スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心を上手に透視する方法


05 01, 2012 | Tag,コミュニケーション

心を上手に透視する方法
見ているようで見ていない。僕たちには自分の見たいことしか見ていない習性があります。

「あなたの自宅に赤いものはいくつありますか?」

突然聞かれてはっきりと答えられる人はいないと思います。あらかじめ質問されることが分かっていれば答えられたでしょう。こういうのをカラーバス効果といいます。

視覚から得られる情報は膨大ですから、いちいち全部に反応していたら大変です。フィルターをかけて見ることで余計な情報をシャットアウトしているのでしょう。


ところで心を透視できる人はこのような「みんなの視界に入っているはずだけど、みんなは見ていないこと」を注意深く観察しているようです。

特に体の細かな反応をよく観察するようです。


例えば、

口が開いていると「もっと情報がほしい」
固く閉じていると「もうその話いらない」

自分の首を見せるのは誘っているサイン

誰かと話すときは肩の向きを相手と平行にする
興味があれば聞き手の足は話し手の方を向いている

手を開いているのは隠し事をしていないサイン
こぶしを握っていると何かを控えておきたいサイン

ズボンのポケットから親指が出ているのは自分が優位に立っていることを示すサイン

などなど。


たしかに納得する部分もありますね。


他のテクニックとして、

誰にでもあてはまるようなことを相手に投げかけることで、それをきっかけとして相手から話を聞き出す。その相手は自分から話したことなのにいつの間にか「どうしてこの人は私のことがそんなに分かるんだろう」という気分になっている。

というのもあります。


占い師が使うコールドリーディングという手法と同じです。


心を投資するというと大げさですが、相手の仕草から相手の考えていることを推し量るというのはコミュニケーションの道具として悪くないと思います。

自分が人の話を聞いている時、どういう姿勢で聞いているか振り返るのにもいいですね。

覚えておくと明日からさっそく使えるかも。


心を上手に透視する方法心を上手に透視する方法
(2011/08/25)
トルステン・ハーフェナー

商品詳細を見る


スポンサーサイト


0 CommentsPosted in

初対面の人の名前を覚えるコツ


04 23, 2012 | Tag,コミュニケーション

small__4704140020.jpg
photo credit: Neal. via photo pin cc


4月は出会いの季節ですね。その4月ももう終わろうとしています。

新しく出会った人の名前はもう覚えましたか?

僕自身、知り合った人の顔を覚えるのは得意なのですが、名前を覚えるのはあまり得意ではありませんでした。

顔を覚えていても名前を思い出せないのではあまり意味がありませんよね。

この残念な状況から脱出すべく、僕が今行なっている工夫が2つあります。ある程度は効果が出ている!?と思っています。


1. 誰かと知り合いになるときには、初めて会ったその場で名前を覚えようと決意すること

そんな単純なこと?って思われるかもしれませんが、これだけでもいけることが多いです。自己紹介されてもただ聞いているだけで覚えようとせず、聞き流しているだけだったんだなぁと実感します。


2. 同じ名前の既に知っている人を思い出す

それでもダメなら会ったばかりの相手と同じ名前の友人や知り合いを思い浮かべるようにします。著名人でもいいと思います。意外と効果的ですよ。

何かを記憶しようと思ったら、それに関連する事柄を紐付けする。


名前を覚える以外でも、あらゆる場面で使える記憶に関するちょっとしたコツです。

お金も時間もかかりませんので、みなさんもよかったら試してください。



0 CommentsPosted in 日記

タモリさんに学ぶ会話の秘訣


04 21, 2012 | Tag,コミュニケーション,会話

small_4012030328.jpg
photo credit: Stéfan via photo pin cc


笑っていいともは国民的テレビ番組ですが、なかでもテレフォンショッキングにおけるタモリさんの話術は目を見張るものがあります。

話術と言いますか、相手に話をさせる技術です。

”会話上手になる秘訣は、相手にたくさんしゃべらせること”とは多くのビジネス書で言われてきていることです。

結果的に会話が成立しているわけですから、話術と言ってもいいでしょう。

相手にしゃべらせるためにはどうしたらいいのでしょう?

