スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「12歳でもわかる!決算書の読み方」


07 26, 2010 | Tag,決算書,会計


12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~
読めるようになりたいけど、思うようになかなか読めるようにならないのが決算書ではないでしょうか。

本書は以前に紹介した「
借金を返すと儲かるのか?」の著者による最近の一冊です。

わたしは会計本をいくら読んでも、実際に決算書を読んでみないことには読めるようにはならないということを実感しています。

ただ、実際に読んでみようにもコツがあるようで、それを会計本を読んで身につけたいと思っています。会計本を1冊読んで、一個でも使える知識が得られたらもうけものという感じです。

細かい用語の解説をした本はたくさんあっても、決算書にたくさん書いてある専門用語のどこに目をつけて、どう解釈すればいいのかを解説した本はそう多くないと思います。だから、なかなか実際に決算書を読んでみる気にならない。

しかし、今日紹介するこの本はちょっと違いました。タイトルに「12歳でもわかる!」と書いてあって、これはいささか誇張されすぎな気がしましたが、たしかにわかりやすいと思った部分もありました。

例えば、貸借対照表の以下の図です。

doc0061_01.jpg

企業の貸借対照表を手にしながら、手順1から5にしたがって読みといていきます。

全体的に右上がりの状態が会社の経営状況としてはいいそうです。

本書の中ではシチズンとセイコーを例に挙げて説明されています。


これを見ながらさっそく私も決算書を読んでみました。わたしが読んだのは、トヨタ自動車【7203】トヨタ自動車(株)と日産自動車【7201】日産自動車(株)です。

日本を代表する企業であるこの2社ですが、実は”右上がり”になっていません。

理想的には”右上がり”がいいのかもしれませんが、業種が違うとそう単純にはいかないのかなと思いました。


今回実際に決算書を見てみたことで、すこし決算書に対するハードルが下がった!?ような気がしています。

本書には他に、”会計テトリス”を使って利益がどうなっているか調べるといったおもしろい方法も掲載されています。

決算書アレルギーの人にとっては読んで損はない一冊かと思います。

【関連記事】
借金を返すと儲かるのか? - メタノート


12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~
(2010/02/19)
岩谷誠治

商品詳細を見る


スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 会計

借金を返すと儲かるのか?


07 21, 2010 | Tag,会計,財務諸表


借金を返すと儲かるのか?
タイトルに対する答えは減る、増える、変わらない、の3パターンあって、いずれも正解。


会計(簿記)的に考えると、借金を返せば資産、負債ともに減少するだけなので利益に変化はない。

会計・経営的に考えると、将来の金利負担の減少により利益は増える。

財務・ファイナンス的に考えると、財務レバレッジ効果が減少するため利益は増える。


文章だけではよくわからないこの説明も、本書にある会計テトリスというものを見るとわかってきます。

本書は財務諸表そのものを十分に読み解くというものではありません。在庫が経営に与える影響など、財務諸表を利用して会社のお金の流れなどを感覚的に理解するという内容になっています。

財務諸表は見るだけでアレルギー反応を起こす人も多いようです。私もその中の一人ですが、株式投資をするために会計の知識を得たいと思っています。

この本の著者は会計士であり、会計知識のビジネスへの応用を指導している方。なかなか説明がわかりやすいと思いました。


借金を返すと儲かるのか?借金を返すと儲かるのか?
(2009/06/23)
岩谷 誠治

商品詳細を見る



次は、最近の著作である「12歳でもわかる決算書の読み方」という本を読んでみたいと思います。



0 CommentsPosted in 会計

会計天国


09 30, 2009 | Tag,会計,ビジネス,起業

話の主役は娘の結婚式直前に、交通事故で突然生死をさまようことになった経営コンサルタント。

天国と現実の間に離脱してしまった彼はそこで天使と出会います。天使は彼に5つの課題を与えます。その5つの課題をクリアすることができれば、生きるという選択肢を選ぶことができます。5つの課題は、会計士でもある彼が生前に関わったことのある人々を彼のアドバイスで幸せに導くというものです。

本書はタイトルから察する通り、この物語を通じて実社会に役立つ会計に関する知識を伝えようとしています。

会社を経営するために財務諸表の読み方が役立つのはもちろんのこと、部下を評価するのにも財務諸表の知識って役立つんですね。

会計天国会計天国
(2009/04/21)
竹内 謙礼 青木 寿幸

商品詳細を見る


本書を読んでまずほぉー、と思った箇所は、部下を評価するのに適切な指標は売上ではなく「利益」であるというところでした。

売上売上と言っても、例えば売上を増やすのに多額のリベートが必要だったらその分利益は目減りしているはずです。売上が少なくてもリベートやかけている経費を少なく抑えてあれば利益は大きくなります。

