スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストレスとはなんだろう


11 19, 2008 | Tag,ストレス,基礎医学

人として生きていくためには避けて通れないのがストレスとの関係であるように思います。
先日読んだ本、道は開けるでは”悩み”についてがテーマでしたが、今回は”悩み”と関連する”ストレス”がテーマです。

本書は、「そもそもストレスという概念はどうやって生まれたのか?」、「ストレスに対する人体の反応は科学的に説明するとどうなるのか?」という問いに対して分かりやすく説明してくれています。

ストレス学説の発展に関連して、アドレナリンやインスリンの開発の歴史、それに関わったノーベル賞受賞者たちの人間模様などもとても興味深く読め、この部分も本書の読みどころになっていると思います。

ストレスとはなんだろう (ブルーバックス 1604)ストレスとはなんだろう (ブルーバックス 1604)
(2008/06/21)
杉 晴夫

商品詳細を見る


「病は気から」とはよく言ったものです。

心の状態が身体に及ぼすということは既によく知られていることで、心身症という病名もあるくらいです。偽薬を投与して実際に病状が改善するプラセボ効果が存在することも「病は気から」を証明する事実でしょう。

実際の臨床でも、ある症状に対する原因について、ストレスが原因でしょう、という説明はしばしばされています。

病因を解明するのが臨床医学ですが、話はそう簡単ではなく、症状と病因が一対一で対応しないことがよくあるのです。


例えば、インフルエンザの特異的な症状と言えば激しい高熱と関節痛、筋肉痛などがありますが、非特異的な症状には通常の風邪症状と変わらないような微熱、鼻汁、咽頭痛などがあります。

簡単に言うと、診断に直結するような症状が特異的な症状ということです。



非特異的症状に着目し、ストレス学説を築いたのが本書の主人公であるハンス・セリエさんです。

人体になんらかの機械的刺激や精神的刺激が加わると、身体が反応して非特異的な症状を起こします。

ストレスのせいで胃潰瘍ができたり、免疫機能が低下したりします。また、緊張して手に汗をかいたり、心臓がドキドキするのもストレスに対する自律神経を介した身体の反応です。



精神的なストレスに対する反応は、脳に入力されたストレスが神経分泌ニューロンを介して自律神経系や、ホルモン分泌の中枢である視床下部に電気信号として入力されることから始まります。

自律神経系には交感神経と副交感神経がありますが、これらは対の働きをしていて、たとえば交感神経は心臓をドキドキさせますが、副交感神経は心臓をゆっくり動かします。イメージとしてはピンチにの時に活発になるのが交感神経で、リラックスしている時に働いているのが副交感神経です。

ストレスに暴露され続けていると、身体に対して慢性的な変化を起こします。
高血圧などは好例です。
三大疾病の中に心筋梗塞や脳卒中がありますが、これらの原因に高血圧が少なからずあります。



私たちの心の状態と大いに関係がある”ストレス”ですが、これにどう対処していくかというのが永遠のテーマになります。

ストレスへの対処法というのは、ストレスをストレスとして認識しないようにする、ということしかないのだと思います。ある人には精神的なストレスでも、他の人にとってみれば精神的ストレスとして感じないこともあるわけですから。

本書では、そのためには”意思の力を利用する”ということ以外は書かれていませんが、他にも工夫の余地はあるようにも思います。

行き着くところは外的ストレスに対する自分の感情にどう対処するかということになるのだと思いますが、一つの解決策として道は開けるでも書いたようなことが役に立つでしょう。



本書では本当に優れた科学者は課題解明者ではなく、課題発見者であるということが主張されています。

たしかに、本日のテーマである”ストレス”のように、何となく皆が感じていることを課題として設定できる力が大切なんだと思います。

そういう意味でハンス・セリエさんは科学におけるイノベーションを起こしたと言えるのだと思います。


スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。