まず一つに”あいづち”を打つことです。タイミングよく、テンポよく。「へー」「なるほど」「勉強になります」「それいいですね」などなど単調にならないように言葉を変えながらです。


次にボディランゲージです。アイコンタクトも含みます。

人間のコミュニケーションのほとんどは言葉で行われていないとアメリカの心理学者、アルバート・マレービアン博士は言っていることです。

顔の表情 55%
声の質(高底)、大きさ、テンポ 38%
話す言葉の内容 7%


だそうです。内容以外が93%!?


あとはストックスピールという手法が使えそうです。

これは相手がすでに経験していたり、すでに考えたことがあったりしてものすごく話しやすい話題を取り上げる手法です。

「あなたはこれまでに一度くらい転職や独立を考えたことがあるんじゃないですか?」
「今、好きな人がいるでしょ?」
「〇〇さんって自分の意見が相手にうまく伝わらずに苦い経験をした事がありません?」
「○○さんって、自分よりも相手が嬉しそうにしてくれるのに喜びを感じるタイプだよね?」「○○さんって、本当は相手の事を思っているのに、気持ちを誤解されちゃう事があるでしょう?」
「○○さんって、好きになったら相手の期待に答えようとして、ちょっと無理しちゃうところがあるでしょう?」

など。

一部でも当たっている内容をこちらから質問にして相手に投げかけることで、相手は安心し、話しやすくなります。

どうでしょう?少しは明日からの生活に役立ちそうな内容があったでしょうか?

僕自身、話が上手な方ではないので、タモリさんを見習って一歩でも会話上手に近づきたいですね。


なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?
(2012/01/14)
内藤 誼人

商品詳細を見る



デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)
(2011/09/20)
ウジ トモコ

商品詳細を見る



0 CommentsPosted in

相手に9割しゃべらせる質問術


10 29, 2011 | Tag,コミュニケーション

相手に9割しゃべらせる質問術 (PHP新書)
会話を長く成立させようと思ったら自分が話し続けるより、相手に話してもらっていたほうがうまくいきます。

自分が話し続けていると途中で息切れがしてきて、話が続かなくなり、二人の間に沈黙が訪れて・・・みたいな。

それに話し続けなくてはいけないというのは結構プレッシャーですよね。二人の間に流れる沈黙が怖くなります。


この本は、数多くのバラエティ番組から企業やファッションなど幅広く手掛けるプロデューサーであるおちまさとさんの作品です。彼はインタビュアーとしての自分のスキルに自信を持っています。

そんな彼の質問術に関する一冊です。質問する側が一方的にしゃべるのではなく、相手にしゃべらせることに主眼を置いています。

読んでみて僕がたしかにそうだな、参考になるな、と思ったことを一部紹介します。


自分からぶっちゃけてカミングアウト

カミングアウトされると、こちらも心を開きやすくなります。

これは相手が自分からお互いの間に存在する”壁”を取り外そうとしていると感じるからなのだと思います。同情も入っているのでしょうけど。

あまりよく知らない人に自分の内面をさらけだすのは、ちょっと勇気がいりますが有効だと思います。


現在→過去→現在→未来の順で話を展開する

現在:「この企画の特徴は?」
過去:「そもそも、この企画の発想はどこから?」
現在:「なるほど、だから今若者に人気なんですね」
未来:「企画の第二弾は?」

話の展開の仕方として参考になります。こういう型を身につけていると、安心できます。

また、本書では”そもそも”という単語が困ったときに使えるマジックワードとして紹介されています。


相手の話を要約してタイトルをつける

「つまり、損して得取れみたいなことですよね」

これも納得がいきます。相手に対してあなたの言うことを聞いていますし、理解もしていますよと言動で示せば、相手は話しやすくなります。


僕自身、あまりよく知らない人との会話はあまり得意ではないです。ついつい早く切り上げてしまいがちです。あれこれテクニックについて考えることも有効でしょうが、積極的に話しかける姿勢は忘れずにいたいですね。



