スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先の見えない夕張医療


06 09, 2010 | Tag,救急医療,医療崩壊

6月1日のmsnニュース。

>> 北海道夕張市立診療所、救急搬送断る 夕張市長「誠に遺憾」 - MSN産経ニュース


それに対して6月7日JBPRESSでの村上医師の反論。

>> なぜ私は救急患者の受け入れを拒否したのか 北海道・夕張の村上医師が救急対応の報道に反論 JBpress(日本ビジネスプレス)

市長は何に対して「遺憾」と言っているのか。

救急患者を受け入れなかった村上医師に対してか、それとも救急患者を迅速に受け入れる体制を作れなかった自分たちの政治に対してか。

市長の発言としては後者であるべきだが、おそらく意図は前者にあるのだろう。

今回の一連の報道を見て、率直に夕張市の医療の再建は遠いと感じた。

夕張医療センターで奮闘しているのはたった一人の医師である。センターというから何人の医師がいるかと思ったらたった一人。

記事にも書いてあるが、一人というのはきつい。かわりがいなければ、24時間365日勤務しなければいけないことになる。徹夜明けでパイロットに操縦桿を持たせるようなものだとはまさにその通りだ。

一人しか医師のいない病院にCPAを受け入れろと。CPAというのは心肺停止状態といって、今まさに死にかけている状態のことを指す。死にかけている患者を、医師が一人しかいない設備の整わない病院に搬送するより、一刻も早く設備の整った病院に搬送した方がいいというのは妥当な判断だ。

一番必要なのはこういう事態にならないように医療機関の人手と設備を整えておくこと。これは自治体が最優先で取り組むべきことだろう。

それができないなら、こういう緊急患者が現れたときに一刻も早く搬送できる近隣の病院を確保しておくこと、だ。

マスコミもマスコミである。当事者である村上医師にまったく話を聞かないとはどういうことなのだろう。ずいぶん浅いモノの捉え方だ。報道こそひとつの事柄を多面的に見て、公平に伝える義務があるのではないか。

夕張市の病院でたったひとり奮闘している村上医師には頭が下がる。自分だったらやってられないと匙を投げしてしまうのではないかと思った。

スポンサーサイト


【ニュース】救急医療の向かう先


12 30, 2008 | Tag,医療,救急医療,時間外加算

軽症なのに救急外来…123病院で「加算金」徴収

今の状況で救急医療を少しでも良くしようと考えるなら、
  1. 救急医療に携わる医師を増やすこと
  2. 救急外来にかかる患者の数を減らすこと


この2点しかないのではないだろうか。


医師の数を大幅に増やすと言っても、この政策が現場で実るのは十年以上先である。これでは当座はしのげない。


上の2点のうち、救急外来にかかる患者の数を減らすの効果を上げているのが、今回のニュースにもある夜間救急外来における全額自費の「時間外加算」である。


日本の医療は国民皆保険、フリーアクセスで、3割負担とはいえそれほど受診に抑制がかかるようなものではなかった。

だから、夜間の救急外来は風邪やら打撲などの軽症患者でごった返すことになる。

もちろん、患者さんは自分自身で軽症か重症化の判別が出来ないから病院を受診するのであろう。

一方で、「夜間の救急外来は昼間の外来に比べて待ち時間が少ないから」といった理由や、「仕事があるから昼間は来れないので夜に来ました」という理由で救急外来を受診する人がいるのも事実だ。昼間は仕事が出来ていたのだから、この場合は救急患者の定義にあてはまらないだろう。


現状では貴重な医療資源を有効に利用するために、このような措置は避けられないことなのかもしれない。



0 CommentsPosted in 日記
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。