スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


40歳の教科書


03 05, 2012 | Tag,教育,子供

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編
英語教育、進学先、お金の知識、挫折との向き合い方、どれも子供の教育に大きく関わることですから一度は考えておきたいテーマです。

今日ご紹介する本はこれらのテーマについて著名人たちが回答し、それらを集めたものです。

今の僕(30代です)が偉そうなことは言えませんが、これらのテーマについて少しは考えたことがあるので、興味深く読みました。

特にこの本をきっかけに再考したのは、英語教育と進学先(中高一貫にすべきか)についてです。


英語教育について

僕があまり英語が得意ではないからでしょうか。ペラペラと英語をしゃべる帰国子女の友人を見ると、やっぱり子供は早いうちに英語漬けにした方がいいと思っていました。

本書に登場する著者たちは極端に早い時期から英語を学ばせるのにあまり賛成ではないようです。

というのも、母国語がおろそかになっていては物事を考えるときに支障をきたすからだそうです。まずは母国語を習得してきちんとした考える素地を作って、その上で次の言語を学んだほうが逆にその子の発達にとってはいいと。アイデンティティを確立させてあげるということでしょう。

そういえばだいぶ前のことですが、昔通っていた予備校の英語の先生が同じようなことを言っていたのを今でも覚えています。

ただ、それって本当なのでしょうか。いささか疑問の残るところではあります。英語を話せるメリットは間違いなくあります。僕が見てきた帰国子女の友人たちは勉強も人格も人並み以上だったんですけどねぇ。

いろいろな意見があります。


学校は中高一貫の方がいいのか

僕自身は地元の公立中高出身なので、私立の中高一貫校のことはよく知りません。最近は公立でも中高一貫というものがあるらしいですね。

もっと若い頃は地元の公立で十分だろうと思っていました。自分がそうだったように。公立の方がいろいろな家庭環境の子がいるし、その中で自分を適応させていく力が養われていく。それが学校というものだと思っていたんですね。

だんだん年をとると、考え方も変わってくるものなんでしょうか。最近は「いやいや子供が学ぶ環境を整えてあげるのも親の役目だろう」なんて考えるようになってます(汗)。人間はとても環境に染まりやすいものですし、自分の子どものこととなると考えが変わるものなのでしょうか。



頭を悩ませる日々が続きそうです。。

あまり大勢に流されず、子供の教育には自分なりの考えをもって関わりたいなと思います。


40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編
(2010/07/23)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト


2 CommentsPosted in
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。