0 CommentsPosted in

身につけたい とっさの会話力


07 23, 2011 | Tag,会話,コミュニケーション,コーチング

予想していないところで会話が発生することってありますよね。会話というのはそんなものです。いきなりの電話とか、突然の質問とか。

特に自分から会話を始める時ではなく、相手から話が切りだされる場合にとっさの会話力というものが試されると思います。

僕の場合は勤務中に突然電話が鳴って、患者さんのことでコンサルトされる時に経験しています。会話が終了してしまってから、あれを話すの忘れたとか、これを話しておけばよかった、なんてこともしばしばです。

そんなとっさの状況でなぜうまく切り返せないのかと考えてみると、感情に支配されすぎて冷静さを見失ってしまうということがあると思います。

会話というのは常に他者の反応があるものです。しかも時間制限つきです。焦りも生じます。

相手の話に耳を傾けるというのは大切な事なのです。

しかしながら、耳を傾けすぎることの弊害もあるように思います。自分が主張すべき内容を見失いがちになるからです。

会話にのめり込み過ぎず、一歩引いた視点を持つ。こういう姿勢も大切なんじゃないでしょうか。

冷静に、的確に会話をマネジメントできるようになりたいものです。


会話のマネジメント コーチング選書 02会話のマネジメント コーチング選書 02
(2004/11/18)
M.コノリー、R.リアノシェク 他

商品詳細を見る





2 CommentsPosted in

よい話し手はよい聞き手 よい聞き手になる7ステップ


06 07, 2011 | Tag,コミュニケーション

  1. 時間をとる:話をせかさない。沈黙も大切。相手に気分を落ち着かせ、考えをまとめる時間を与える。
  2. 相手を尊重する:頭から否定せず、さえぎらずに最後まで聞く。そして途中で口を挟むのは止める。
  3. 聞いているという姿勢を示す:話し手の意見を聞いているんだと耳を傾けていることがわかるような姿勢を意図的にとる。特に、眉間にシワを寄せたり、髪をいじるなど無意識でも関心がないと思わせるような行動は相手の話す意思を削ぐので注意。肯定的なノンバーバル・メッセージが効果的。うんうん頷いたりとか。
  4. 判断しない:悪意がなかったとしてもあなたの意見が話し手の話す意思を削ぐ場合がある。思ったことがあってもあえて途中で言わないようにする。
  5. 自分が理解しているかどうか、ときどき確認する:「こう理解したのですが、おっしゃったのはこういう意味ですか?」とか。
  6. 客観的になる:感情、考え、先入観を排除して聞く。
  7. 肯定的なノンバーバル・メッセージを出す:うんうん頷いたり。動作で話を促す。

図解コーチングマネジメント図解コーチングマネジメント
(2005/04/21)
伊藤 守

商品詳細を見る


0 CommentsPosted in

会話上手になるためのポイント


09 06, 2010 | Tag,会話,コミュニケーション

初対面の人との会話、目上の人との会話、身近じゃない人との会話が望む、望まないとに関わらず様々な場面で経験すると思います。

そんな時、軽く話ができて、時間を持たせることができたらいいですよね。

実は会話上手な人が実践していることというのは、面白い話をする、ということだけではありませんでした。

盛り上がる会話は「自分が何を話すか」ではなく、「相手に何を話させるか」にかかっていたのです。


そこで問題になるのが、どうやってうまく相手から話を引き出すかです。

根本にあるのは、相手に気持ちよく話してもらうということです。


聞く

1.うなずく
「へー」とか「ほー」とか「はー」とか。表現は色々あると思いますが、うなずきのバリエーションを増やしておくといいでしょう。

さらにあなたの話に興味を持っていますという風に、感情をプラスするとなおよしです。

2.あいづちを打つ
相手から会話を引き出す決定的な手段です。

 「それは嫌でしたね」
 「ついてないよね」
 「課長も無茶言うね」

と相手が思っているだろう気持ちに焦点をあてて、あいづちを打つと効果的です。

一つ例を。相手の言葉に対する二通りの返事。どちらが会話を膨らます返事でしょうか?


