スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【書評】思考のボトルネックを解除しよう!


01 18, 2009 | Tag,思考,ボトルネック

思考のボトルネックを解除しよう!思考のボトルネックを解除しよう!
(2008/08/18)
石川 和幸

商品詳細を見る


ボトルネックという言葉はザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かに登場する言葉です。
工場などの工程をを想像してみると比較的分かりやすいと思うのですが、例えばAさん、Bさん、Cさんがいたとして、それぞれの人が1時間当たり10個、7個、5個の部品を作ることができるとします。(それぞれが担当する3つの部品で1つの機械が出来上がるとします。) Aさん、Bさん、Cさんの順に横並びになってベルトコンベア上で作業を行うとすると、単位時間に出来上がる機械の数は一番優秀なAさんの能力ではなく、Cさんの能力に規定されることになります。この場合、Cさんがボトルネックということなります。

本書ではこの考え方を知的生産にあてはめて考えています。途中でいくつかのフレームワークやMECE、ロジックツリーが出てきますが、そこは著者がコンサルタントである強みなのでしょう。



思考のボトルネックは、「知識」、「選択」、「生/活力」の3つに分けられます。

知識というのは情報を収集して、加工して、アウトプットするところまでで1セットと考えたほうがよいと思います。知識がボトルネックになる場合は、情報の海に溺れて、必要な情報になかなかたどり着けない状態というのがそうではないでしょうか。

著者の情報収集法の中でいいなと思ったのは、読書は目的別に柔軟に読み方を変えて読む、というものです。ここで初めて言われていることではないのですが、読書に限らず対象によって読むスピードやその方法を変えるのは、効率的に情報を収集する上で大事だと思います。なにせ日々、目に入ってくる情報は膨大ですからね。


選択のボトルネックは、「これは出来そうもないな」とか「今はやめておこうかな」といった、目の前のことにしり込みしてしまう状態に生じています。もしかしたらその前提は間違っていて、簡単とはいかないまでも、なんとかこなすことができるかもしれません。まずは自分の中で築き上げてしまった前提を取り除く必要があります。


生/活力のボトルネックは文字通り、健康など身体的なものから、家族関係などの精神面に影響することまで、もしかしたらこれが一番3つのボトルネックの中で大きな影響力を持つかもしれません。「やる気」がない状態があるというのは私たち共通の悩みだと思いますが、やる気を発揮するには目標を明確に定めることや、最近私もはまっているGTDなんかを利用するといいかもしれません。


何はともあれ、自分の中のボトルネックはどこにあるかを把握するのが先決ですね。

私の場合は「知識のボトルネック」を改善するために、GTDを導入中です。情報収集にもGTDの考え方が使えるかもしれません。この習慣が数年後まで続いているかまだ今の時点では分かりませんが、とりあえず続けてみたいと思います。

スポンサーサイト


最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。