これってどの仕事にも言える生産性の考え方と一緒ですね。医者の仕事ではあまり生産性は評価されませんが、たとえば人工関節の手術を一日に5件こなす外科医と、1件こなす外科医では実績に差が出ます。とは言っても、安全性や術後成績が確保されての話ですから、単純に数で評価はできませんね。


もう一つおもしろいいなと感じた箇所は、多角化経営で出てきたこの部分です。

1.同じ業種に事業を拡大することで規模の経済性が発生して、利益を大きくする
2.川上、川下に事業を拡大することで、コストの削減やお客のニーズに応える
3.多角化経営することで、将来の会社全体のリスクを小さくする

1から3の順でリスクが高くなります。だから事業を拡大させたかったら、1から3の順で進めていくべきで、いきなり3をやると経営は傾いていきますよ、ということです。

これを読んで考えていたのは、今自分がやっていることです。副業に興味があっても、これまでに全く縁のなかった業種に手を出すのは危険だということですね。

自分がやることを一つの事業として考えると、本職を軸にして自分の市場価値を上げることが先決だなあと思いました。自分の本職は整形外科ですから、それを軸にして、例えば関連した専門医の資格(リハビリ専門医とか脊椎脊髄病認定医とかね)をとっていった方がいいのではないかと。

ブログで書く、本についての記事は本業と全く関係ないですが、それはそれでしょう。大部分趣味ですから。


正直、会計についての話は専門用語が多いわりに図が少なく、理解するのに苦労します。しかし、本書を読むと、ビジネスパーソンなら基本的な会計の知識は持っておいた方がよさそうだ、ということが実感できます。私にとってはそれだけで十分でした。

仕事で財務諸表に触れる機会もないので、以前に読んだ会計本の知識も忘れがちです。おそらく財務諸表をたくさん読んだり、それを何度も自分で書いたりすることで読めるようになるはず。ビジネス本を読むだけではなく、一度集中的に勉強してみる必要がありそうです。

まずは目標設定です。まだ勉強を始める気はないので、来年2月にある試験あたりを照準に頑張ってみたいと思います。

会計天国会計天国
(2009/04/21)
竹内 謙礼 青木 寿幸

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in 会計

【書評】偽ロレックスを買う人は、どうして一生貧乏なのか?


03 25, 2009 | Tag,会計

偽ロレックスを買う人は、どうして一生貧乏なのか?偽ロレックスを買う人は、どうして一生貧乏なのか?
(2009/03/05)
黒野 修資

商品詳細を見る

本書は堅実にお金を貯める方法について書かれた一冊。

会計の知識を利用してうまく自分の財産管理をしましょう、ということです。会計の知識といってもそう難しいものでは在りません。難しい用語はほとんど出てきませんし、登場するのはバランスシート(貸借対照表)や減価償却費などの言葉くらい。

なんとなくで生活している人ほど、大きなローンを組んでしまい、いつの間にか「利息分だけでこんなに払ってしまっていたの?」という状況になりがちです。本書はそういった、自分の気付かないところで自分の財布からぼろぼろこぼれ落ちているお金をきちんと把握、管理して上手にお金を貯めていきましょうというものです。そうすれば、サラリーマンでも退職までに1億円貯めるのも不可能ではないといいます。

では、このカラクリはどういったものなのでしょうか?

続きを読む »



【書評】稲盛和夫の実学―経営と会計


01 26, 2009 | Tag,稲盛和夫,経営,会計,経営者

稲盛和夫の実学―経営と会計稲盛和夫の実学―経営と会計
(2000/11/07)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


本書の著者稲盛和夫さんは京セラの創業者です。技術畑から20代で京セラを起業し、一代で世界的な企業に育て上げた名経営者です。

本書は稲盛さんが実践してきた、経営者として身に付けておくべき会計の知識についての本となっています。個人的には会計の細かい話も分かりやすく興味深かったのですが、稲盛さんの経営哲学が随所に書いてあり、そこがとてもおもしろかったです。経営者の本というと、最近では海外のものが多いような気がしますが、日本にも優秀な経営者というのはきっと多く存在するのだろうと思いました。


稲盛さんの会計学の原点は

「私が知りたかったのは、会計や税務の教科書的な内容ではなく、会計の本質とそこに働く原理」

というところから始まります。

そして、稲盛さんの経営全てに通じるのは

「経営の立場において私はいわゆる戦略・戦術を考える前に、公平、公正、正義、努力、勇気、博愛、謙虚、誠実というような、人間として何が正しいのか、ということを判断のベースとしてまず考えるようにしている」

