スポンサーサイト


-- --, --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビタミンEと前立腺癌


03 21, 2013 | Tag,アンチエイジング


ビタミンEといえば抗酸化作用のあるサプリの代表格なんですけどね。

 >> ビタミンEの摂り過ぎは前立腺癌のリスクを増やす!? | メタノート.com

こういう情報もおさえておいた方がいいでしょ。


スポンサーサイト


幸せに生きている人は長生きする


10 17, 2012 | Tag,アンチエイジング

Happy people live longer! という言葉があります。幸せに生きている人は寿命も長くなるかもですよ。

 >> Happy People Live Longer

満足感が健康や長寿と密接に関係している、とこちらの論文でも言われております。

考えてみれば、そうかもしれません。楽しく、ポジティブに生きている人は免疫力も高くなり、病気にもなりにくいということでしょう。


さらに、慶応義塾大学の坪田先生は

マウスをごきげんな環境(environmental enrichment:回転カゴやおもちゃのある広い空間で仲間と一緒に飼育する環境)で飼育すると、なんと海馬のBDNF(brain derived neurotrophic factor)が増えて認知機能が上がり、さらにメタボリックシンドロームになりにくいというから驚きだ。
(アンチエイジング医学 2012 Vol.8 No.4)

 >> Cell Metabolism - White to Brown Fat Phenotypic Switch Induced by Genetic and Environmental Activation of a Hypothalamic-Adipocyte Axis


ということを言っています。メタボにもなりにくいですか。いいことずくめです。

毎日の仕事や家事を嫌だ嫌だと苦しみながらこなすか、少しでも自分にとって価値あるものだと考えられるか。これは考え方しだいです。

ポジティブシンキングは大事です。

どうせ生きるなら楽しく!といきたいところですね。



運動で消費できるカロリー ってどれくらい?


09 26, 2012 | Tag,運動,アンチエイジング

ここ半年で体重が2kgくらい増えてしまいました。今までずっと62kgくらいをキープしていたのに(汗)。

自分でもわかっています。運動不足と食べ過ぎによるものと思います。はい。


ダイエットや体調管理目的で運動する場合、何をどれくらい運動したらどれくらいカロリーを消費できるかについては知っておきたいところです。

デスクワーク、早歩き、自転車、ランニング、水泳、この5種目でどれくらいカロリーが消費できるかを見てみましょう。いずれも1時間行った場合です。


消費されるカロリー量はその人の体重によって変わってきますが、体重50kgの人だと、デスクワークで79kcal、早歩きで150kcal、自転車で165kcal、ランニングと水泳はそれぞれ360kcalの消費となります(厚労省 健康づくりのための運動指針2006より)。

案外少ない!?

私達は毎日1食で軽く500kcalを超えて食事をしています。500kcal1日3回で1500kcal/日なんて、高齢者の食事ですから。そう考えると、運動でカロリーを消費しようとするのは効率良くないですね。まずは食べる量を制限しないと。

それはそうと運動の効果は運動している最中だけではありません。筋トレをすれば基礎代謝量が上がり、それにより何もしていない時の消費カロリーも上がってきます。

ですから運動が無駄ということは全くありません。積極的に運動はした方がいいと思います。

あくまで目安ですけど、参考になれば。

レスベラトロールは摂取すべきか ~レスベラトロールの効果~


09 24, 2012 | Tag,アンチエイジング,レスベラトロール,赤ワイン

small__919559888.jpg
photo credit: BlakJakDavy via photo pin cc

レスベラトロールは低容量では直接的にサーチュイン(寿命に関与する遺伝子ど言われている)を活性化し、ひいてはAMP kinaseを活性化してミトコンドリア機能を高める。

一方で、高容量の場合はサーチュインの関与なく、AMP kinaseを活性化する。同様にこちらのAMP kinaseもミトコンドリアの機能を高める。

これによって健康にとってもさまざまなプラスの効果をもたらすのだそう。

つまり、レスベラトロールは低容量でも高容量でも効果があるというわけなのだが、人間の場合、いったいどれくらいの量がサプリメントとして適切な量なのかが疑問だ。

また、人間に対する長寿効果はまだ不確かで、実際のところどうなんだろう。

こういう論文がある

 >> Cell Metabolism - Calorie Restriction-like Effects of 30 Days of Resveratrol Supplementation on Energy Metabolism and Metabolic Profile in Obese Humans

