スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


医師不足を改善するためには医師を増やすだけでは不十分


11 29, 2009 | Tag,医療,,医療問題,医師不足,コラム

医師不足を解消するために医師の増員、そして医学部定数の増員などの手が打たれている。

これは中長期的には有効な手段だろうと思うが即効性はない。

医師不足の原因は絶対的な医師数の不足に加えて科による医師の偏在があると思う。

絶対的な医師数の不足に対してはすでに手が打たれているわけだが、医師の偏在を解消するための策はまだ十分ではない。

産科や小児科の医師数が足りないことがニュースなどでも大きく取り上げられているので、これらの科に対する待遇は今よりもっと良くなるだろう。

ただ、現場で疲弊しているのは何も産科や小児科だけではない。


外科系の各科だって人手が足りないのだ。

内科だってそんなに悠々自適に医師としての仕事をしているとは思えない。

忘れてはいけないのが、時間内外を問わずまだまだ医療は現場の医師の奉仕的精神によって成り立っているということだ。

先日の朝日新聞にこんな記事を見つけた。

0-41266459f53579be.png
現場の医師たちが疲弊している理由の一つに、診察や検査のオーダー、診断、手術や内視鏡的手技などの医師でなければできない仕事、それ以外の仕事が多いことがある。


診断書を書いたり、紹介状やその返事を作ったり、入院要約を書いたり、などの事務仕事。


これは都内で顕著なのだが、採血や点滴注射などのコメディカルなどでもできる医療行為。採血や点滴は看護師でも行えるはずなのに、医師でないとしちゃいけないというのはどうも理解に苦しむ。


アメリカではNP(ナースプラクティショナー)という資格を持った人がいて、この人たちは日本で医師が行っている医療行為の多くの部分を行うことができるらしい。


手術なら、準備から執刀の一部までNPがやってしまい、術者は肝心なところだけ行う、と。だからアメリカでは日本で一日2件くらいしか行えない手術も5件とか平気でやってしまうことができるらしい。


こういうしくみを聞くと、アメリカの医療は合理性が追求されてるなと思う。



こういう他国のしくみは日本にも取り入れられる部分があるんじゃないかな。医師不足に対応するために、単に医師の数を増やすだけではなく、NPのような医療行為をおこなうことができる職種、こういう資格ができれば現場の疲弊感はもう少し改善されるのではないかと思う。

ちなみに、診断書は医師以外の事務の人たちが作成を手伝ってくれるようになってますよ。どの病院でもってところまでは今のところいってないみたいだけど。
スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 日記

まずは蛇口をしめないと


03 09, 2009 | Tag,医療,医師不足,女性医師

先日読んだ本に関連して医師不足について思ったことがあったのでエントリーしておきます。


医師不足解消のために考えられる必要なことは3つあると思います。

1.医師の絶対数を増やす
2.やめていく女性医師をもっと有効活用する
3.やめていく勤務医を減らす



医師不足問題の解決案として、医学部の定員増加、臨床研修の短縮など総数を増やすことばかりが話し合われているような気がします。たしかにこれも有効でしょうが、先に解決しなければならない課題は2と3のほうだと思います。医師の総数が増えても本当に必要な勤務医の数を増やさないと意味がないからです。



やめていく女性医師をもっと有効活用する

昔に比べると医学部の定員のうち女性の占める割合が増えていますので、30~40%くらいが女性でしょう。そうすると、毎年3500人~4000人の医師が誕生していますが、そのうち1200人くらいは女性なわけです。現在の勤務医としての労働環境で女性が結婚をして子供を産んで、育てるとなると、仕事はこれらのライフイベントをきっかけにやめざるを得ないというのが現状です。昼も夜も関係なく、自分の受け持ち医に何かあれば家庭を犠牲にしても病院に駆けつけなくてはならないのが多くの医療現場での実際です。

女性医師がこの現状をどう考え、どのように対応しようとしているかというと、病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)に書かれていたので紹介しておきます。
1.女医としてのキャリアは捨て、若いうちに嫁に行く
2.早く一人前になる科を選ぶ
3.結婚・出産しつつ、でも男性並みのキャリアも積む


3は現実的ではないでしょうね。あまり3のような人生を選択しようとしている若い女医さんは見かけません。自然なことだと思います。
1に関してですが、これが意外にも多い。
もともと「医師免許は嫁入り道具」程度に考えてすぐに結婚する女医もいるし、予定外に良い人に出会ったり妊娠したりして現場から離れていく女医はわりと多い。
(p.91)


2ですが、これはある意味賢い選択なのかもしれません。
例えば外科系と一言で言っても、一般外科、心臓外科、脳外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻科、美容外科などなどたくさんあり、そのハードさにもバラつきがある。当然、一人前になるために要する時間にも差があるわけだ。最近の傾向で、皮膚科や眼科、形成外科、美容外科なんかが女子医学生に人気なのもこのような理由があるのだろう。緊急で呼ばれることも少なく、患者の命に直接関わることの少ない科は働きやすい。出産したら外来のパートだけ、なんてフレキシブルな働き方が可能なことも多い。
(p.91~p.92)


ここに引用したことはは紛れもない現実だと思います。異論ありません。実際に中規模以上の病院で勤務している医師をインターネットや病院の医師紹介などでみてみると、例えば40歳以降の女性医師の顔が圧倒的に少ないことに気付くと思います。



話は変わってやめていく勤務医のことです。

やめていく勤務医を減らす

研修医というよりは即戦力になるベテランの医師が必要というのが病院側の本音でしょう。研修医は雑用を押し付けるにはちょうど良いのかもしれませんが、実際に現場を指揮するのは経験を積んだ医師です。大きな病院を見ていると、若手医師のわりにベテランの医師が少ないことに気付くと思います。

これは、医師として経験を積んでいくと、実力がつき、その結果開業するなど、仕事の選択肢が増えることも関与しています。選択肢が増えると、自分のスキルに見合った働き方を選択できるようになります。

例えば美容外科などは形成外科で専門的な教育を受けて専門にする医師もいますが、中には一般外科からいきなり美容外科に転身したりすることもあります。そんなんで出来てしまうのも怖いのですが、収入の面でも大きな病院で勤務医をやるのと美容外科をやるのでは大きな違いがあります。美容外科は通常自由診療といって医療行為の値段は言い値で決まるので、利益を追求した医院経営ができるのです。

このように、現在の日本の医療界は、「病気で苦しむ人を助けたい」、「満足な医療を受けられていない人のために働きたい」と思えば思うほど、勤務医と、開業医や美容外科の間で格差が開いていくしくみになっているのです。



2の問題にしろ3の問題にしろ、医師の労働環境が未熟なことに原因があります。

解決策として提案するなら、医師の勤務体制を主治医制から看護師のようにシフト制にしてみるのどうでしょうかね。

このまま労働環境や労働条件が改善されていかないのであれば、いつまでも医師不足の問題は解決されないのではないかと思います。



関連記事:医学部を目指す前に読んでおいた方がいい一冊 【書評】病院はもうご臨終です


参考:
病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書)
(2009/01/16)
仁科 桜子

商品詳細を見る




最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。