スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社会人として、これから先をどう生きるか 「僕は君たちに武器を配りたい」


04 03, 2012 | Tag,生き方,考え方

small__5652405755.jpg
photo credit: elBidule via photopin cc

学歴を積んで、いい大学に入って、一流企業に入社する。従来型のエリートというのはすでに成功とは言えません。

なぜならそういった従来型のエリートは世の中に既にたくさん溢れていて、コモディティ化しているからです。コモディティというのは”ありふれたもの”という意味です。要するに他の誰かでも代わりがきくということです。

また、企業の寿命は30年とも言われ、終身雇用制も破綻しかかっている今、一つの会社に人生を委ねるのはリスクが大きすぎます。あの東電すら破綻寸前までになったのですから(しぶとく株式会社として存続してますが)。



コモディティ化といえば、医者の仕事もそうだなと感じました。何科であってもその科を専門にしている人はたくさんいます。

例えばゴッドハンドと言われるような手術がうまい、特別な技術を身につけた医者がいるとします。そんな医者なら、どこに行っても重宝されるでしょう。

しかしながら「そこそこ知識があり、そこそこ手術もできます」だけではそのうち職にあぶれるようになるかもしれません。それこそコモディティと言われてしまうかも。


本書では”仕事”を6つのタイプに分類しています。

1. トレーダー
2. エキスパート
3. マーケター
4. イノベーター
5. マネージャー
6. インベスター(投資家)


トレーダーは商品を遠くに(もっと売れる場所に)運んで売ることができる人

エキスパートは自分の専門性を高めて、高いスキルによって仕事をする人

マーケターは商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができる人

イノベーターはまったく新しい仕組みを生み出すできる人

マネージャーは自分が起業家となり、みんなをマネージ(管理)してリーダーとして行動する人

インベスターは投資家として市場に参加している人

と説明されています。


トレーダーとして身を粉にし、根性で仕事を続けるのもいいですが、こういう生き方は先が見えなくてつらいです。

エキスパートもいいですが、僕はマーケター、イノベーターとしての視点も持ち合わせていたいなと思います。また、最終的にはインベスターとしても市場に参加したい。そう思っています。

これからの自分の生き方についてここまで考えさせてくれた本は久しぶりでした。コモディティにならないようにというのが僕自身、今後の目標です。


新社会人の人たちには、今この話はピンとこないかもしれません。しかし働き出して何年か経つと必ず気づくはずです。何年も経つ前に一度読んでみることを勧めます。





スポンサーサイト


0 CommentsPosted in

大人げない大人になれ!


04 11, 2011 | Tag,考え方,生き方

大人げない大人になれ!
空気は読まずに、好きなことをやる。

どうでしょう。できそうでしょうか。日本人は協調を重んじる文化ですから難しいかも知れませんね。そういう私も周りの目が気になりますから。

偉業を達成し、歴史に名を残すような人物は、どこがトガっています。周りに合わせることを一番には考えていません。彼らはとことん自分の好きなこと、やりたいことにこだわっているようです。

そして、常識を疑う態度も持ち合わせています。年長者の言うことだからといって、言いなりにはなりません。なかなか勇気のいることです。

本書ではこれらをまとめて”大人気なさ”と表現しています。このような感性を持ち合わせた人物として、物理学者のファインマンや化学者のキャリー・マリス、さらにビル・ゲイツなどが紹介されています。

世界的な偉人を目指す必要はありませんが、彼らから教わることはあると思います。

例を挙げれば、”常識を疑う”、”人と同じことをしない”から始まり、”あえて空気を読まない”などがそうです。

先人がいい言葉を残してくれています。

時には踏みならされた道から離れ、森の中に入り込むのがいい。そこでは、今まで見たこともないものを見出すことができる。アレクサンダー・グラハム・ベル

発明には豊な想像力とゴミの山が必要だ。トーマス・エジソン

自分が興味を持ったものに無駄なことなどないのですよ。


創造性とは、どれだけ平均的な発想から逸脱できるかどうかということである。いつも周囲の空気を読んで、平均の周りで安住していてはそんな発想は得られない。自分の好きなことをひたすらに貫くことのできる大人げない人こそが、平均からかけ離れることができるのである。

これは私が気に入った成毛さんの言葉です。私も時には空気を読まずに、我が道を行ってみようと思います。

大人げない大人になれ!大人げない大人になれ!
(2009/11/20)
成毛 眞

商品詳細を見る



人生を楽しく生きる ”脱力”のすすめ


02 07, 2011 | Tag,生き方,考え方

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
仕事での成功が本当に自分にとっての望むことかは人によって意見の分かれるところだと思います。