という考え方です。稲盛さんの経営者としての考え方の根底にはこのような理念があったのです。



本書に書かれている会計にまつわる経営の原則は7つあります。

 1.キャッシュベース経営の原則
 2.一対一対応の原則
 3.筋肉質経営の原則
 4.完璧主義の原則
 5.ダブルチェックの原則
 6.採算向上の原則
 7.ガラス張り経営の原則

です。

1.キャッシュベース経営の原則
キャッシュフロー計算書が当たり前になる前から既にこの考え方を取り入れていました。勘定合って銭足らずで黒字倒産することにならないように、キャッシュフローを考えることが大切です。


2.一対一対応の原則
モノがあっても伝票が後からではこれも勘定合って銭足らずになりかねません。そこで伝票とモノは常に一対一対応させることが大切です。


3.筋肉質経営の原則
まとめて買えば安くなったように感じるけれども、使わなければ結局無駄になりトータルでのコストは高くつきます。必要最小限のものを買うようにしましょう。


4.完璧主義の原則
経営における会計ではどの点でも矛盾のないよう完璧を追求します。


5.ダブルチェックの原則
ミスや不正はダブルチェックで防ぎます。人間は間違うものだし、間違いを犯しやすいものです。そこで自分以外の目を通すことでこのような事態を避けます。

ちなみに、病院の中でもミスを防ぐのにこのダブルチェックが当たり前になっています。


6.採算向上の原則
採算を向上させるために、時間当たりの採算にこだわります。

この点もそうなのですが、これらは経営の話なのですが、勉強本にも通じるものがありますね。


7.ガラス張り経営の原則
京セラはいち早く情報開示や投資家のためのIRを行っていて、このような公正さが企業価値を上げることにつながったようです。



「企業の使命は、自由で創意に富んだ活動によって新たな価値を生み出し、人類社会の進歩発展に貢献することである。」

稲盛さんは、経営者としてだけでなく、人間としても素晴らしい人なんだろうなと感じました。



企業を読む。~「1秒!」で財務諸表を読む方法~


12 29, 2008 | Tag,会計,財務諸表,決算書

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本
(2008/01/25)
小宮 一慶

商品詳細を見る

本書の著者は小宮一慶さんで、著者の本は以前にビジネスマンのための「読書力」養成講座 ビジネスマンのための「数字力」養成講座を紹介しました。

著者の本に共通して言えるのは、どの本も徹底して読者の目線で書かれていることです。本書もそうでした。会計について詳しくない人にこそ、うってつけの本です。

会計における三種の神器は「貸借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」ですが、本書では他にも、「固定費と変動費」、「増し分利益」、「直接原価計算」、「PPM」、「付加価値」といった内容にも触れています。

著者は一般のビジネスマンが決算書を利用するのに、その決算書を”作る”知識は必要ないと主張されています。必要な部分だけを読み取れる知識があればいいそうです。

本書から決算書の知識を学ぶことで、「企業の成長性」や「経営の危なさ」が測れるようになると思います。


決算書を読む時全てにあてはまると思うのですが、常に同一会社を時系列で比較すること、同業他社と同時期での比較を行うことが大切です。


本書の中からここだけは、というポイントを絞ってご紹介。


貸借対照表

流動資産と流動負債

貸借対照表でどれか一つと言われれば、コレ。
流動資産が流動負債を下回ってなければ、突然借金を返せなくて倒産するということにはならない。


自己資本比率(純資産÷資産)

目安は15%以上。中長期的な安定を表す。
黒字倒産ということもあるので、キャッシュフローが確保されていることに注意。


ROA(資産利益率=利益÷資産)≧WACC(Weighted average of cost of capital:加重平均調達コスト)

資金を調達するのに、負債で調達するか株式で調達するか、どちらが割安か?
もちろん、負債で調達したほうが割安。
そうでないと、株主は株を買わないでしょう。債権を買うはずです。
WACCというのは、負債による調達コストと株式による調達コストを平均したものです。
このコストが利益(営業利益)より低くないと、企業は儲かりません。
だから、ROA≧WACCなのです。

ちなみに、この式を成立させるには、ROAを大きくする以外に、WACCを小さくする方法があります。
自己資本比率が高い場合、純資産も大きいはずですが、この時資金調達コストも大きくなります。(負債の調達コストより株式での調達コストの方が大きいから。)
だから、企業にとっては自己資本比率が高すぎるのも問題ということになります。ちなみに、平成19年のトヨタの総資産が約32兆円であるのに対し、有利子負債はなんと約12兆円もあります。