 「先週末、軽井沢でショッピングをしてきたの。」

→ 「えー、天気はよかったですか?」
→ 「楽しかったんでしょうね。」

意外かもしれませんが、1番目の返事では、「そうです、よかったんですよ。」と返事されて、そこで会話終了、となる危険があります。

ところが、2番目の方なら、感情に訴えているぶん、「そうなんですよ、軽井沢には隠れたいい店がありましてね。」なんて形で広がる会話につながりやすいわけです。

だから答えは、2番目の方です。

「でしょうね」は使えるあいづちなんです。 


3.共感する

これも相手から会話を引き出そうと思ったら大事です。あいづちと通じる部分があります。

 「それはしんどいですね」
 「それは楽しみですね」
 「さすがですね」
 「それはお幸せですね」

 「嫌になることもあるでしょう」
 「投げ出したくなることもあるでしょう」

など。

これも例を。

 「昨日、夜10時に課長につかまっちゃって。」

→ 「仕事を頼まれたの?」
→ 「わーっ、それはついてないね。」

先に示した会話例と同様に、一番目が×で、二番目が○です。理由も同様です。相手がその時どう感じたかにスポットをあてます。


話す

これまでは相手があっての受身の話でしたが、実際のところ自分から話を切り出す時はどうするのでしょうか?

1.気持ちをプラス
自分が話すときには体験や、感情を話す。事実を話しても、その後にちょっとだけ”気持ち”を加えるといいでしょう。良かったこと、残念だったこと、悔しかったこと、失敗談なんかも会話を盛り上げるいいネタとなってくれます。

話のうまい人は日常の中のちょっとしたことを覚えていますし、それを効果的に話します。

感じたことは放っておくと、すぐに忘れてしまうものです。だから、1週間以内にあった出来事、それに対する気持ち、気づいたことなどはちょくちょくメモしておくといいでしょう。


2.困ったら”気持ち”を尋ねる
相手への質問では、相手の気持ちを尋ねる。

「その時はどんな気持ちでしたか?」

そうすると、何かしらの反応が相手からあるはずです。



さらに、スムーズに会話を進めるための基本的なテクニックとして以下の3点はおろそかにしないようにしましょう。

1.アイコンタクト
目線を合わせずに会話をする人がいます。

これはもったいないです。目線を合わせないと自分に対して興味がないものと誰でも思うものです。ずっと見つめるのは逆に気まずくなりますが、目を見て話すのは大事なことです。

2.あいさつ
自ら進んであいさつをします。あいさつは先手必勝です。あいさつされて嫌な顔する人はいませんから。

3.名前を呼ぶ
耳に入ってきて心地いいものの一つに自分の名前があります。これは「人を動かす」でデール・カーネギーも言っています・

せっかくですから、知り合った相手の名前はさっそく会話の中に散りばめてみましょう。名前を覚えるのにも役立ち、一石二鳥です。


誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
(2009/07/21)
野口 敏

商品詳細を見る


とにかく強調されていたのは、相手の気持ちを読んで、相手から話を引き出すことでした。
僕の場合、次にどんな質問をすれば会話が長続きするかばかり考える傾向がありましたので、なかなか目からうろこでした。