もちろん仕事がうまくいって周囲から認められれば嬉しいに決まっています。しかしながら、仕事を頑張りすぎることによって体調を崩してしまったり、大切な人を失ってしまったら元も子もありません。なにも会社で出世して要職につくことだけが幸せではないですよね。

そういう僕もついつい自分の能力を超えたところまで頑張ろうとしがちで、時々疲れます。スキルアップのために今の仕事を寝る暇も惜しんで一生懸命頑張る、とか、忙しいのに時間を作って別の資格に挑戦するとか。やってみることは悪くないと思いますが、自分自身とよく相談しないと後から後悔します。そういう意味で自分の能力をきちんと把握することって大事です。

新しい何かを身につけたければ、身の丈に合った調度いい目標をたてることが大切です。目標を達成できない原因の多くは、その人自身の能力の問題というよりは身の丈に合わない。高すぎる目標設定にあるように思います。人のことなら客観的に見れるのに、自分のことになると周りが見えなくなってしまう。

最近読んだ「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」という本の中に、頑張りすぎてしまう現代人への処方箋のようなことが書かれていました。

この本の著者はブログChikirinの日記を書いているブロガーです。はっとするような世の中の見方について書かれていたりするので、僕はRSSに登録して購読しています。

この本の中では
  • 目標は低く持つ
  • 人生は早めに諦める

と世の中の自己啓発本とは逆をいくような、一見逆説的なことが書かれています。

そんなことじゃあ、一生ダメな自分のままじゃないか。と反論したくなるところですが、本書を読むとこの主張にも納得できます。全く頑張らなくていいということではなく、頑張りすぎないように気をつけようということですからね。誤解のないように。

また、頑張りすぎてしまう原因の一つに、”他人の目を気にしすぎる”ということがあると思います。誰でも人には情けない姿、みっともない姿を見せたくないと思いますよね。
  • 「自分基準」で生きる
  • 人と同じことをしない
これすごく大事です。僕自身に言い聞かせたい。

それと、楽しく生きるためには
  • 欲求に素直に生きる
ことも忘れてはいけない。やりたいこと、食べたい物、良くないからといって全て諦めていたのでは人生の楽しさ半減です。

最後に、この本の著者Chikirinさんの考え方、僕はとても好きなんですよね。すごく世の中のことを合理的に考えていて、それでいてあまり力が入りすぎていない。例えば本書にも取り上げられている
  • 10年以上のローンはダメ
  • 大半の保険は不要
は僕の考え方と全く一緒です。世の中には合理的に考えることだけが幸せへの近道ではありません。

住宅を賃貸にするか、持ち家にするかという話題では、合理的に考えれば賃貸だと思いますが、持ち家を所有することでの幸福感については否定しません。ありだと思っています。

いつもの自己啓発本とはちょっと毛色の違った本書。少なくとも僕にとっての処方箋にはなりました。おすすめできる本です。


ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
(2011/01/20)
ちきりん

商品詳細を見る



いろいろな生き方


08 17, 2010 | Tag,生き方,人生

世の中にはいろんな生き方があって、人ぞれぞれどこに満足を感じるかは違う。

自分自身が満足していれば、自分のペースで生きていればそれでいいのだと思う。

少し自分のことについて書いておくと、僕はじっとしていられない性分のようで、仕事以外に本を読んだり、ブログを書いたり、資産運用のことについて勉強してみたり、趣味のサーフィンもしていないと気が済まない。多少忙しくしていた方が充実感を得ることができる。

ときどきその性分のせいで体調を崩したりなんかして、そのたびにもうちょっとゆっくり生きていこうなんて思うのだけど、数日経つとまた元の生活に戻ってしまう。

今のところ、やりたいことが多くて、時間がもったいないと思ってしまう僕の性分はなかなか変えられそうもない。


でも本当のところを言うと、”人生を「半分」降りた”ようなライフスタイルに憧れたりもする。


”人生を「半分」降りる”というのは、批判精神、懐疑精神を持って、自己中心主義的に、世間と妥協せずに生きるという生き方。一回死んだと思って考えてみるといいらしい。本当に自分がやりたいと思っていることをやる、そういう生き方でもある。


定年を過ぎたらできるだろうか。いつかはこういう半隠遁的な生き方ができるといい。


人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)
(2008/01/09)
中島 義道

商品詳細を見る





自信をつちかう4つの方法


05 27, 2010 | Tag,生き方,考え方,自信

これはどういう状況にあってもあてはまることなんじゃないでしょうか。

1. 縁の下の力持ちになる
さまざまな仕事、とりわけこれまでに経験したことのない仕事を探して、機会を見つけては自分から手をあげ、縁の下の力持ちになろう。

2. 専門性を身につける
専門性を身につけよう。すると、自信とパワーが湧きあがってくるはずだ。

3. 前向きな発想をする
空想の力を活かそう。こころの中でバラ色の空想をすると、成功へのリハーサルになる。空想の中身は、あたかも本物の経験であるかのように心に刻まれるため、一気に自信が強まる。

