スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あとひと手間で印象を変える 【書評】できる大人の”一筆添える”技術


07 15, 2009 | Tag,手紙,年賀状,ビジネススキル

電子メールが隆盛の時代ですが、本書を読むとまだまだ手紙の生き残る余地はありそうだということが実感できます。

プライベートにしろ、仕事にしろ、単なる連絡事項に一手間加えるだけで相手の心に残る印象を残すことができます。それを実現するのが「一筆添える技術」です。

といってもそんなに手の込んだことをするわけではありません。

ほんの一手間です。例えば取引先に頼まれた商品や書類を郵送するとき。ものだけ送るより一筆添えた方が確実に相手の印象に残ります。

自分がもらう立場と思って考えてみてください。商品だけポンと宅急便で送られてくるのと、一言手書きのメッセージを添えて送られてくるのとでは感じる印象が違うはずです。とてもマメな人だ、誠実な人だ、という印象を抱くのではないでしょうか。

できる大人の“一筆添える”技術できる大人の“一筆添える”技術
(2009/03/15)
むらかみ かずこ

商品詳細を見る


本書でお薦めされている一筆添えるのに役立つツールは「一筆箋」です。

一筆箋とは縦18cm×横8cmほどの短冊型の細長い便箋のことです。

3844-412663393b839a5c.png

これに、
「○○様 いつもお世話になり、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。 ○○(より)」
とだけ手書きで書かれてあったとしても、ないよりはずっと好印象なはずです。

「手書き」というのがポイントです。パソコンのメールで変わりばえのしない文字を見るより、多少汚い字でもその人の個性が出ている手紙の方が真心がこもっていると感じます。


本書が薦めるのはとにかく、形式ばらない気軽な一筆です。お礼状の基本文例、形式ばらない時候の挨拶の基本文例が掲載されており、これらはすぐに役立つと思います。

本書に掲載されている年賀状に関する工夫もなかなか良かったです。年賀状には必ず手書きの一筆を添えること。12月20日~25日にあえて日をずらし、クリスマスカードや御用納めの挨拶として年賀状にするという工夫がもらった相手には好評だったそう。試してみたいと思った工夫でした。

できる大人の“一筆添える”技術できる大人の“一筆添える”技術
(2009/03/15)
むらかみ かずこ

商品詳細を見る

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。