スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先進国と途上国の違いに人種は関係ない 「銃・病原菌・鉄」


02 01, 2010 | Tag,名著,歴史,言語,人種

これまで考えたことがありませんでした。同じ地球上に生まれたのに、人類はどうして地域によって違いがあるのでしょう。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ある国では先進技術を駆使してハイテク生活を満喫していたり、そうかと思えばいまだに原始的な生活を送っている人がいたり。


同じ地球上であるにも関わらず、文明や文化を異なる形式で発展させた人類。どのようにして今のような勢力図になったのか。本書はそんな疑問に答えてくれる一冊です。



本書の中で個人的に特におもろしかったのはフランシスコ・ピサロ率いる少数のスペイン軍が、インカ皇帝アタワルパの大群に勝利するところですね。この勝利に、タイトルにもある銃、病原菌、鉄が大きな貢献をしています。


発達する文明

この時代のヨーロッパはすでにといった戦闘に有利な道具をそろえることができました。

そして、船を作って遠く離れた場所に行くことができ、言語を発達させ情報の伝達をスムーズにすることができました。

また、中央集権の政治機構を整えて、集団を統治することができました。

これらの文明を支えていたのは狩猟ではなく、農耕や牧畜を中心とした定住生活です。

農耕を可能にするのは農耕に適した土地や気候です。牧畜には適性ある野生種の存在が必要です。こういった地理的条件は文明の発達にものすごく影響しています。

「歴史は民族によって異なる経路をたどったが、それは居住環境の差異によるものであって、民族間の生物学的な差異によるものではない。」

条件のそろった地域が他の地域に先んじて文明化していくわけです。生物学的要因よりも社会的要因の方が大きいということ。そう考えると、人種の優劣を例えば肌の色で決めたりすることもバカバカしく考えられます。先進国と途上国の差は人種が原因になっているわけではないということもわかります。


文明と病原菌

さらに、忘れてはいけないのが病原菌というファクター。

農耕や牧畜が盛んになると、そこには病原菌が繁殖してきます。

ユーラシア大陸では、天然痘、麻疹、インフルエンザ、ペスト、結核、チフス、コレラ、マラリアといった致死率の高い動物由来の感染症が人間に感染するようになり、過去ヨーロッパなどでは大流行をしました。

病原菌に対する免疫力を高めた人種が、免疫を持たない人種が住む大陸に進出したらこれは大変です。免疫を持たない人たちは壊滅的なダメージを受けても不思議ではありません。これはピサロがインカ帝国に勝利することができた要因の一つになりました。


文明の発展はいつまでも続くのか

文明を発展させていく過程については分かりました。じゃあ、いったん発展したらその発展は永遠に続くのか。いや、どうもそうではないようです。

例えば中国なんかはいちはやく独自に高度な文明を発展させていたのに、現代近くになるとその発展はヨーロッパやアメリカの後塵を拝しています。世界を牽引するリーダー国にいちはやくなっていてもおかしくないのに。これって不思議です。

実はこの原因の一つに船団派遣の中止があります。ここで誤った選択をしたということです。ヨーロッパなんかは数々の国が乱立する中で、戦争をきっかけにするなどして、技術や文化の伝播を進めてきたわけです。ところが、中国はこれを自らやめてしまった。ここがヨーロッパと中国の違いだというのが著者の主張です。

「環境は変化するものであり、輝かしい過去は輝かしい未来を保証するものではない。」

ということです。ドキッとするようなこの言葉、覚えておくといいかもしれません。


銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る

銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る


繰り返し読みたい一冊だと思います。

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。