スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほうじ茶の落とし穴


09 10, 2012 | Tag,健康,お茶

small__2834394520.jpg
photo credit: toughkidcst via photo pin cc

最近は緑茶派というよりめっきりコーヒー派なわたくしですが、緑茶は毎日5杯以上飲むと、血管系疾患リスク低減、高齢者脳機能障害抑制、糖尿病発症抑制に効果があるそうです。

ちなみに緑茶に似たものとしてほうじ茶があると思います。僕はほうじ茶の味も好きなのですが、要注意なことがありますので一言。

ほうじ茶は、煎茶や番茶を200℃前後の高温で焙じるため、煎茶に比べカフェインやカテキンが20%程度減少しており、ビタミンCが激減するそうですよ。

同じお茶だからといってほうじ茶を飲んでいると、望んでいた効果が得られないかもです。

お茶も嗜好品だと思いますので、味を楽しむという意味では落とし穴でもなんでもありません。あしからず。


参考:お茶の機能 生活習慣病予防効果 山本(前田)万里 医と食 第4巻3号

スポンサーサイト


来年もいいスタートをきるために。日頃のカゼ対策もお忘れなく。


12 31, 2009 | Tag,ヘルスケア,医学,健康,風邪

今年最後のエントリーとなります。
日頃当ブログに足を運んでくださるみなさん、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

さて、寒さもどんどん厳しくなってきています。
一昨日に引き続きヘルスケア関連の話題をお届けします。

みなさん、今年はカゼひきませんでしたか?
ひいていない人はラッキーですね。日頃の自己管理の賜物かもしれません。
ひいた人はつらかったですね。健康の大切さを身にしみて感じたはずです。

インフルエンザが流行してますが、ただのカゼにもまだまだ注意が必要です。
カゼをこじらせて肺炎になって入院?
若い人なら大丈夫でしょうが、高齢者や持病のある人は警戒が必要です。

カゼの原因で多いのはウイルス感染。
原因ウイルスとしては特に単純性ヘルペスウイルスってやつが多い。
インフルエンザじゃないんですね。

カゼ予防に手洗い、うがいはもはや当たり前の予防策ですね。
これをきちんとしてない人は今日から心がけましょう。


他にはビタミンやミネラルの摂取が有効なようです。

 >>My Health Today: Top Three Causes of Cold Sores

この記事の中には他にとっておいた方がいいビタミン、ミネラルが紹介されていました。

ビタミンCは有名です。
ビタミンC以外にもビタミンBもいいみたいですよ。
ともにストレスと戦うビタミンです。

個人的には上の記事の中でミネラルの話が新鮮でした。
亜鉛がいいみたいです。亜鉛はウイルスをやっつけてくれるそう。

そして、カルシウム。これも大切みたい。
カルシウムは骨を作っているだけじゃないんですね。
血液のpHをアルカリ性に傾けて、これがカゼ予防にいいのだそうです。

血液がアルカリ性気味の方が細胞は酸素を多く取り込むことができて、ウイルスと戦う力も強くなるのだそうです。
カルシウムの摂取量の目安は1000mgとなっています。


ビタミンB、C、亜鉛、カルシウム、このあたりはこの冬を乗り切るために普段から摂取しておいた方がよさそうです。
ものぐさな私は、オールインワンのミネラル入りマルチビタミンなんかを使っています。

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒
(2005/05/11)
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る





最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。