レスベラトロール150mgを30日間摂取すると、カロリーリストリクションと同じような遺伝子発現が起き、血圧、血糖が下がったのだそう。

ちなみにアンチエイジング医学会の権威である慶応大学医学部眼科学の教授、坪田一男先生は2007年からレスベラトロールを一日150mg摂取しているそうだ。坪田先生は2007年から今に至るまで摂取していて特に有害事象はないとのこと。これくらいの量でちょうどいいのかもしれない(坪田先生がこの量を推奨しているわけではないので、誤解のないよう)。

いずれにしろ、今の段階でははっきりと○mg摂取するのが良い!と断言することはできない。レスベラトロールのサプリは高価だし気軽に手に入るものじゃないしね(楽天の通販で見ていても、買う気にならない・・・)。

一時期レスベラトロールが含まれているからといって、赤ワインにはまっていた時期があったのだけど、赤ワインに含まれるレスベラトロールは0.1~14.0mg/L。1リットルで。レスベラトロールを摂取するために飲むんだったら全然効率的じゃないね。摂るならサプリか。

というわけでレスベラトロールに関してはまだ様子をうかがっている段階。信頼できるソースから入手できるようになったら飲んでみようかな。

また何か新しいことが分かったら報告します。


ブルーゾーン  世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルールブルーゾーン 世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール
(2010/12/29)
ダン・ビュイトナー

商品詳細を見る



LOH症候群


09 05, 2012 | Tag,LOH症候群,アンチエイジング,泌尿器科

LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)という病態が日本泌尿器科学会から提唱されています。

帝京大学泌尿器科教授の堀江重郎先生はアンチエイジング学会でこの病態のことをよく講演されています。NHKのためしてガッテンにも出演して話をされたそうです(ためしてガッテンは高齢者にものすごく影響がある)。

LOH症候群の特徴は
  • 集中力、意欲の低下、疲労
  • 認知機能の衰え
  • 動脈硬化、体脂肪の増加
  • 筋力低下と骨粗鬆症
  • 排尿機能と男性機能
です。

 >> 加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群) 診療の手引き

どれも加齢に伴い大なり小なり現れてくる症状のような気がします。LOH症候群はこれらの症状が発現するのをなるべく抑えて健康寿命を伸ばそうというコンセプトなのだと理解しています。

整形外科のロコモティブシンドロームに似てますね。

LOH症候群の原因には男性ホルモン(テストステロン)の低下が原因といわれています。

そこでLOH症候群が疑われて、テストステロンが低い(LOH症候群診療の手引きでは、男性ホルモン補充療法の適応として、血中遊離テストステロン値が8.5pg/ml未満の場合としている)患者さんにはテストステロンの投与を行なっているようです。

