スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


電動歯ブラシに合う歯磨き粉というか洗口液


01 26, 2013 | Tag,ヘルスケア,洗口液


ブログを更新しました。

 >> 電動歯ブラシと相性の良い歯磨き粉

デンタルケアの話題。

最近虫歯治療に歯科医院に計4回通いました。平日の夕方に仕事を終えてダッシュで駆け込んでいました。

結構めんどくさくて、毎日のケアと定期的な検診が大切だと今さらながら思った次第です(前にも同じように思ったことがある(汗)。進歩がないですね・・・)。


スポンサーサイト


0 CommentsPosted in 日記

【お口のケア】フィリップスの電動歯ブラシ(ソニッケアー)が最強だった件


12 23, 2012 | Tag,電動歯ブラシ,ヘルスケア

人生で初めて電動歯ブラシを購入してみました。

最近歯肉から出血することがあり、軽い歯周病になっていたのでなんとかせねばと思っていたからです。

毎日朝晩は必ず5分〜10分かけてきちんと磨いていたつもりだったのですが、歯科に行ったら磨き残しが多い!と言われてしまいました(涙)。

そこで教えてもらったのですが、歯磨きの基本はブラシを歯、歯肉に軽く当て、細かくたくさんブラッシングすることなのだそうです。

しっかり磨きたいと気合が入ると、つい力が入ってしまい、すぐに歯ブラシの先が開いてダメになるなんてこともありました。まったくもって効率の悪い歯磨きだったわけです。

しばらく前にネット界隈ではコストパフォーマンスの高い商品として電動歯ブラシが挙がっていたのを思い出したのでちょっと調べてみることに。

するとまさに理想とされる歯磨きの仕方である軽く当てて、細かくブラシ先を動かすという目的にぴったりではありませんか。さらにフィリップスの製品は超音波でブラシが届きにくい部分の歯垢も落とせるとのこと。

これまえ手磨きにこだわっていたのがアホみたいなのですが、決めたら即行動。即決即買いしてしまいました。

フィリップス社のソニッケアーです。

これが届いた商品。デザインが素敵!グラスも付属なのですが、驚いたのはこうして電動歯ブラシを置いておくだけで充電できてしまうということ。よく考えられています。
ソニッケアー5

グラスはグラスで普通に口をゆすぐのに使えます。
ソニッケアー4

スイッチオンしてみたところ。ライトの色合いもおしゃれ。
ソニッケアー1

付属のケース。
ソニッケアー2

USBケーブルが接続できるようになっています。ケースに入れたまま充電ができてしまう!
ソニッケアー3

使い始めて約1ヶ月ですが、いいですよ〜。よく磨けていると思います。値段はそんなに安くないですが、コストパフォーマンスの高い商品だと納得しました。

口腔内のケアは歯間ブラシも一緒に使うとさらに効果的です。使ってみると思った以上に歯と歯の間にゴミが溜まっていてびっくり。



0 CommentsPosted in 日記

来年もいいスタートをきるために。日頃のカゼ対策もお忘れなく。


12 31, 2009 | Tag,ヘルスケア,医学,健康,風邪

今年最後のエントリーとなります。
日頃当ブログに足を運んでくださるみなさん、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

さて、寒さもどんどん厳しくなってきています。
一昨日に引き続きヘルスケア関連の話題をお届けします。

みなさん、今年はカゼひきませんでしたか?
ひいていない人はラッキーですね。日頃の自己管理の賜物かもしれません。
ひいた人はつらかったですね。健康の大切さを身にしみて感じたはずです。

インフルエンザが流行してますが、ただのカゼにもまだまだ注意が必要です。
カゼをこじらせて肺炎になって入院?
若い人なら大丈夫でしょうが、高齢者や持病のある人は警戒が必要です。

カゼの原因で多いのはウイルス感染。
原因ウイルスとしては特に単純性ヘルペスウイルスってやつが多い。
インフルエンザじゃないんですね。

カゼ予防に手洗い、うがいはもはや当たり前の予防策ですね。
これをきちんとしてない人は今日から心がけましょう。


他にはビタミンやミネラルの摂取が有効なようです。

 >>My Health Today: Top Three Causes of Cold Sores

この記事の中には他にとっておいた方がいいビタミン、ミネラルが紹介されていました。

ビタミンCは有名です。
ビタミンC以外にもビタミンBもいいみたいですよ。
ともにストレスと戦うビタミンです。

個人的には上の記事の中でミネラルの話が新鮮でした。
亜鉛がいいみたいです。亜鉛はウイルスをやっつけてくれるそう。

そして、カルシウム。これも大切みたい。
カルシウムは骨を作っているだけじゃないんですね。
血液のpHをアルカリ性に傾けて、これがカゼ予防にいいのだそうです。

血液がアルカリ性気味の方が細胞は酸素を多く取り込むことができて、ウイルスと戦う力も強くなるのだそうです。
カルシウムの摂取量の目安は1000mgとなっています。


ビタミンB、C、亜鉛、カルシウム、このあたりはこの冬を乗り切るために普段から摂取しておいた方がよさそうです。
ものぐさな私は、オールインワンのミネラル入りマルチビタミンなんかを使っています。