話すとき、書くときに気をつけたほうがいいこと


08 05, 2010 | Tag,文章力,思考力,コミュニケーション

考えていることを思った通りに伝えることは難しい。

適切な問題提起とそれに対する結論を思いつくのが難しいのはもちろんだ。しかし、それ以外に効果的に相手にメッセージを伝える方法というのが難しい。

効果的に伝えるためにはいくつかのコツがある。


よく言われるのが、結論から述べて、理由を述べていくというものだ。

この方法はまったく正しいと思うが、もう少しプラスして考えといたほうがいいことがある。

それがピラミッド構造というものだ。

5793-412665fd2ef37c05.png

一番上のメッセージが結論に相当するもの。

その下に論拠となるものや、上層部のメッセージを分解したものを並べていく。

このピラミッド構造を作るときに気をつけなければいけないのは、
  1. どのレベルであれ、メッセージはその下位グループ群を要約するものであること
  2. 各グループ内のメッセージは、常に同じ種類のものであること
  3. 各グループ内のメッセージは、常に論理的に順序づけられていること
である。


さらに、プラスアルファとして、結論の前に相手を引きつけるための導入部があるといい。

導入部では、
  1. 状況
  2. 問題
  3. 疑問
と構造された文章を作る。


文章の技術もスポーツと一緒。反復練習して、型を体で覚える。

はじめは慣れない思考過程に戸惑うことも多いだろうが、やるしかないのだと思う。


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
(1999/03)
バーバラ ミントグロービスマネジメントインスティテュート

商品詳細を見る




相手を知るための動物型フレームワーク 「相手のシッポを踏まない職場の掟」


01 29, 2010 | Tag,コミュニケーション,マネジメント


相手のシッポを踏まない職場の掟―動物タイプを見抜けば、人間関係はぐんとラクになる!
著者の前田さんはコンサルタント会社、参天製薬取締役、ジョンソンアンドジョンソンのバイスプレジデントを経験されたあと、コンサルタント会社を設立されている方です。

略歴から分かるとおり、かなり大きな組織で数多くの部下を率いてきた経験をお持ちです。本書はそんな著者が長年の経験からつかんだ人間分析術とそれにもとづいた人付き合いの方法について書かれた本です。

著者によれば、人は血液型のように4種類のタイプに分けられます。タヌキ型、イヌ型、ネコ型、キツネ型です。これはその人本来に備わった特性で、あとから変わることがない、本質的なものだそうです。人それぞれの性格とは異なるものなのでご注意を。


タヌキ型の人は自分の存在感が大切な人です。親分肌で、仲間に頼られると幸せを感じます。現実主義で、臨機応変な現場対応を得意とします。

イヌ型の人は仕事の大義が大切にします。人の役に立つことが喜びで、人の評価が気になり、感謝されるとすごく幸せを感じます。

ネコ型の人は自分の価値尺度が大切です。自尊心が強く、わが道を行きます。ものごとのストライクゾーンが狭く、よし悪しがハッキリしています。

キツネ型の人は自分の美意識が大切です。社交的に見えても、人とは一定の距離を置いています。自分の美意識に照らして自分を評価し、人の評価を気にしません。


それぞれのタイプはそれぞれの動物が持つイメージと近いそうです。経営者はどの動物じゃないといけないとかそういうことはないようですよ。いろんなタイプの経営者がいるようです。


もう少し噛み砕いていいかえると、

イヌ型:理念や大義が好き。アツイ。
タヌキ型:状況におうじて柔軟に対応。相手に合わせる。
ネコ型:オレ流
キツネ型:行動の美学へのこだわり。クール。



と、こんな感じ。

相手が部下であろうが、上司であろうがそれぞれのタイプを見極めて接し方を変えると上手に付き合えるようになるそうです。


どうでしょうか。今働いている私の職場ではタヌキが二人、キツネが一人、ネコが三人でした。あれ?イヌがいない。医者の世界にはキツネやネコが多い気がするな・・・。

ちなみに私はイヌですかねぇ。

この本によると、その人の顔つき(見た目)もこのタイプ分けと相関するそうですよ。

自分がイヌ顔だと言われたことはないのですが。。

相手のシッポを踏まない職場の掟―動物タイプを見抜けば、人間関係はぐんとラクになる!相手のシッポを踏まない職場の掟―動物タイプを見抜けば、人間関係はぐんとラクになる!
(2009/08/28)
前田 明