テストステロンといえば、成功しているトレーダーはテストステロン値が高かったとか、顔が長い人はテストステロン値が高かったとかおもしろい報告があったりします。

人差し指と薬指の長さを比べてみると、男性の場合は女性に比べて薬指の長さが相対的に長かったという報告もあり、これはNatureに発表されました。

 >> Finger-length ratios and sexual orientation : Abstract : Nature

たしかに僕も見てみたら人差し指より薬指の方が明らかに長かったです。


LOH症候群はこれからもっと認知されて、対応してくれる病院も増えそうです。

上に挙げた症状に心当たりのある方は、泌尿器科で相談すると良くなるかもしれません。


0 CommentsPosted in

紫外線の恐怖がよく分かる画像 ~片側性光老化皮膚~


08 20, 2012 | Tag,日焼け,皮膚,アンチエイジング

紫外線が皮膚に与える影響がよくわかる写真を紹介します。

適度に焼けた肌は健康的に見えますから嫌いじゃないのですが、これを見たら少し引きます。

28年間トラックのドライバーをやっていた男性、彼の顔の半分は窓ガラスを通じて紫外線に晒され続けました。

その結果どうなったか。

NEJMからです。画像を掲載できなくてすいません。リンクをクリックしてくみてください。誰でも閲覧できます。

 >> Unilateral Dermatoheliosis — NEJM

見事に顔の半分に厚い皮膚、深いシワといったといった特徴が現れています。

たしかに漁師さんたちの顔を見ると、このような深いシワが刻まれていますね。

日焼けをしてもすぐにはその影響が分からないですが、長い目で見ると明らかになります。

見た目のこともありますが、紫外線は皮膚癌のリスクもありますから。日焼け止めは必須だなと再認識しました。あと、局所のビタミンA塗布も効果があるみたいです。



第12回日本抗加齢医学会総会に参加しました


06 24, 2012 | Tag,アンチエイジング

第12回日本抗加齢医学会_convert_20120624230612

6月22、23日で日本抗加齢医学会総会に参加してきましたよ。今日は当直のため参加できず。

少し前から抗加齢(アンチエイジング)医学というものに興味を持っていて、今は学会やら講習会に参加して知識を集めているところです。

話題の中心はカロリーリストリクション(制限)仮説や酸化ストレス仮説で、これらが大きな柱となっています。

この分野はまだ黎明期といいますか、動物実験で分かっていることはあっても人間でどうなのかというところまではっきりしていないことが多いです。

ですから巷に溢れる情報も玉石混交という感が否めません。

僕自身も何かこの分野に協力できることがあるといいのですが。ただいま模索中です。

カロリーリストリクション仮説といえば、「空腹」が人を健康にするのような本が流行っているみたいですね。

僕自身も適切なカロリー制限は健康にいいだろうと考えていますが、行き過ぎたカロリー制限は健康を害します。お気をつけを。



0 CommentsPosted in 日記

フレンチパラドックスとレスベラトロール


06 15, 2012 | Tag,アンチエイジング,ワイン,レスベラトロール

small__1139662917.jpg
photo credit: 96dpi via photo pin cc

フレンチパラドックスとは、フランス人が相対的に喫煙率が高く、飽和脂肪酸が豊富に含まれる食事を摂取しているにもかかわらず、動脈硬化性の心疾患に罹患する率が比較的低いことを言います。

このフレンチパラドックスに赤ワインが関係しているのではないかと言われています。

ブドウの皮、赤ワインやピーナッツの薄皮には天然ポリフェノールで抗酸化作用が知られているレスベラトロールという物質が含まれています。

レスベラトロールはこれまでの動物実験で、大腸癌の進行を予防する効果や、高脂肪食を摂取してメタボリックシンドロームを発症したマウスの脂肪肝を改善する効果などが認められています。

また、レスベラトロールには動脈硬化性の心疾患予防に効果があるのではないかとも言われています。

人間においてはまだ仮説の域を出ませんが、興味深いです。


お酒を飲むならやっぱり赤ワインですかね。僕は飲み始めていますよ。

アンチエイジングの話題からでした。


ブルーゾーン  世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルールブルーゾーン 世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール
(2010/12/29)
ダン・ビュイトナー

商品詳細を見る




0 CommentsPosted in 日記

世界の百歳人に学ぶ健康と長寿の9つのルール 「ブルーゾーン」


05 14, 2012 | Tag,アンチエイジング

ブルーゾーン  世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール
特定の地域に長生きをしている人が多いことが知られています。日本の沖縄もその一つです。

その特定の地域には長生きのための何らかの秘密があると考えるのが自然です。

本書は長寿をテーマに、ナショナルジオグラフィックに寄稿していたジャーナリストが書いた一冊。
  • イタリア・サルデーニャ島
  • 日本・沖縄
  • アメリカ・ロマリンダ
  • 中米コスタリカ・ニコジャ半島
の百歳人を対象に調査しています。


そこから導き出された結論は、
  1. 適度な運動を続ける
  2. 腹八分で摂取カロリーを抑える
  3. 植物性食品を食べる
  4. 適度に赤ワインを飲む
  5. はっきりとした目的意識を持つ
  6. 人生をスローダウンする
  7. 信仰心を持つ
  8. 家族を最優先にする
  9. 人とつながる
というもの。

