。もちろん神経障害の程度次第で足が動かなくなるといった麻痺の症状も出ます。

以上です。疑問の解決につながればいいのですが。

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。