スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネットビジネスのお手本 【書評】600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス


07 21, 2009 | Tag,良書,クックパッド,ネットビジネス

仕事柄さまざまな起業家にインタビューしている著者ですが、その著者がこれまで見てきた中で感じた事は「成功している企業の共通点は謙虚さ」だそうです。これは多くの成功本を読んでいても感じることです。本書の主人公であるクックパッドもその例外ではありません。

600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)
(2009/05/07)
上阪 徹

商品詳細を見る


クックパッドは料理レシビを提供するウェブサイトです。それは単なるレシピサイトではありません。利用者の中心が30代~40代の主婦層中心とはいえ、タイトルにもあるように、その利用者の数は驚くほど多いのです。

私自身は料理をあまりしないのですが、気になったのでウェブサイトも見てみました。

非常にシンプルで驚きました。広告は入っていますが、あまり邪魔にならない。しかも操作性がとてもいい。そんな印象をうけたサイトです。


本書にはそんなクックパッドがどういうサイトで、どういう人たちが作ったのかについて書かれています。

料理には興味のない男性も、ウェブマーケティングをする上で必ず役に立つ内容なのではないかと思います。


なぜ女性はクックパッドにレシビと投稿するのか?

これは一番疑問に感じていた点です。
レシピサイトにレシピを探しに行く気持ちはよく分かるのですが、レシピを投稿しようという気持ちがよく分かりませんでした。しかし、本書を読んで分かりました。日記がわりにブログを書くのと同じ心境だと。

自分が作った作品(料理)は誰かに食べてもらって、「おいしかったよ」と言ってほしいものだと思います。しかも「おいしかったよ」と言ってくれる人が多いほど嬉しいはずです。それは人間は基本的に認められたいと考えている生き物だからです。コメントのやりとりができたりなんかすると、それはもうSNSに似た機能を帯びてくるので一層のめりこんでしまいます。


いかに不快感なく広告を表示させるか

クックパッドは無料サイトですから、利益を上げるためには広告を掲載する必要があります。クックパッドがすごいのはサイトを見に行ってもあまり邪魔だと感じる広告が少ないことです。余計な広告がありません。これは掲載されている広告を料理関係のものに限定しているからです。

秀逸なのがレシピコンテストというアイデアです。企業が売りだしたい商品を題材にしたコンテストを行うのです。コンテストで買った人はスポンサーからプレゼントがもらえるし、企業は効率よくマーケティングが行えます。参加する人も主催する人もwin-winな関係を築いています。だから、このレシピコンテストでは広告主は利用者に感謝されるそうです。


実は技術の追及もすごい

クックパッドは技術面の開発にも優れています。利用者はパソコンの前で待たされているとすぐに別のサイトに移動してしまいます。ページの表示速度が速いのは、そういった利用者の傾向を把握した上でできたものです。本当に触ってみるとすぐに反応しますよ。

すごい検索技術
クックパッドの検索技術見逃せません。
「じゃがいも」で検索したら「メークイン」も含まれたレシビが出てこなければいません。しかし、「メークイン」で検索た場合は「じゃがいも」が含まれないようなレシビが表示される必要があります。利用者はそこまで求めているのです。他にも「白菜」で検索した時にただ白菜を使った料理だけでなく、残った大量の白菜を一気に処分できるようなレシビが求められていたりします。そういった利用者のわがままに徹底的に対応して技術改良を積み重ねているのです。


説明書はいらない


クックパッドのページは非常にシンプルで分かりやすくできています。レシピの投稿に関しても、その簡便さは際立っています。ipodだってiphoneだって説明書を読まずにいきなり使い始められます。説明する必要のないインターフェイス、これは売れるものに共通する機能なんだと思います。


新書ですが、非常に読み応えのある良書でした。

600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)
(2009/05/07)
上阪 徹

商品詳細を見る




スポンサーサイト


ネットで稼ぐ!? 【本】「Eコマース成功の条件」


01 04, 2009 | Tag,ネットショップ,ネットビジネス,eコマース

楽天のベストショップ経営者が教えるEコマース成功の条件

Eコマースというのはネットビジネスのことですが、ネットショップ専門の会社で経営が成り立っているのは全体の何%でしょうか?



たった1%です。


ブログもネットビジネスの新しい形態として良いのかもしれませんが、ブログはそもそも商品を買うために訪れる場所ではないので、ビジネスとして成り立たせるのは難しいかもしれません。アフィリティエイトやアドセンスを上手く使って利益を出すことは、アルファブロガーと呼ばれる人々なら可能かもしれませんが、一般のブロガーでは良くて小遣い稼ぎくらいなのではないでしょうか。

楽天のベストショップ経営者が教えるEコマース成功の条件楽天のベストショップ経営者が教えるEコマース成功の条件
(2008/12)
Eコマース戦略研究所

商品詳細を見る


本書ではネットショップを約10年前から始めて成功させた3つの会社(アンジェ北国からの贈り物桃源郷)が、その成功の秘訣や、苦労話を詳しく披露してくれています。ネットショップを始めようと思っている人、すでに始めている人にとって参考になるのはもちろんですが、ブログでアフィリティエイトを使って収入を得ようと思っている人にとっても参考になる点はあるのではないでしょうか。



ネットショップ経営の成功のカギは、アクセス数を上げること、商品が宣伝通りの品物であること、クレーム対応などの顧客対応が行き届いていること、などがあります。


ウェブ上では相手の顔が見えづらいというのがメリットでもあり、デメリットだと思います。顔が見えない時に私たちは、注文した商品がきちんと届くだろうか?、思ったとおりの商品が届くだろうか?、もしかしたら実物は写真と全然違うものだったりしないだろうか?などなど様々な不安にさいなまれると思います。

この「信用」という問題をクリアするためには、誠実な対応を積み重ね、顧客を味方につけてプラスの評価をしてもらえるようなコメントをもらうという以外にはないようです。


また、アクセス数というのは大きな問題です。
1000アクセスあって1商品が売れるくらいの確率なので、とにかくアクセス数は上げなければなりません。ネットの世界では上手くやらないと誰もそのサイトの存在に気付かないという事態が起こり得ます。これではいくら良い商品を揃えていても無駄ですよね。

そこで、各社が取り入れたのは、バナー広告の出店、楽天とのコラボ、他のネットショップとのコラボ、メールマガジンの活用などです。

あとはキャッチフレーズや商品の写真に付属させる説明書きが大切です。買い手をその気にさせる必要があります。

ホームページのデザインについてですが、これはあまり重要でなく、あくまで探している商品にすぐにたどりつけるかというような機能性を重視すべきとのことです。



ネットショップの手法をブログ運営という視点から考えると、楽天とのコラボは様々なランキングサイトに自分のブログを登録することと対応しそうです。他のネットショップとのコラボは他ブログとのリンクと同じ意味を持ちそうです。メールマガジンを発行しているブログさんもありますよね。

また、人の目を引くようなキャッチフレーズは、ブログのアクセス数アップにも役立つはずです。



この3社のネーミング、「なんか怪しげだな」、と感じたのは私だけでしょうか。
たしかにネーミングはいまいちかもしれないのですが、きちんと利益を上げている企業なので、そのノウハウは参考になるところがあると思います。


本書を読めば、あなたのブログ運営に役立つヒントがあるかも。




最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。