4. 自信をもつことにより、さらに自信を深める
胸を張って堂々とふるまおう。すると本当に自信がみなぎってくる。たとえ不安を抱えていたとしても、人前では必ず自信を示すのだ。

専門性を身につけることで成功体験を重ねていく。成功体験は自信を深めてくれる。

基本的な態度として、前向きに考えたり、誰かとか組織のために心血を注ぐというのも自信を培う第一歩になるんじゃないでしょうか。


ドラッカー先生の授業 私を育てた知識創造の実験室ドラッカー先生の授業 私を育てた知識創造の実験室
(2008/09/26)
ウィリアム A コーン

商品詳細を見る






0 CommentsPosted in 日記

「なぜ私だけが苦しむのか」


04 07, 2010 | Tag,考え方,生き方

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)
なんで自分はこんなに運が悪いんだろうと感じたことはありませんか?
こんなにつらい目に合っているのは自分だけに違いないとか。

本書を読むと、これから直面するかもしれない不幸なできごとにうまく対処できるようになるかもしれません。全ての年齢層が対象になる本だと思いますが、この時期、期待と現実のギャップに悩みがちなフレッシュマンに特におすすめです。

本書は1981年に初版が出版され、その後アメリカでベストセラーになった本です。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカでは信仰がとても大切にされます。例にもれず本書もそんな宗教との文脈の中で話が進行します。

日本人には特定の信仰を持たない人も多いかもしれません。でも、何か予想もしないような不幸なできごとに見舞われると、天を仰いで誰かに助けを求めたくなるのが人間だと思います。そういう意味ではこの本は日本人が読んでも違和感はないと思います。



信心深い人は、不運で不幸な目に合わない。そう思いたいのですが、そうではありません。同じように、私が何か悪いことをしたからこんな目にあった。バチが当たったんだという考え方も、そうとは限りません。つまり、普段の行いがこれから身に降りかかる不幸な出来事を招くとは限らないということです。

不幸な目にあった時、ちょっと考え方を変えると気が楽になります。「神」に相当する部分は頭の中でそれぞれの「神」に置き換えてください。
この世界にあっては、正しい人に不幸が確かにふりかかる。しかしそれは神の意志によるものではない。神は、人それぞれにふさわしい人生が与えられるよう望んでいるが、いつでもそのようにことを運ぶことができない。

私たちに災いをもたらすのは神ではなく、巡り合わせである。理由のないこともある。

苦悩や悲痛は世界のすべての人に平等に配分されているわけではないけれど、きわめて広範囲にわたって配分されている。つまり、だれもが苦しみや悲しみを味わっているのだ。

と、まあ、予想もしないような不幸なできごとは誰の身にも起こる可能性があって、実際に起きているんだと。

先天性疾患のように生まれたての赤ちゃんが重症な遺伝病を発症していたり、どうしてそんな不条理なことが起こるのか。神にも説明はできないし、そこに理由はないというわけです。

私たちはいつも、「あんなにひどい目にあったのは、きっと私が悪いからだ」と考えてしまいます。この考え方は世界が道理にかなっているはずだという思い込みから生じています。何かが起きたら必ず原因があるはずだという考えです。

私もよくそういう風に考えます。だいたいにおいて、先に原因があって、結果が生じるものです。じゃないと世界がまったく訳の分からないものになってしまう。

そうなんだけど、一部で原因と結果では説明のできないようなことが起こる。いつも原因と結果で考えている人間にとって、説明できないということはなかなか受け入れにくくって、だからこそ、必要以上に原因となったのは自分が悪かったからじゃないのかと責めたててしまいます。

こうやって蟻地獄にはまりがちなのですが、これはつらすぎます。

だから、認めてしまった方がいい。

認めた後、

「こうなってしまったのだから、私は今何をすべきなのか、そしてそうするために誰が私の助けになってくれるだろうか?」

と考えるのです。

起きたことには必ず何かしらの原因がある、という考え方は基本的に正しいと思います。しかし、それですべてを説明できるわけではない。それよりは、すでに起きてしまったことを受け入れて、次に何ができるか、何が必要かということを考えたほうがいいです。



本書はタイトル通り「なぜ私だけが苦しむのか」という疑問にいい回答を示してくれていると思います。世の中楽しいこと、うれしいことばかりじゃありませんよね。つらい目にあっても、それに押しつぶされないようにしないといけません。本書が押しつぶされないように手助けをしてくれると思います。

なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)
(2008/03/14)
H.S. クシュナー

商品詳細を見る





最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。