スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


持ち家か賃貸かについての終わりなき議論。僕なりの結論。


08 08, 2012 | Tag,不動産,住宅

持ち家が得か賃貸が得かの議論は尽きることがないですよね。

僕の今の個人的な意見は賃貸です。

その理由としてまず一つに、住宅価格はどれだけ築浅でもいったん誰かの手に渡ってしまえばその価格は2割~3割減になってしまうことがあります。

その2,3割には不動産会社の利益や宣伝費が含まれます。大型の新築マンションで、近くに専用のプレハブや小ビルが建っているのを見たことありませんか?あれの建設費や土地代などもしっかり上乗せされています。


第二に、住宅ローンの利息分に払う金額が意外とバカにならない、ということがあります。

例えばですよ、4000万円の住宅を頭金1000万円で35年ローンを組んだとします。金利は2.5%にしてみます。そうすると毎月の支払額は10万円ちょっと、ボーナス月はそれに加えて10万円(年2回)ちょっとを支払うことになります。

そうすると、35年で支払う総額はざっくり4500万円くらいになります。1500万円分は借りたお金の利息に支払うことになるのです。


第三に、買った住宅は資産になるというけど、買った時よりも目減りするかもしれません。
バブル期までは不動産価格はうなぎ登りでしたが、その後どうでしょうか。35年経った時に、どれくらいの価値が残るか。


第四に、住宅を維持するにもお金はかかる、ということも見逃せません。

マンションなら修繕積立金や管理費などがかかります。この前うちのポストに入っていた新築マンションのチラシにはこれらのお金がトータル3万円と書いてありまた。

35年経って、いっさい直しが必要ないという物件はあり得ないでしょうから、35年後にまた少なくとも数100万円程度のまとまった支出が待っているということです。


第五に、いったん買ったら引越しができない、ということも重要です。

これが一番かもですよね。僕みたいにたびたび引越しをしていると、持ち家は現実的ではないです。せっかく買ったのに、すぐ引越しでは悲しすぎます。新築で買った物件をすぐに売ることになった場合、一番初めに書いたように大損ですから。

それに、隣に引っ越してきた人がうるさくて迷惑な人だったらどうしましょう。こういうことは予測ができません。
以上は僕がなるべく合理的に考えた”賃貸派”である理由です。


しかしですね、ほんとのことを言うと持ち家に憧れたりもします。

結局、持ち家か賃貸かについては結論が出ることはないのだと思っています。個人の価値観や前提にする条件で大きく主張が変わってきますから。

頭金を大きく用意して住宅ローンを小さくする、中古の物件を購入する、これから先引っ越すことはないという見込みがたつ、これらの条件が僕の”持ち家”購入の基準です。

条件が整わなくてもですね、住宅ローンは時間をお金で買っているという側面もありますから。もう今の時点でこの先引っ越すことはないという方や、ある程度の頭金を用意できる方は持ち家を買ってしまうのも手ではないでしょうか。不動産価格が上昇傾向ならもちろん買いです(先のことは分からないのですが・・・)。
スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 日記
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。