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 100粒
(2005/05/11)
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る





マスクはしておいた方がいいですよ


12 29, 2009 | Tag,ヘルスケア,風邪,マスク

咳は病原菌をまき散らします。インフルエンザが流行しだしてから町にはさらに多くのマスク姿をみかけるようになりました。

今日紹介するのは、”マスクをすると、咳による病原菌の飛散をどれくらい抑えられるか”を視覚的に説明したビデオです。

>> Video: Real-Time Schlieren Imaging of Coughing

ちなみにこのビデオでは普通のマスクとN95マスクが登場します。

11720-4126648af6512957.png右の写真ではBにあるのがN95マスクです。

N95マスクは結核菌すら防御できるすごいマスクですが、普通、簡単には手に入りません。

ビデオを見ると、マスクをしてない場合としている場合でだいぶ病原菌の飛散量や到達距離に違いが出ることが直感的に分かりますね。

でも、このビデオを見る限りN95マスクは自分に対する防御に有効だとしても、病原菌をまき散らす側の人には有効ではありませんね。安いマスクと変わりません。

つまり、N95マスクはこれから感染するかもしれない人には有効ですが、感染させるかもしれない人にはあまり必要がないということですかね。

どっちにしろ感染した人これ以上感染を拡大させないために、これから感染する危険がある人は感染してしまわないために、マスクはつけておいた方がいいですよ。




【ユニチャーム】 ソフトーク超立体マスク 1箱(100枚入)【ユニチャーム】 ソフトーク超立体マスク 1箱(100枚入)
ソフトーク
商品詳細を見る




ニキビ痕をなおす8つの方法


12 25, 2009 | Tag,医学,ヘルスケア,ニキビ,皮膚

スキンケアの話題です。

私も昔はニキビができたりして悩んでたことがあります。

  1. Hydrate The Skin
  2. Vitamin E Intake
  3. Rosehip Seed Oil Benefits
  4. Healthy Diet
  5. Rosewater and Sandalwood Combination Paste
  6. Dermabrasion For Skin Layer Removal
  7. Laser Skin Resurfacing
  8. Chemical Skin Peels

Vitamin E の摂取と簡単にできていいんじゃないでしょうかね。Vitamin E はサプリの内服、オイルとして肌に塗る、どちらも有効なようです。細胞の代謝回転を早くしてくれるらしいですよ。

もちろんバランスのとれた食事なんかも気をつけるといいみたい。暴飲暴食した後は肌が荒れますよね。

ローズヒップの種からできたオイルやローズウォーター、サンダルウッド( 白檀(びゃくだん) )などの美容系商品は試してみてもいいのかなとか思いました。ローズヒップ系のものは比較的簡単に手に入りそうだし。

他の項目、6は表皮を剥離してもらう方法、7はレーザーを使ってきれいにしてもらう方法、8は薬品を使って肌を生まれ変わらせる方法です。病院に行ったり、通わないといけないから少し手間ですかね。

まずはVitamin E からでしょうか。参考までに。

>>8 Ways To Remove Or Improve The Look Of An Acne Scar | MyHealthToday.com


ネイチャーメイド ビタミンE 400IU ファミリーサイズネイチャーメイド ビタミンE 400IU ファミリーサイズ
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る
ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル ファミリーサイズ 200粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル ファミリーサイズ 200粒
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る






ドライスキン対策で知っておきたい7ポイント


12 11, 2009 | Tag,ドライスキン,医学,スキンケア,ヘルスケア

だんだん寒さが厳しくなってくるとともに、お肌の乾燥が気になってくるようになってきました。

体の中には冬でも汗かくところは汗かくのに、乾燥してしまう部分もある。不思議なものです。

私は仕事柄よく手を洗うので、すでに手がカサカサ気味です。

ドライスキンについて書かれた海外の文章があったのでご紹介。

>>My Health TODAY: What Are the Top Causes of Dry Skin?
  1. Knowing your skin
  2. Moisturizer
  3. Dry Air
  4. The long hot showers you have
  5. The soaps you use
  6. The clothes you wear
  7. Pathological Conditions

肌の状態を知って、加湿器を適宜使い、乾燥した風を避ける。

このあたりはよく普及していることかと思います。


勉強になったのは以下の2点でした。

  • 長湯を避ける
シャワーにしてもやはり熱いお湯に長時間あたらない。熱いお湯は肌を乾燥から守っている皮脂を奪い去ってしまうんですね。


  • 石鹸に気をつける
石鹸やボディーソープで体をごしごし洗いすぎない。これも皮脂をすっかり落とし去ってしまいます。


2点ともに共通しているのは、皮脂を落としすぎないように、ということです。皮脂は体の汚れでもあるのですが、乾燥から守るバリアでもあるということです。


他、病気に関連して乾燥しやすくなる場合もあります。糖尿病、甲状腺機能低下症、乾癬、低栄養といった病気などです。


正しいスキンケアをして乾燥厳しい冬を乗り切りましょう。



最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。