スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【書評】「R25」のつくりかた


04 27, 2009 | Tag,マーケティング,セールス

「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)
(2009/02)
藤井 大輔

商品詳細を見る


「R25」というフリーペーパーをご存知でしょうか?

そう聞いたのはR25が首都圏でしか手に入らないからです。このフリーペーパーは首都圏の主要な駅に木曜日になると置いてあります。フリーペーパーと思ってあなどってはいけません。おもしろいんです。マンガのようなおもしろさではなく、社会人としてちょっとしたタメになることが書いてあるのでついつい手にとって読んでしまいます。

残念なのは置いてある駅が限られていることです。私も一時期は通勤経路の駅にR25が置いてあったのでよく読んでいましたが、勤務先が変わるとともに利用している駅にR25が置いてなかったりして、読めなくなってしまいました。

R25は首都圏だけで発行されているフリーペーパーにも関わらず、発行部数が100万部を超えることもあったそうです。

本書はR25という、大成功をおさめているフリーペーパーの仕掛け人である藤井大輔さんの著書です。立ち上げ時の苦労話から今後の展開までR25にまつわる幅広い話がおさめられていて、とてもおもしろい本でした。



R25はM1という世代をターゲットにしたフリーペーパーです。M1というのは25歳から34歳までの世代です。この世代を購買に向かわせるのは至難の業とされているようで、いわばこの世代はブルーオーシャンだったわけです。

R25の編集者がすごいのはこの世代の本音を見抜いたところでしょう。というのもM1世代というのは本音を語らないからです。私たちの身の回りのM1世代はどうでしょうか?なんとなく「カッコつけ」だけど、実は自分にいまいち自信がない。「新聞なんて読んで当然」と言っているわりには、行動が伴っていない。けど政治や社会のことなど知らないことが多いことには気づいていてなんとなく焦りは感じている、そんな世代です。


R25編集者はこの点に注目して

閉塞感の中で「変わらなきゃ」と思っているビジネスマンに対して

街中で手に入る無料の週刊誌。帰りの通勤電車30分で「いま」がわかる情報誌。

M1男性の「変わらなきゃ」という気持ちを勇気づけ、行動を支援する。M1世代を元気にし、日本を消費・行動の両面で活性化する。



そんなフリーペーパーを押し付けではない兄貴的視点で作ったのです。

徹底して読者の視点に立てたのがR25の勝因だったのだと思います。著者である藤井さんの試行錯誤なども伝わってきてその辺も読み応えがありましたよ。


スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。