損益計算書

資産回転率(売上高÷資産)に注目。

資産を有効に使って利益を伸ばしているか、資産の有効活用具合が分かる。



キャッシュフロー計算書

営業キャッシュフローがプラスであるのは当然(でないと会社はつぶれる)ですが、ここでは投資キャッシュフローにも注目する。どこに注目するかと言うと、

有形固定資産の取得≧減価償却費

減価償却費より多く設備投資にお金を費やしてないのでは、成長する気がないのか、その余裕がないのかのどちらかという解釈が成り立ちます。



固定費と変動費

航空運賃の話。
特割やら早割やら早めに予約すると手に入る、かなり格安の航空チケットがあります。この仕組みは固定費と変動費で考えると説明がつきます。航空会社はとにかく早く固定費を回収したい(損益分岐点に早く到達させたい)ので、最初のうちは儲けが少なくても安いチケットをどんどん売って、利益を確定させてしまおうとしているのです。だから、格安航空チケットはキャンセルをすると、ものすごく高い値段をとられるのです。

こういうことを考えると、「なんであんなに高いキャンセル料をとられないといけないんだ?」という気持ちもおさまります。

最近、私もこのチケットを変更せざるを得ない状況になり、チケットの7,8割のキャンセル料をとられてキャンセルした、という苦い経験がありますが、ここまで高いキャンセル料をとるのには、損益分岐点に早く到達させる、という目的があったのです。著者も同じ経験をされたとのことで、すごく腑に落ちました。


本書の後半は会計というよりは、利益モデルの話になっていき、小林製薬や花王の話が出てくるのですが、それはそれでとても興味深く読めます。


会計の話は専門用語が飛び交うので、難しく感じるし、なかなか分かったようで分かってないような状態が続きます。しかし、財務諸表が読めれば、ニュースもよりよく分かると思うし、株式投資にも役立つと思います。

今後も根気よく取り組んで行きたいと思います。


参考記事:
あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編
ビジネスマンのための「読書力」養成講座
ビジネスマンのための「数字力」養成講座



0 CommentsPosted in 会計

女子大生会計士の事件簿 DX.5 とびっきり推理なバースデー


12 21, 2008 | Tag,山田真哉,会計,小説

女子大生会計士の事件簿  DX.5 とびっきり推理なバースデー (角川文庫)女子大生会計士の事件簿 DX.5 とびっきり推理なバースデー (角川文庫)
(2008/09/25)
山田 真哉

商品詳細を見る


本書はさおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学で一世を風靡した山田真哉さんの本です。「さおだけ屋~」がとても面白かったので、他の著作もと思い、読んでみました。

本書は最近の発刊なのですが、DX5とある通り、過去に1~4までのシリーズがあります。

会計という専門的な内容を、一般人にも分かるように解説しようという試みは「さおだけ屋~」の時と変わりません。前提として持ち合わせている言葉が同じであれば、専門的な内容を伝えるのは容易でしょう。しかし、本書のように専門的な内容を素人に伝えるのは思った以上に難しいのではないかと思います。


本書は推理小説形式のストーリーになっており、会計の話は

1.「二千円札と無敵のお嬢様」事件
内部統制に不備がある会社の監査要点(アサーション)について

2.「とびっきり推理なバースデー」事件
厳しいノルマを課せられた社員による不正・粉飾。これも内部統制に関わる部分。

3.「探しものは0パーセント」事件
海外のファンドを使った「連結外し」。
山一証券やエンロン、日興コーディアル証券やカネボウなどの事件が背景にあります。

4.「最後は本当の姿で」事件
自社株売却のカラクリ。
種明かしは自社株の売却は収入にはなるが、利益にはならないということなのですが、これはあのライブドア事件が背景にあります。

推理小説としての完成度は?な部分がありますが、こういう形で実際に起こる会計の不正操作や粉飾決済をドラマ化して読者に提示してくれている点はとてもありがたいと思います。

小説形式なもあり、疲れている時でも漫画を読むような感覚でサラッと読めると思います。


ちなみにこの女子大生会計士の事件簿シリーズはBS-iでドラマ化されたそうです。私は見ていませんが、主要チャンネルで放映されていたら見ていたかもしれません。


著者の山田真也さんのブログはこちら
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』100万部?日記

これを見ると、なんと2009年1月8日からTBS系でも放送されるとのこと。時間が深夜2時59分かららしいのですが・・・。この時間では観るならビデオに録るしかないですね。

興味のある方はご覧ください。




0 CommentsPosted in 会計
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。