最近僕はアンチエイジング医学を勉強し始めているのですが、そこで話題になるテーマが多くて興味深かったです。

特に食事は腹八分にし、食べ過ぎないようにすることということは盛んに言われています。

本書では赤ワインとナッツの効用についても力説されています。

僕は適度にお酒を呑んで楽しくなるのが好きなので、これはうれしいニュース。節制ばかりでは楽しくないですから。

ワインの中でもサルデーニャ地方のカンノナウ種ブドウはポリフェノールの作用がほかのワインに比べて2倍も3倍も強いのだそうです。

また、ナッツは冠動脈に起因する心疾患にかかるリスクを減らす。一回60グラムのナッツを週に5回以上食べていた人は、ナッツを食べない人より平均2年長生きする。そういったことが言われています。

ナッツの中でお勧めされているのは、アーモンド、ピーナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオ、ハシバミ、くるみ、松の実など。

ワインは1日1~2杯、ナッツは50gくらいを目安に摂取するといいそう。ワインもナッツも摂り過ぎには注意ですよ!アルコール、カロリーを過量に摂取することになります。

僕はさっそくカンノナウワインとナッツを試してみることにします。


ブルーゾーン  世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルールブルーゾーン 世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール
(2010/12/29)
ダン・ビュイトナー

商品詳細を見る


アンチエイジング的な話題の問題点はなかなか医学的な証明がされていることが少ない点です。情報が玉石混交なのも事実です。これからデータの蓄積と検証がされていくことと思います。

ただ、医学的裏付けを待っていてもいつになるか分かりませんから、いい歳のとり方をしたければ、害のない範囲で実践していくのが現実的かと。




0 CommentsPosted in

ビタミンEのとりすぎに注意!?


03 19, 2012 | Tag,アンチエイジング,ビタミンE,ビタミン

うーむ。このニュースにはちょっとびっくり。ビタミンEを摂りすぎると骨粗鬆症になってしまうかもしれない。

ビタミンEといえば、ビタミンCと並んで、抗酸化作用があるビタミンです。そのためアンチエイジング効果があるビタミンとして重宝されています。

まだアンチエイジングという言葉が流行っていない頃、僕が大学生だった時、生化学の先生がビタミンEには若返り効果があると真剣に語っていたのを今でも覚えています。

若返りというか、老化を遅らせる効果ですね。それ以来僕もビタミンEをサプリメントで補給するようにしています。はい。今も飲んでいます。マルチビタミンという形で。

下記のニュースはあくまでラットで実験した結果ですから、まだなんとも言えないかもしれませんが、摂り過ぎには注意したほうがいいかもしれません。

参考までにビタミンEは1日摂取量の目安が7mgで、許容上限が800mgです。

僕がいつも飲んでいるマルチビタミン1粒あたりのビタミンE含有量は26.8mgでした。正常上限の800mgに遠く及びません。

アンチエイジングと言いつつ、骨が脆くなっていたら本末転倒ですよね。市販されているサプリの中には許容上限を超えるものもあるらしいので、ビタミンEをサプリで摂取している人はご注意を。


 >> ビタミンEの取りすぎ、骨粗しょう症の原因に :日本経済新聞

 
 慶応大学などはビタミンEの過剰摂取が骨粗しょう症の原因となることをネズミを使った実験で明らかにした。骨を壊す細胞の働きを強めていた。抗加齢作用を期待してビタミンEのサプリメントを摂取する人は多いが、適量が求められそうだ。東京医科歯科大学、東京大学などとの共同研究で、米科学誌「ネイチャー・メディシン」に5日、掲載される。

 骨粗しょう症は骨がもろくなり、骨折の危険性が高くなる。骨は骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞の働きがバランスを取りながら新陳代謝を繰り返している。

 実験でラットに通常の摂取量の5倍にあたる量を8週間与えたところ、破骨細胞が大きくなって骨を壊す働きが4割強まった。同じ年齢の正常ラットと比べると骨量が減少して骨粗しょう症になっていた。

 厚生労働省が定める食事摂取基準による目安量は1日7ミリグラムで許容上限量は800ミリグラム。ただ、国内外で市販されているサプリメントの中には1日の摂取量にして1千ミリグラムのビタミンEが含まれているものもある。



ネイチャーメイド マルチビタミン ファミリーサイズネイチャーメイド マルチビタミン ファミリーサイズ
(2002/11/18)
NATUREMADE(ネイチャーメイド)

商品詳細を見る







0 CommentsPosted in
最新記事
Amazon
リンク
Ads
月別アーカイブ
ライセンス
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。