スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高齢者の骨折と死亡率


10 07, 2010 | Tag,整形外科,骨折,大腿骨頚部骨折,論文

femur1.pngなんとなく感覚としてはそうなんだろうなと思っていたのですが、それを論文としてまとめているものがあったのでご紹介。

骨折はあまり死なない病気なんてことがよく思われているのですが、高齢者の骨折はちょっと違います。それ自体が身体の衰えを表しているのでしょう。骨折を契機に具合が悪くなって死亡につながるなんてことがよくあります。

以前に大腿骨頚部骨折で、手術介入の時期による死亡率の差、なんて論文(Early mortality after hip fracture: is delay before surgery important? Moran CG, Wenn RT, Sikand M, Taylor AM. J Bone Joint Surg Am. 2005 Mar;87(3):483-9.)を見かけましたが、今回は大腿骨遠位の骨折でした。大腿骨遠位というのは大腿骨の中でも膝に近いところのことを指します。

Clin Orthop Relat Res. 2010 Sep 10.
Mortality After Distal Femur Fractures in Elderly Patients.
Streubel PN, Ricci WM, Wong A, Gardner MJ.

60歳以上の患者92人、1999年から2009年までのデータに基づいています。

この論文によれば、大腿骨遠位の骨折では頚部骨折と同様、手術の遅延(4日以上たってからの手術)は6ヶ月後死亡率、1年後死亡率に悪影響を与える、というのが結論です。

48時間以内に手術を行った場合の6ヶ月後死亡率は5%、1年後死亡率は6%。それに対して4日以上たってから手術を行った場合は6ヶ月後死亡率が35%、1年後死亡率が47%だそうです。



手術が必要な患者にはさっさと手術をするのが一番です。それは整形外科医なら誰でも分かっていることだと思います。

しかしながら、実際の臨床の現場では手術枠の確保とか、麻酔科との兼ね合いとか、なかなか一筋縄ではいかないハードルが立ちはだかります。

科をあげて、手術室、病院をあげて考えていかなければいけない問題なのです。


スポンサーサイト


マネジメントは病院の中にも必要


04 16, 2010 | Tag,マネジメント,病院,大腿骨頚部骨折

病院にはたくさんの科があって、それぞれの科は部長をトップとし、多くても10人そこらの少人数の構成となっています。規模は違ってもその組織図は会社と同じようなものでしょうか。

どうなんでしょう。いろいろな会社があるでしょうが、まともな会社なら部長が組織のマネジメントについて考えているのだと思います。

各病院、各科によって組織の形態はさまざまでしょうが、マネジメントのない組織は痛い目を見ると思います。



翻って自分が所属する組織について考えてみると、残念ながら、組織としての形態を保っていません。日々患者さんの治療に熱中するのもいいですが、リスク管理や他科との連携、コメディカルとの付き合い方など、改善すべき点がいくつもあると感じています。

いくら個人で自分が所属する組織をよくしようと思っても、リーダーに自覚がないと難しい、というのがもどかしいところです。

例えばある疾患のマネジメントを例に挙げます。大腿骨頚部骨折とい疾患があります。整形外科では非常に多い高齢者の骨折です。

この骨折、受傷後4日以内に手術を行なった場合と行わなかった場合で受傷後3ヶ月での生存率に大きな差が出ることがわかっています。


Early mortality after hip fracture: is delay before surgery important?
Moran CG, Wenn RT, Sikand M, Taylor AM.
J Bone Joint Surg Am. 2005 Mar;87(3):483-9.


早く手術をしないと患者さんの体はどんどん衰えていきますし、尿路感染症や肺血栓塞栓症などさまざまな内科的合併症を併発します。にもかかわらず、手術を行うのは1週間後というのが現状です。患者さんは上のような論文を知らないでしょう。

いくら問題が起こる前に手を打っておこうと進言しても、麻酔科の都合や手術室の空き具合など、さまざまな理由からいつまでもこの状況は改善されません。

限りある医療資源ですから、すべてが理想通りにいくとは限りません。他にも同じような状況にある病院はたくさんあると思います。

「得るものが犠牲やリスクを大幅に上回るなら行動すべき」というのはドラッカーの言葉です。

残念ながら、僕が所属する組織の現状ではおそらく手術前に患者さんに致命的な合併症が起こらない限り変わらないのでしょう。



これはあくまで一例ですが、組織としての形態を保つためには、決定権をもつリーダーの自覚が不可欠だと思います。

リーダーシップの本質
第一の要件:リーダーシップを仕事と見ること。
第二の要件:リーダーシップを地位や特権ではなく責任と見ること
第三の要件:信頼が得られること


病院にも手術のうまい医師以外にリーダーシップを発揮できる医師が必要です。





0 CommentsPosted in 日記
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。