商品詳細を見る




会話を盛り上げるテクニック 「キラークエスチョン」 


01 18, 2010 | Tag,会話力,雑談力,コミュニケーション

目上の人と話をするとき、話題の展開に困ります。


私「最近の手術件数はどうですか?来院患者は増えてますか?」

知り合い「ああ、最近毎年患者も手術も増えすぎて大変だよ。」

私「そうですか、嬉しい悲鳴かもしれませんけど、大変ですよね。」

知り合い「そうなんだよ。」

・・・

こんなことがよくあります。知り合いの人がよくしゃべってくれる人だったらいいんですけどね。寡黙な人もいます。


キラークエスチョン (光文社新書)キラークエスチョン (光文社新書)
(2009/08/18)
山田玲司

商品詳細を見る
今日ご紹介する本はあなたの会話を盛り上げるために一役買ってくれるかもしれません。

著者は本書で会話力は質問力だということを言っています。人は誰でも自分の話を聞いてほしいものだから。会話上手になりたかったらいかにして相手をしゃべらせるか考えた方がいいと。

私もそうだと思います。もともと立場の近い人や異性の人と話すのは苦にならないのですが、冒頭に述べたように、目上の人が相手となるとなかなか話が続かないため、会話することにさえ尻込みしてしまいます。

本書の中には会話を弾ませることができるという26の「キラークエスチョン」が載っています。今度使ってみようと思った会話を広げる3つの基本原則と具体的なキラークエスチョンを4つご紹介。


どんな人が相手でも使える3つの基本原則

1. 話題の平行移動
血液型の話で盛り上がっているなら、占いつながりで動物占いの話題をふってみたり、今日の朝のニュース番組でやってた占いの話をふってみたりとか。


2. 時間軸の導入
「へー、5年前にそれと同じようなもので流行ったものなかった?」
とか過去、未来を振り返って質問を作ってみる。


3. 周囲の人を登場させる
親、子供、友人、先輩など。
「兄弟姉妹は何人いるの?」「じゃあ、その弟さんは今何やってるの?」
とかそんな感じで会話を広げる。



実際のキラークエスチョンを4つあげてみる。目上の人と話している状況設定。


「しんどいですよ・・・そっちはどうですか?」

自分の弱点をさらけだして、そこを笑いにする。


これ、結構有効なんじゃないかと思うんです。ほんとはそうあってはいけないと思うんですが、人間だれでも他者より優位に立ちたいと思うのが人情じゃないでしょうか。だからこそ、ちょっと失敗してしまった体験を正直に話すことで目上の人と自分との距離がグッと近づくような気がします。



「あなたにとっての映画ベスト3は?」

先日の飲み会で上司二人がやたらと映画の話で盛り上がっていました。それもかなりマニアックで、その場にいた他の同席者は「?」といった感じであまりついていけていない様子。しかし、その映画について話をしている上司はかなり楽しそうで、会話はなかなか止まりませんでした。

相手を喜ばせる話題の提供も大切です。そのためにはいろんなものを見て、聞いて見識を深めることが必要ですね。どんな人にも通用するキラークエスチョンだと思います。



「つまり、こういうことですよね?」

これは繰り返しのテクニックです。相手が話した内容を言い方を変えて繰り返すわけです。そうすると、相手は「コイツはちゃんと自分の話を聞いてくれてるな」と安心してもっと気持ちよく話してくれるはずです。



「10年後は何してると思いますか?」

これも相手を選ばずに使えるキラークエスチョンじゃないでしょうか。誰だって自分の未来のことについては少しくらい考えているものです。そこをつくわけですね。



会話上手になりたいものです。
合コンなんかでも使えたりして。

残りのテクニックはぜひ本書でご確認を。

キラークエスチョン (光文社新書)キラークエスチョン (光文社新書)
(2009/08/18)
山田玲司

商品詳細を見る





最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。